国立能楽堂狂言の会 居杭 楽阿弥 竹松

d0226702_14290531.jpg国立能楽堂狂言の会
2019年1月18日(金)18時30分より

狂言 大蔵流
居杭
シテ(算置)大藏彌右衛門、 アド(何某)大藏基誠、(居杭)大藏康誠

素囃子
黄鐘早舞おうしきはやまい
笛 栗林祐輔、 小鼓 田邊恭資、 大鼓 大倉栄太郎

狂言 和泉流
楽阿弥 
シテ(楽阿弥)野村万蔵、 ワキ(旅僧)野村万禄、 アイ(所の者)野村万之丞
笛 栗林祐輔、 小鼓 田邊恭資、 大鼓 大倉栄太郎
地謡 野村萬他計5人

復曲狂言
竹松
シテ(山立)茂山七五三、 アド(主)茂山茂、(竹松)茂山逸平、(伯父)丸石やすし
台本構成 井関義久、 演出 羽田昶


子方がするとほっこりした風合いになる居杭。大人がやるのとまったく別の曲に感じられるから面白い。大藏流の「大藏家」があまり好きではないのですが、今回は楽しめました。今までに観た居杭のなかで一番すっきり仕上がっていたのではないだろうか。
子方の座り方はこの場合胡坐なんですね。
将来が楽しみな康誠くんでした。


素囃子に続いて同じメンバーが囃子に入っての楽阿弥。これは初めて観る演目。
能仕立てで、尺八を愛好している旅の僧が伊勢にやって来る。「ろさい(邏斎:門付のこと)にいづる門脇に犬のふせるぞおかしき」
と、そこには尺八の沢山かけられた松が。聞けば昔楽阿弥と言う尺八吹きを忍んでのこと。(尺八を吹き死にしたので、そこに塚を作ってつき籠めたんだそうな。)所の人は僧に楽阿弥を弔う事を進めます。

楽阿弥の霊登場。顔色の悪いうそふきの面をかけています。
せりふに「宇治の朗庵主の尺八の序」と言うのが出てきますが、これはネット検索すると色々出てきますが、朗庵という人は一休禅師の記載にあるり、中国から来た尺八の名人の一人らしいです。
楽阿弥の霊と僧は遠慮しあうのですが結局一緒に尺八を吹きます。
この擬音が
  トラ フラフリ リ トラ フラフリロ フウ
ってなんだか不思議。尺八ってボーボーって感じですが、上手いとそう聞こえるのですかね。

楽阿弥は自分の最後を語って消えて行きます。


ここでなぜか帰る人達が。ファラフォセット・メジャーズってご存知ですか?あんな感じの能楽堂ではあまり見かけないゴージャスな美人もお帰りでした。


最後の竹松、これが面白かった。「天正狂言本」の簡単なあらすじから復曲されたそうで、初演は平成元年国立能楽堂研究公演、今回と同じ台本作成と演出で茂山家が、平成三年にも再演。

召使の女竹松は力自慢。主人が能の道具を伯父さんから借りて来るようにと言うのでしぶしぶ出かけます。
伯父さんは「あいつもしょうもない奴だ」と言いながら大きな道具箱いっぱいの装束やら鼓やら貸してくれます。この道具箱、葛桶より大きく、狂言で出演者が持つ道具の中では一番大きいのではないかと思われる大きさ。

薄暗くなった帰り道、山賊(山立といいます)が出てきて、道具箱を取り上げた上に竹松に舞を舞わせたり、自分に装束をつけたり。最初のうちはおとなしく言いなりになっていた竹松ですが、言い寄られてついに堪忍袋の緒が切れて、山賊を木の上へ放り投げる!
舞台から橋掛の方へくるくる回りながら行き、柱にしがみつく動作でそれを表します。シテ柱をゆすると、先の橋掛の柱にしがみついている山賊が「枝が揺れる!」と怖がる仕組み。逸平の飄々とした感じがぴったりの配役でした。

あー、面白かった。



# by soymedica | 2019-01-27 17:52 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂普及公演一月 鐘の音 東北

d0226702_16502032.jpg国立能楽堂普及公演一月
2019年㋀12日(土)13時より

解説
歌舞の菩薩・和泉式部 梅内美華子

狂言・和泉流
鐘の音
シテ(太郎冠者)佐藤友彦、アド(主)今枝郁雄

能・金春流
東北とうぼく
シテ 櫻間右陣、 ワキ 高井松男、 ワキツレ 坂苗融、則久英志、 アイ 井上松次郎
笛 赤井啓三、小鼓 飯冨章宏、大鼓 柿原光博
後見 長谷猪一郎、伊藤眞也
地謡 高橋忍ほか

本日は解説が内さんだし、能の後見は一郎さんだし、まるで考えたかのような出演者。
前に一度解説で拝見した梅内さんは楚々とした美人。雪輪の着物が素敵。
マイクの調子が悪くてお気の毒でした(狂言の後の休み時間にお詫びの放送があったが、なんだか間の抜けたタイミング)。

東北院とは、能の東北のあらすじとは、などのお話と、鶯宿梅は一本の木に紅白の花が咲く梅であるなどのトリビアに続き、和泉式部とはどんな女性だったか。面白おかしく好色と伝えられているのは知っていましたが、初めてその理由となる生涯の話を聞きました。
受領の妻であった時に身分違いの親王と恋をし、離縁。ところが親王は早世してしまい、今度はその弟と恋をするもこちらも早死。藤原彰子に使えていた時にその縁で藤原保昌と結婚するが、その間最初の結婚で生まれた娘に先立たれる、というドラマチックな人生。そしてとても可愛らしく守ってやりたいと思わせるような女性だったそうです。
その他、クセからロンギの部分では強吟でうたわれるが、これは本三番ものでは稀であるなどのお話もありました。


鐘の音は久しぶりの演目だったのに残念なことに爆睡。佐藤友彦、結構好きな演者だったのに残念でした。でも最後の小舞の部分はちゃんと見られて良かった。


さて東北。毎度のことながらワキの高井は物凄く年取って感じられる。歩き方のせいかな。と思ったら今回調べたらワキツレの坂苗の方がどうやら年上らしい。お二人とも声のハリはさすがです。人は見かけじゃわからんものだなあ、と。

三人の坊様がきれいな梅をみて、「これは何という梅だろう」と地元のお兄さんに聞いてみます。
アイは井上松次郎。この人も好き。太っているのに立ち居がしゃんとしているし、上手い。
でも、梅の名前を間違って教える役ですが。

三人が、そうかそうか、この梅は和泉式部か、と思っていると今度はとてもきれいなお嬢さん登場。面は小面だと思うのだけれど可愛らしい(特に銘は無いらしい)。
なんだかひらひらした感じで梅についてあれこれ語ったあとで消えてしまいます。

橋掛でいないふりをしていた門前の者がまたまた登場。今度はちょっと役に立つ情報を教えてくれます。誓願寺の事なんかもちらっと。
やはり松次郎、上手い。
「これは奇特なることを…」のあたりからすーっと笛の音が。

向こうからやって来るのは色白小顔の美人。のわりには漢詩をベースにしたとっても難しいことを言う人です。
でも舞は柔らかい。
前の方の席で観ていたせいもあるのか、ひたすら明るく美しい。
そして、女は去っていきます。

前に一度だけ観世流で観たことのある東北。会場は青山で小さくて薄暗い。今回国立で明るくて大きい。その違いもあるけれど、流儀の違いもあるのかこちらは何となくおおらか。
シテは梅の精かと思っていたけれど和泉式部だったなあ、と思って国立のプログラム見たら、似たようなことが書いてあって嬉しかった。

# by soymedica | 2019-01-15 12:45 | 能楽 | Comments(2)

国立能楽堂定例公演一月 高砂 夷毘沙門

d0226702_15002046.jpg国立能楽堂定例公演一月
2019年㋀5日(土)13時より

能 観世流
高砂
シテ 観世銕之丞、 ツレ 観世淳夫、 ワキ 福王和幸、 ワキツレ 村瀬提、矢野昌平、 アイ 大藏彌太郎
笛 竹市学、 小鼓 森澤勇司、 大鼓 佃良勝、 太鼓 小寺真佐人
後見 清水寛二、西村高夫
地謡 柴田稔

狂言 大蔵流
夷毘沙門
シテ 善竹富太郎、 アド(有徳人)善竹十郎、(毘沙門)善竹大二郎
笛 竹市学、 小鼓 森澤勇司、 大鼓 佃良勝、 太鼓 小寺真佐人
地謡 大藏吉次郎ほか計4人


高砂は調べると頻回に観ているけれど、あんまり印象に残らない演目だなあ。福王流で観るのは初めてかと思ったら、かなり昔に江崎金治郎さんという兵庫県在住のワキ方で経験済み。でも全く覚えていなかった。出だし、舞台に入るときの足拍子やしぐさが派手な気がする。
この曲、シテの登場までこんなに長かったっけ、と思いながら今回脇正面から観る。大鼓の佃良勝、横から見ると柿原崇志に何となく似ているなあ。

シテとツレ登場。姥の持っている先のふわっとした杉の葉っぱの束が杉箒、尉が持っている熊手がサラエ。

「高砂の松の春風吹き暮れて 尾上の鐘も響くなり」

橋掛で歌うこの二人、音の高さが全く合わない。望月で子方とツレが謡っているみたい。
姥の松緑と金の装いがgood。

「誰をかも知る人にせん高砂の」で舞台に入るのだけれど、尉はほとんど走るようにして入っていった。
しかし、淳夫の謡、1人だと上手くなったなあ、と思うのに銕之丞とだと???な感じ。怖いパパに委縮しているんだろうか。

今回、詞章をじっくり聞いてみようと思っていたのだけれど、前場の後半になったら物凄く眠くなってしまって残念。
気が付くとアイ語りになっていました。

さて、住吉明神登場。面を掛けているとすこぶる謡が聞きにくい。
颯爽と舞う神舞はさすがでしたが、これ、シテとツレ、逆バージョンを観てみたいな。

最後何となくワキツレの村瀬が立てないんじゃないかと思ったけれど、皆さん無事にお帰りになりました。

面は前シテが小尉(春若作)、ツレが姥(作者の記載なし)、後シテが邯鄲男(友閑作)


夷毘沙門は初めて観る演目。
善竹十郎が娘に婿を取ろうとすると、夷様と毘沙門天(多聞天)がやってきて「我こそ」、と張り合う話。
しかし、十郎の娘ではいくら美人だろうとかなりのお年…。

それはさておき、毘沙門天とは伊弉諾伊邪那美の第三子の蛭子だと主張するんだが、由緒は正しいかもしれないけれど、ちょっとね。

夷様が立ち上がる動作がちょっと美しくなくて気になりましたが、
2人の神様が張り合うとても楽しい話でした。

# by soymedica | 2019-01-14 10:18 | 能楽 | Comments(2)

国立能楽堂特別企画公演 呼声 道成寺

d0226702_11085997.jpg国立能楽堂特別企画公演 明治百五十年記念 苦難を乗り越えた能楽
2018年12月22日(土)13時より

狂言 大蔵流
呼声
シテ(太郎冠者)山本東次郎、アド(主)山本則孝、(次朗冠者)山本則俊

能 宝生流
道成寺
シテ 宝生和英、ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 御厨誠吾、野口琢弘、アイ 山本則重、山本則秀
笛 一噌隆之、小鼓 観世新九郎、大鼓 柿原弘和、太鼓 金春國直
後見 朝倉俊樹、當山淳司
鐘後見 野月聡、水上優、和久荘太郎、東川尚史、川瀬隆士
狂言鐘後見 山本東次郎、山本則俊、山本則孝、若松隆
地謡 武田孝史ほか計6人


揃いの肩衣の太郎・次郎冠者が楽しい呼声。どちらが太郎冠者を呼ぶかで主と次郎冠者が争うのは和泉流には無いような。
昔、いかめしくてあまり面白くないな、と思った東次郎の演技。なんかしみじみ楽しかった。


さて、道成寺。人気であぜくら先行販売では変えず、翌日e-plusで。なぜ、わざわざチケット会社に卸すかなあ。人気役者の日に団体入れたりしている日もあるし。
ま、それはさておき道成寺。鐘後見の則孝、若松が前後で鐘を運び、東次郎と則俊は鐘を支えて入場。鐘を釣るのは東次郎&則俊。鐘後見は山本家が最高というが、確かに観ていて気持ちいい。
宝生流では道成寺の時の地謡は六人、本日のシテ方の鐘後見は肩衣はあるが袴は短い。

宝生欣哉が、鐘供養をするので皆に知らせよ、女人禁制だぞ、と能力に。常座から、シテ柱、ワキ柱、笛柱までひどくゆっくり歩いて重々しく告げます。

怪しい女登場。なかなか良い面です。
花のほかには松ばかり暮れ初めて、鐘や響くらん…。

乱拍子。新九郎が斜めを向いて打ち出すのですが、観世流の小鼓は初めてかもしれない。顔を真っ赤にして打っていて、大変に力の入った掛け声です。
急の舞に入るとなぜか鐘を抑える後見が交代。やはりあれは軍手をした方が宜しい作業かもしれない。

鐘入りも宝生流は後ろ向きというか、笛の方を向いて入る。落とした烏帽子を蹴散らして。
迫力あった。

そして能力たちが雷が落ちたか地震か、と騒ぎまわる。動きは割と地味。万作家の派手さとコミカルは観世に合うが、これは宝生に合うような気が。

欣哉が「今だから打ち明けよう」と言う風に鐘にまつわる恐ろしい話を。それを初めに言ってくれればあの白拍子は入れなかったのに…。今回聞いていて気付いたのだが、まなごの庄司の娘が追っかけたのは熊野詣の先達で、熊野に逃げ込む途中にあった道成寺に駆け込んだのですね。

さて、鐘が澄んだ音をたてます。と、するすると上に。中からは鬼女が。衣はかづかない。
唐織の雪持ち椿は宝生流の決まりだそうです。
般若の面が凄く個性的で面白い。

うーん、後場はどこも同じだなあ。あ、追い詰められた後シテは橋掛を駆け込んで最後ぐわっと飛び上がったのが怖かった。

鐘を下ろして綱を巻いて退場する鐘後見。なんだかお茶のお点前を観ているよう。

麺は前シテが龍右衛門の泣増、後シテが般若(浮木)。

# by soymedica | 2018-12-28 23:02 | 能楽 | Comments(3)

国立能楽堂定例公演十二月 狐塚 小鍛冶

d0226702_14525822.jpg国立能楽堂定例公演十二月 演出の様々な形
2018年12月13日(水)18時半より

狂言 和泉流
狐塚 
シテ(太郎冠者)石田幸雄、アド(主)月崎晴夫、小アド(次郎冠者)野村萬斎

能 金剛流
小鍛冶 白頭 
シテ 種田道一、ワキ 村山弘、ワキツレ 小林努、アイ 中村修一
笛 一噌幸弘、小鼓 鳥山直也、大鼓 谷口正壽、太鼓 三島元太郎
後見 宇高通也、豊嶋幸洋
地謡 今井清隆ほか


狐塚は大蔵流と和泉流とそれぞれちょっと違っていて、太郎冠者と次郎冠者が二人で鳥追いに行って見舞いに来た主人を狐と思って縛ってしまう大蔵流、太郎冠者が一人で鳥追いに行ってみまいに来た主人と次郎冠者を縛ってしまう和泉流。和泉流では縄を抜けた二人が太郎冠者を田に放り込んでしまいます。
狐に尻尾を出させるのにはどうやら青松葉でいぶすと良いらしい。
石田幸雄って太郎冠者をやらせると最高。

小鍛冶。笛と太鼓以外、あんまり馴染みのないラインナップ。金剛流の白頭の小書きでは前シテは老人、中入りが走り込みとなり、後シテは白頭となる、とあります。金剛流では齢を経た狐が神通力を増したという事で、重い扱いかつ型が多い華麗な演出となるそうです。

橘道成が三条の小鍛冶宗近に剣を討つようにとの帝の宣旨を告げに来る。このワキツレ、かなり若そうですが、ビブラートのかかった良いお声の持ち主。
そんなこと言われても、相槌がいないから、と困る宗近。
村山弘、上手でそつがなくて、だから印象に残らない人ですね。
調べたら5年以上前にこのおワキを2度観ているのだけれど、覚えていない。一度はやはり種田との組み合わせでした。

地謡は聞きやすい謡ですが、本日も結構なお年の方々。

こうなったらお稲荷さんにお願いしよう、というとどこからともなく宗近を呼ぶ声が。これが実に良い声。でも、幕の奥から出てきたのはどこにでもいるようなお爺さんでびっくり。
でも、剣を打つこともなぜか知っているし、草薙の剣の話も知っているし、何者か!
という前半盛り上がりの部分だから、地謡はもっと景気よくやってほしい。

中入りでシテが老人にあるまじき速さで駆け込む。いつもこうだったか?と疑問に思ったがこれが小書きゆえであるのは上に書いた通り。
この間ワキツレは座り続けるけれど、ワキは後見座にひっこむ。

アイ語りは中村修一。この人のアイ、初めて聞くかなあ。あまり印象に残っていない。ごめんなさい。

正先に一畳台が出されます。ワキはこれに載って刀を打つのですが、長袴だし、後でやって来るお狐様は頭に狐のせてるし、とかなりぎゅうぎゅうの感じ。一畳の広さがあればいろんなことができるという見本のよう。

地謡がいや、宗近が色々神様に願っていると、幕の前に稲荷明神が。「謹上再拝」と言っている間にすっと引っ込み、早笛で出て来る。これがまた小書きゆえの「狐足」というちょっと面白い歩き方。もっと長く見せてくれればいいのに、出て来る時だけ。
剣や鎚の作り物はやけにリアルだし、詞章も説明的なこの場面。わかりやすい。

そして稲荷明神は去っていくのでした。

面は前シテ・後シテともに出目満永(本当は違う字です)で、小尉と大飛出。




# by soymedica | 2018-12-24 09:54 | 能楽 | Comments(2)