国立能楽堂企画公演 浦島 玉井

d0226702_10011199.jpg国立能楽堂企画公演 近代絵画と能 水底の彼方から
2018年2月28日(水)18時30分より

浦島(復曲狂言)
シテ(浦島)野村又三郎、アド(孫)野村信朗、アド(亀の緒)奥津健一郎

玉井 竜宮城 観世流 
海龍王 梅若玄祥、 豊玉姫 梅若紀彰、 玉依姫 川口晃平、 彦火々出見尊 福王和幸、 栄螺の精 野村又三郎、 鮑の精 松田高義、 板屋貝の精 藤波徹、 蛤の精 奥津健太郎、 法螺貝の精 野口隆行
笛 杉信太朗、小鼓 大倉源次郎、大鼓 國川純、太鼓 小寺真佐人
後見 梅若長左衛門、小田切康陽、山中迓晶
地謡 観世喜正ほか


狂言浦島は、又三郎家に伝わり断絶していた復曲狂言の再演だそう。少し遅れて行ったら、もう孫と浦島爺さんが舞台上に。二人が囲んでいる笠が亀らしい。爺さんは凄く腰が曲がっているうえに, 太くて実生活でも役に立ちそうな杖をついている。
恐らく亀(笠)にはてぐすかなんかが付いているのでしょうけれど、橋掛かりをすーっと滑って波の向こうに帰って行くのが凄い。

と、玉手箱を持った男がやってくる。これを開けると普通の浦島太郎とは違って若い男になるというしかけ。又三郎は自前の黒い髭があって、この早変りが一層印象深い。見所からは思わずという感じで拍手が起こっていました。


玉井はこの前見たような。今回は新解釈、新演出ということで、かなり銕仙会とは違った感じ。
まず、大小前に一畳台を出し、上に小宮を載せます。正先に桂の枝をつけた井戸も出され、かなり賑やかな舞台。そこに大柄な福王和幸が豪華な衣装を来て出てくるのでますます華やか。彦火々出見尊(つまり山幸彦)が、兄の釣針を無くしたいきさつと許してくれない事を話します。

塩土男に教えられたとおりに海底の都に行って井戸を見つけた尊、女の人が二人やってくるのを見て、井戸のそばの桂の木に隠れます。
と、ここで何か魔がさしたように寝てしまったんですよね。起きたらすでに正中に尊が座り、ワキ座に二人の姫が。
何だか知らないうちに三年たったらしく、尊は帰り方を聞いている。

大鰐の背に乗って帰るらしい尊は宮の中へ。二人の姫は中入り。

ここで貝の精たち登場。前段のいきさつと釣針が見つかった話、尊に二つの玉を与えた話をします。
貝たちも尊をお送りするために宴会を開きます。
お酌をするのはただ一人の女性である蛤。うーむ、フェミニストに怒られそうな。
最後はめでたい貝尽くしの謡でしめます。

アイのあいだに地頭と副地頭がどこかへ。戻ってきました。着付けでしょうか。

2人の姫は赤い袴で正装。宮の引き回しが下ろされ、尊も姿を現すけれど、こっちのお着替えはたいしてインパクト無し。
姫たちは玉を捧げ、海神が釣針を持って登場します。さすがに釣り針を海神から受け取るときには尊は立ち上がって一歩踏み出して受けます。
そして二人の姫は美しい舞を舞います。ちょっと短いけれど、その間海神は定座で偉そうに床几にかけていますが、うつむき加減で年寄りくさい感じが可愛い。装束もあまりパリパリしていなくて見た目が柔らかそうな布(もちろんキンキラキン)。

そして海神もちょこっと動いてめでたしめでたしで終わるのでした。

見た目に楽しい曲でした。わかり易い進行だったけれど、いかにも説明的なのがあんまり能らしくないかなー。
全体の型付けなども含め、前回の銕仙会のほうが好きでした。

面は海龍王が牙悪尉、豊玉姫が増で玉依姫が小面、ともに後シテ・ツレでは泥岩 泥眼。


[PR]
# by soymedica | 2018-03-13 17:52 | 能楽 | Comments(2)

国立能楽堂定例公演二月 痩松 熊野

d0226702_13402429.jpg国立能楽堂定例公演二月 
2018年2月16日(金)18時半より

痩松 和泉流
シテ(山賊)三宅右近、 アド(女)三宅近成

熊野 花之留 金剛流
シテ 金剛永謹、 ツレ 金剛龍謹、 ワキ 殿田健吉、 ワキツレ 則久英志
笛 杉市和、小鼓 幸正昭、大鼓 亀井広忠
後見 宇高道成、廣田幸稔、豊島幸洋
地謡 松野恭憲ほか


痩松は前に石田幸雄の山賊で見た印象が強いんですが、その時とは同じ和泉流でもちょっとセリフなどが違うような気が。大筋は同じで、ちょっと間抜けな山賊が女にやられてしまうというもの。三宅家のお二人もなかなか熱演で、見所もここぞというところで笑わせて、楽しい雰囲気で終わりました。近成、背が高すぎて足が着物の裾からにゅっと出ているのがおかしい。足が目立つから、仁王立ちはやめようね。


金剛流の熊野。色男の殿田が、「熊野をよべ」と。
一方こちらでは熊野の母の手紙を託された朝顔が熊野と面会。朝顔が息子の龍謹、大柄な金剛永謹が熊野。二人とも上手いが、息子が父の影になっている感じ。父引退の後に息子が大化けするパターンの親子ですね。は、ともかく、朝顔が若い軽い感じ、熊野がちょっと年増美人の感じ。
朝顔はさっさと引っ込んでしまっていつも残念。

熊野は母の手紙を宗盛に見せる。一緒に読むのだけれど、二人の位置がちょっと離れ過ぎていない?ああいうものか。
それと、着付けのせいなのか、熊野は下居するときとても窮屈そう。絶対にあれは着物が小さい。

手紙を読んでも「まあまあ、花見をしよう」という宗盛。この二人が舞台上に立つととても綺麗。
京都の待ちの中を華やかな車が進んで行く様子が目に見えるよう。この桜はもちろんソメイヨシノではなくて山桜、というのがまたしっとりして良い。

清水寺について花見の宴をする一行。道行きも綺麗だったけれど、舞も良い。
散る花を惜しみ、「散るを惜しまぬ人やある」でシオルのだけれど、無くても十分気持ちが伝わります。
最後、詠んだ歌を見せて宗盛に帰国を許される熊野。
ここが、本当に嬉しそうで可憐でした。

このブログ、観てから大分経って書いているので細部は忘れてしまいましたが、良い熊野を見たな、という暖かい気持ちがよみがえってきました。


笛は藤田六郎兵衛に代わって杉市和。「都合により」と、病気ではなさそうな感じの掲示でしたが。
そして地謡の豊島晃嗣にかわり宇高徳成が。

面は河内の孫次朗。ツレは近江の小面。



[PR]
# by soymedica | 2018-03-05 13:10 | 能楽 | Comments(0)

花花能 蝸牛 土蜘蛛

d0226702_13273829.jpg成田美名子画業40周年記念 花花能
2018年2月13日(火)19時より@GINZA-SIX 観世能楽堂

舞囃 天鼓 盤渉
観世銕之丞
笛 杉信太朗、 小鼓 大倉源次郎、 大鼓 國川純、 太鼓 三島元太郎
地謡 柴田稔ほか計5人

蝸牛
シテ(山伏)野村萬斎、 アド(主)中村修一、 小アド(太郎冠者)高野和憲

土蜘蛛 入違之伝
シテ 谷本健吾、 ツレ(源頼光)観世淳夫、(胡蝶)鵜澤光、 トモ(頼光ノ従者)安藤貴康、 ワキ(独武者)大日方寛、ワキツレ(従者)御厨誠吾、野口能弘、 アイ(独武者ノ下人)内藤連
笛 一噌庸二、 小鼓 田邉恭資、 大鼓 大蔵慶乃助、 太鼓 林雄一郎
地謡 浅見真州ほか
後見 観世銕之丞、鵜澤久、浅見滋一


漫画「花よりも花のごとく」の作者成田美名子さんの画業40周年を記念した催し。3日間にわたって行われ、本日が最終日。
漫画の登場人物に具体的なモデルは居ないそうですが、このキャラクターはあの人の条件や年齢を変えてつくってあるんだな、と読める部分もあり、楽しい。

お祝いムードのなか、席へ。やっぱりこの能楽堂、ロビーが狭いなー。

舞囃は銕之丞の力の入った天鼓。ちと長いかな。お囃子が舞囃子と土蜘蛛とで全員入れ替わるのが贅沢。

狂言は皆の好きな蝸牛。かたつむりとは「頭が黒くて腰には貝をつけ、角のあるものだ」と聞かされた太郎冠者が間違って山伏をつれてきてしまう話であることは有名ですが、萬歳の黒々した頭と黒い頭巾を見てふと思ったのは、白髪や禿頭の演者だったら「頭の黒い」というのは山伏の頭巾のことになるのか?…でしょうね。
中村の長裃、初めてみるなかなか面白い柄ですが、大分生地がくたびれた感じ。
リズムにのった楽しい演目ですが、楽しく見せるのはなかなか大変なのでは。ベテランの萬歳と高野のコンビでとても良かった。


あまりに有名なのに、「親子のための」「子供のための」のような催しで出されることが多いためなのか、実は見るのは二回目の土蜘蛛
まずワキ座前に一畳台が出されます。模様は渋い。銕之丞がその後ろに葛桶と小袖を持って控えています。

御病気の頼光が一畳台の上に座り、葛桶に左手をのせ、さらにその上から小袖をかけると、なるほど病気で脇息にもたれている体。わきには従者が控えています。頼光様、型には風格があるのですが。従者、頼光、胡蝶の三人のうちで胡蝶が圧倒的に上手だなあ、と思っているうちに胡蝶と従者は切戸から退場。

怪しい僧が登場。僧は怪しい歌なんぞを読むんですが、正体を見破られて、むははははぁ、と襲いかかると間一髪で頼光は太刀を浴びせて難を逃れるのでした。ここで蜘蛛の巣が地謡にかかるんですが、うっとうしくても払っちゃいけないんでしょうね。置物のように座り続けていました。

頼光の急を聞きつけてやって来た独武者。橋掛かりで蜘蛛とすれ違います。怪しい雰囲気。
蜘蛛の名がした血をたどって独武者は探索へ、頼光も退場。

あんまり強そうでは無い武者の内藤連が「これから蜘蛛退治だ、蜘蛛退治だ、僕も連れて行ってもらおう」とアイ語り。すげなく「お前は来なくて良い」と断られます。

ここで一畳台を大小前に動かし、カバーを一枚外すと、また別の縁取りが出てきます。ふーん、一畳台の上は緑のフエルトが貼ってあったんだ。
そして上に蜘蛛の塚が載せられます。

二人の従者を連れた独武者が血の跡を辿って塚を発見。
ついに引き回しが下ろされ、蜘蛛が。両手に蜘蛛の巣を握りしめているのがはっきりわかってちょっと(以外にひと巻きが大きい)。

蜘蛛と武者たちの大立ち回り。糸が盛大に投げられます。最初に塚のわきから出た蜘蛛はまた塚に逃げ帰り、正面から出てきたりと、大サービス。欲を言うと、糸投げと糸投げの合間が、懐探ったりただ歩くだけだったりと残念な感じですが。
この蜘蛛の面がちと間抜けな感じで憎めない。

最後に蜘蛛はやっつけられて仏倒れ。倒れた時に面を直していたけれど、あれはちょっといただけない。
独武者の太刀は糸だらけになってしまいましたが、これには懐紙を出してぬぐう、という所作は無いものと見えて、そのまま退場していました。
パチパチパチ。

退場する囃子方が飛んできた糸を丸めて袂にいれてホッと息を吐いたので笑いました。


写真は春日大社観音寺。土蜘蛛塚と言われるものは京都に何カ所かあるらしいのですが、この境内に土蜘蛛塚の一つがあります。



[PR]
# by soymedica | 2018-02-23 14:44 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会定期公演二月 弱法師 地蔵舞 巻絹

d0226702_12515377.jpg銕仙会定期公演二月 弱法師 地蔵舞
2018年2月9日(金)18時より@宝生能楽堂

弱法師 盲目之舞
シテ(俊徳丸)野村四郎、 ワキ(高安通俊)殿田謙吉、 アイ(通俊ノ下人)高野和憲
笛 一噌隆之、小鼓 幸清次郎、 大鼓 國川純
地謡 片山九郎右衛門ほか
後見 観世銕之丞、 長山禮三郎

地蔵舞
シテ(僧)石田幸雄、アド(宿主)内藤連


体調不良であったのだが、久しぶりの弱法師(一時は集中して上演があったのに最近とんと当たらない)。野村四郎の俊徳丸が見たくてやってきました。よって後半の巻絹はパス。ちょっと残念でした。

まず殿田登場。讒言によって息子を追い出してしまった心をいやすためでしょう、通俊は天王寺で施しをすることにします。殿田はなかなか良い雰囲気を舞台上に作り出していると思います。
出だしは持っている詞章と大幅に異なってワキとアイの同吟があります。これ、微妙に節回しが違ってお互いにやりにくそう。

そしてシテ登場。弱弱しく、でも良いところのお坊ちゃんであったろう俊徳丸。
「石の鳥居ここなれや」のところの型が凄くきれい。

父通俊は俊徳丸が登場したとたんに息子が分かっている気配ですが、あまりのことに動揺したのか、まず施しを。
俊徳丸は梅の香りに気づき、袖で受けます。野村四郎、いい具合に声がかすれているのはまさかわざとでは無いでしょうね。しかし、面の使い方がさすが!

父はやはり息子だとはっきり気づき、夜に連れて帰ろうと。そして息子に日想観を勧めます。
俊徳丸は鳥居に向かい南無阿弥陀仏と唱える、ここのところも凄くきれい。
「やはり自分は盲目であったのだ」と気づく俊徳丸。
地謡、のりのりでしたね。

最後、弱法師が名乗るところでなんと絶句。「俊徳丸」が出てこない。これさえも、野村四郎は弱法師の世界に入り込んでしまったためだろうと思える素晴らしい舞台でした。

やっぱりちょっと無理して来て良かった。

面は竜右衛門作の弱法師。


地蔵舞。宿を旅人に貸すことを禁じている地域で泊まる所を探す旅僧。
断る家の主人をだまし、座敷の真ん中に自分の笠を一晩置かせてもらう。隙を見て座敷に上がり込み、笠をかぶってちんまり。「自分はあなたに宿を借りているのではない、この笠に宿を借りているのだ」という頓智。

あきれた主人も泊まることを許し、二人で酒盛り。この曲の眼目はここで舞われる小謡舞なんですが、私の察するところこれは男色をテーマにした凄ーく色っぽい歌ではないかと。
石田幸雄、面白かった。そして万作家の若い人たちはどんどんうまくなりますな。


[PR]
# by soymedica | 2018-02-19 11:31 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂狂言の会 鍋八撥 蛸 千切木

d0226702_16175987.jpg国立能楽堂 狂言の会
2018年1月31日(水)18時30分より

鍋八撥 大蔵流
シテ(鍋売り)大藏吉次郎、 アド(鞨鼓売り)大藏教義、 アド(目代)善竹忠一郎

素囃子 男舞
笛 小野寺竜一、 小鼓 田邊恭資、 大鼓 佃良太郎

蛸 吐墨 和泉流
シテ(蛸の霊)野村萬斎、 ワキ(旅僧)野村万作、 アイ(所の者)岡聡史
地謡 石田幸雄ほか計5人

千切木 大蔵流
シテ(太郎)茂山七五三、 アド(何某)茂山千作、 アド(太郎冠者)茂山千三郎、 立衆 茂山千五郎、茂山宗彦、茂山茂、茂山逸平、茂山童司、丸石やすし、 アド(太郎の妻)茂山あきら


鍋八撥はまえに万作一門で観て面白かった演目。
八撥とは鞨鼓の事。新しい市を立てるときには為政者も物売りが来てくれるかどうか心配。よって、一番乗りの売り手にはご褒美がある。その一番乗りにやってきたのが八撥売り。肩衣はタンポポ模様かな。油断して居眠り。次に鍋売りがやってくる。肩衣は雪持笹のように見えたが…。

双方が売り物を自慢したり、賄賂を使おうとしたり、果ては棒と鍋とでやりあおうとしたり。
この曲の眼目の一つに八撥売りの身体能力を見せるところがあるのだけれど、さすがに切れ味よろしい。1981年生まれ。もっと若くても演技に不安があるし、もう少し年取ると、身体能力は落ちるでしょうし。

そして何だかよくわからない理由のまま舞に入り、八撥売りは側転大車輪で幕入。それを真似しようとした鍋売りは…。
大藏家の発音ってなんだかわかりにくい人が多いけれど、吉次郎も若干。でも、良い味を出していました。
教義、初めて意識してみましたが、はつらつとしていました。吉次郎のちんまりした感じと好対照で面白い舞台でした。
あ、今回ちゃんと鍋は割れました。
後見が紙の塵取りと羽箒でお掃除。


完全能仕立ての。これも一度万作家の会で見た事が。
まず、旅の僧の万作登場。声のかすれと発声が凄く苦しそう。大丈夫かな、と思っているとなんと卒塔婆の陰で休んでしまう。
そこに怪しい男登場。この前シテの足遣いが面白い。
怪しい男は成仏できないと言って去って行きます。

いよいよ蛸の霊登場。頭に蛸を被っているのですが、これがおかしくって見所からはクスクス笑。賢徳とうそふきを合わせたような専用面だそうですが、何となく萬斎に似た面(失礼)。
狂言にしては珍しくここら辺から完全に字幕が出ます。

カケリのところで「蛸のつらかった思い出を音楽的舞踊的に表現したもの」との解説が大真面目に出てきて、私一人でウケていました。
もう少し派手に墨を吐いても良かったかな。白いものよりも、角度によっては見えにくいので。


千切木は萬斎、東次郎のシテで観ています。今回は大好きな七五三のシテ。
千作が連歌の会をしようとするのですが、何かと文句ばかり言う太郎は呼びたくない。千作はなかなか風格のある演技なのですが、脚がつらそう。流儀になくても蔓桶に座ったらいいじゃない、と思うのは私だけなんでしょうね。

一門の皆が連歌の講中として頑張ります。呼ばれなかった太郎、こういう人って嗅覚鋭く、会があることを嗅ぎ付けるんですよね。やってきて色々文句を言ってついに我慢しきれなくなった皆にコテンパンにやられます。

で、妻に促されて仕返しを。それも妻に向かって「お前名代で行け」という腰抜け。
途中脇正面に置いた棒がころころ転がって落ちるかと思いましたが、そこはベテランの二人、大丈夫でした。あれ、落ちたらお客が拾って後見に渡すんだろうか?

全員に居留守を使われてホッとした太郎。そしてなぜか妻も夫に惚れ直した風で、めでたしめでたしだったのでした。

上に掲げてあるのは河鍋暁斎の「蛸」。


[PR]
# by soymedica | 2018-02-12 16:23 | 能楽 | Comments(0)