第55回野村狂言座

d0226702_20173792.jpg
第55回野村狂言座
2011年9月1日 18時45分から @宝生能楽堂
脇正面5000円

不見不聞みずきかず
太郎冠者 石田幸雄、主 岡聡史、菊市 野村萬斎

因幡堂いなばどう
夫 野村万作、妻 高野和憲

舟ふな
太郎冠者 野村裕基、主 野村万作

盤渉樂 
大鼓 高野彰、小鼓 森貴史、笛 栗林祐輔、太鼓 桜井均

馬口労
博労 野村萬斎、閻魔大王 深田博治


萬斎人気でしょうか、すごく女性の多い見所。昔まだ武司のころはここまででは無かったような気がしますが。(前回狂言だけの公演をみたのが野村武司のころだったので。)

不見不聞。太郎冠者に留守番させようと思ったら太郎冠者は耳が遠い。心配なので、じゃあと近所に住む盲者をつれてきて一緒に留守番させたら、お互いにバカにしあって喧嘩した、という話。つんぼだとかめくらだとか放送禁止用語続出。これを差別しているといえばしているのだろうが…。石田幸雄って、もしかすると結構モテて浮気が好きなタイプかもしれない。野村萬斎の方はモテても性格的に浮気できそうにもない、などと考えながら見ていました。根拠ありませんが。


因幡堂。高野和憲、地味な感じで気づきませんでしたが、この人結構面白いですね。
しかし、酒飲みで働かない「妻」は昔からいたのですね。その妻を離縁して因幡堂の薬師にお願いして新しい妻をもらったつもりが、まんまと女房に騙されて(?)再び娶ってしまったというおはなし。衣をかぶったまんま酒を要求するしぐさがおかしい。


舟ふな。「ふね」が正しいという主人と「ふな」が正しい呼び名だという太郎冠者。古歌の引用にたけた太郎冠者が主をいいまかしてしまうという話。万作のちょっとぬけている主人がおかしいです。良く考えるとこの配役は、ちょっと知恵の付いた孫に言い負かされているおじいちゃんなのですが、万作の芸って良いな、と思わせる作品。

そして、野村裕基クン。子供には点の甘い私ですが、この子、才能ありそう。本人真面目にやっているのにしみじみ可笑しい。でも、どこが客の笑いの肝かは分かっているらしい。


盤渉樂の囃子方がそのまま残り、馬口労へ。小鼓と大鼓は床几に腰掛けずに向かい合って演奏します。これが狂言の時のスタンダードな作法なのだとか。小鼓の調子がいま一つ。
後見に月崎晴夫。でもこの後見セリフを言うのですよ。後半は地謡も出てきます。

近頃人間は小賢しく念仏なんぞを唱えて皆極楽へ行ってしまうので、地獄は閑古鳥。そんなわけで豪華な衣装を着ていた閻魔様も最近は落ちぶれています。そこで六道まで人間を誘いに出てきます。そこにやってきたのが博労。やっと獲物が、と思ったら、博労の轡に目がとまり、「それは何だ」と聞いたのが運のつき。「地獄をめぐって監視するのにも馬があったらなー。」なんてぼやいちゃうものだから、「馬に乗るならまず馬になる練習を」とかなんとか博労に言いくるめられて、馬にされた揚句に博労を極楽に送って行く羽目に。
能と同じような形になっていて、閻魔様が道行を歌っちゃう。出端もあるし、という面白さ。深田博治がとても良かったです。野村萬斎って、狂言方としてはカリスマ性があって目立ちすぎるところが損かもしれないと、いつも思います。何となく定規で引いたような印象を受けるのは若いからとうだけではなくて、そういう持ち味なのかも。仕事を見ると、プロデューサーや演出家としての将来性もあるのでは。


ところで野村遼太君はどうしちゃったのでしょう。最近見かけませんが。
[PR]
# by soymedica | 2011-09-02 20:18 | 能楽 | Comments(0)

脳の中の能舞台 多田富雄 新潮社

d0226702_18174565.jpg
脳の中の能舞台 多田富雄 新潮社

多田富雄の能に関するエッセイをまとめたもの。
当然のことながら私の見ていない演目に関する考察や、舞台そのものに対する評論などが多いのですが、それでも引き込まれます。
この人の能の解説(舞台のではなく)は、謡本の行間を埋めて説明するのではなく、その先や裏を描くので面白い。

舞台評もテンポ良く、この人がまだ生きているうちにもっとたくさん同じ舞台を見てみたかったと思います。

いろいろな媒体に載せられたエッセイが一冊になっていますが、お酒のPR誌に書いたものが凄い。読者は能を知らない、ということが前提で書かれていますが、これを読んだら酒飲みは能を見に行かずにはいられない、という仕組み。(でも、飲みながら観たら間違いなく寝ちゃいますね。)

また、鼓の名手であったというだけあって、囃子についても説得力のある評論を書いています。拍子のとりかたの説明がわかりやすいです。かえってプロはこういう説明は書かない(書けない)のではないでしょうか。

なるほど、と思ったのは弱法師。「たった数カ月の間に実の父親からも見分けがつかない容貌の盲人となった」のはlepraによるものではないかという考察。私は弱法師を見て、父親の「昼間は人目があるから夜連れて帰ろう」というセリフが気になったのですが、その説明として納得のできるものでした。
[PR]
# by soymedica | 2011-08-29 18:19 | 本・CD・その他 | Comments(0)

月下氷身~世阿弥<融>のヴァリエーション

d0226702_223318.jpg

セルリアンタワー能楽堂 開場十周年記念
特別企画公演「月下氷身~世阿弥<融>のヴァリエーション」

8月24日 7時 @セルリアンタワー能楽堂
S席(正面)9000円。

袴能「融」曲水之舞 
シテ 香川靖嗣 ワキ 宝生閑
笛 杉信太朗 小鼓 成田達志 大鼓 柿原崇志 太鼓 観世元伯

地歌「融」による新作ダンス「水銀の月」
勅使川原三郎
地歌(歌・三弦) 富田清邦
地歌(筝) 二宮貴久輔


全然予定になかったのだけれど、思いついて行ってきました。ここの能楽堂は初めてです。何となく金田中を予約しないと見られないのかと思っていた。(良く考えるとまさかね。)親切なお姉さんが、座席表で「お勧めはここ。前から3列目で、ちょうどここと前の列の間に段差があって、見やすいです」と。教えてくれた席に開演15分前に着席。ほぼ満席のようでした。この能楽堂、貴人口は実際には開かないような気がするのですが、どうでしょう。

融は前に見て退屈してしまったものですが、今回は楽しく見られました。前は能をほぼ初めて見るのに「十三段の舞」の小書きでしたから、退屈しますよね。アイの語りが無いのは残念ですが、今回は楽しめました。

シテは白とブルーグレー(もしかしたら縞?)、ワキはグレーと茶系の組み合わせの袴能。爽やかです。舞もこのくらいの長さなら楽しめます。仕舞は装束をつけているより、袴姿のほうが面白く見られるような気がします。前半の名所教えのところには色々な解釈や解説が書かれているようですが、そこまでの深さは私にはわかりません。宝生閑と香川靖嗣の謡や言葉は相当に質が違うようで、そこの差異が面白いですね.

ところで、袴能ってシテが女性(3番目ものとか)の能もやられることがあるのでしょうか。


20分の休憩。休憩時間にコーヒーを買ったら、なんと木の黒いおわんに入れてくれました。「そばつゆか?」木の器って、熱くならないので持ちやすい。コーヒーは美味しかったです。


次は勅使河原三郎のダンスです。いつもの能楽堂とちがい、若い人や業界人風のおじさまが多いなと思ったら、こちらのお客さんらしい。ちなみに私の隣のお婆様は後半はお帰りになられました。

前半が足に磁石が付いていて鉄板の地面に張り付くような動きの能。後半は…。天井に道成寺の鐘をつるす金具が付いていますよね。あれから見えない糸が出ていて、それでつるされているのではないかと思われるような動きのモダンダンス。三味線と琴で三味線の人が歌います。この歌を地歌というのだそうです。この地歌が「融」の謡によるものなのです。

ずーっと勅使河原のダンスを見ている人にとっては能楽堂でのダンスも良いのでしょうが、私はホールで照明などにも工夫をこらした「いつもの」というのをそのうち見てみよう、と思ったのでした。


休憩中に声をかけられたら、なんとここ数年会っていない高校時代の同級生。良く考えてみたら彼女は表象芸術を研究する学者でした。


融については
幻視の座 宝生閑聞き書き 土屋恵一郎 岩波書店
能の表現 清田弘 草思社
[PR]
# by soymedica | 2011-08-25 21:54 | 能楽 | Comments(0)

心にグッとくる日本の古典

d0226702_17345934.jpg
心にグッとくる日本の古典 黒澤弘光・竹内薫 NTT出版


この方、高校時代の先生でした。ただ、私は古文は別の先生に習ったので、どんな授業だったかは直接には知らないのですが、
担当クラスの皆が凄く授業を楽しみにしていたので、興味はありました。

確かに、こんな授業を受けたら楽しいでしょうね。でも、文法もみっちり叩き込まれたらしいじゃないですか。

取り上げられているのは、
伊勢物語から梓弓と筒井筒
平家物語から敦盛最後と忠度都落
源氏物語桐壷巻
万葉集の防人歌
です。

続編が出るといううわさあり。でも、もう少し垢ぬけたタイトルにしてほしい…。

この本で助走して、新潮古典文学大系へ、という予定(はあまりない)。
[PR]
# by soymedica | 2011-08-20 17:41 | 本・CD・その他 | Comments(0)

岩波セミナーブックス59 日本古典芸能と現代

d0226702_221346.jpg

岩波セミナーブックス59 日本古典芸能と現代 能・狂言 横道萬里雄、小林責
1996年 第1刷

講義録を本に起こした物のようですが、非常に読みやすく、一度は読むべき本だと思いました。

能は横道萬里雄。この人なんと1916年生まれ。御存命だとおもうのですが…。
内容は濃いです。世阿弥にも言及しつつ、ただ単に歴史を語るのではなく、昭和に入ってからの能がどういう発展の仕方をしたかを、世阿弥の時代、江戸時代、維新の時代に言及しつつ説明。戦後の発展に焦点をあてつつも、社会あるいは世相のなかでの能の立ち位置を俯瞰しています。

そして家元制度とは何か、家元権とは何か、そしてそれはどう発展し、どう受け止められてきたか、観梅問題とは何かなど、ナルホド、ナルホドの蘊蓄の世界。こういうことは能楽師ではなくて能の世界を外から見ている研究者だからこそ知っていることなのでしょう。

その他月並能(宝生では今もこう言うようですね)とは、とか新作能の詞章の作り方、とか、実際にこの講義を聴きたかったー。

狂言も同様に濃い内容。この講義の時点で和泉流の元弥の問題がすでに起こっていた様子。万作の自伝にも出てくる戦後の野村兄弟の活躍とその意義が詳しく語られると共に、各家の特色やかかわりにも焦点があてられています。こちらは狂言についても詳しいですが、より広く戦後(昭和)の舞台芸術に広げた話もあります。それにしても、和泉元秀って相当に変わった人だった模様。

この本にもありますが、銕仙会の響の会のパンフレットに出てくる「荻原達子」という事務方の女性、物故者ですが(観世栄夫の運転の車で事故にあって死亡。ご本人は相当運転に自身のあった方のようなのが皮肉ですね)、能の発展と普及に力をつくした人のようです。響の会通信9号に生前の談話が載っています(ネットで読めます)。素晴らしい方だったのですね。



既に絶版のようなのでアマゾン・マーケットプレイスで買いましたが、まだの方は是非。
(保存状態は良い本でしたが、ものすごーく煙草臭い本でした。こればっかりはネット古書店ではわかりませんね。)
[PR]
# by soymedica | 2011-08-18 22:06 | 本・CD・その他 | Comments(0)