国立能楽堂 夏スペシャル 働く貴方に贈る 瓜盗人 通盛

d0226702_11423075.jpg国立能楽堂八月公演 国立能楽堂夏スペシャル 働く貴方に贈る
2018年8月2日(木)19時より

対談 石田ひかり 大倉源次郎

瓜盗人 和泉流
シテ(男)高澤祐介、アド(畑主)前田晃一
笛 一噌幸弘、小鼓 曾和鼓堂、大鼓 大倉慶之助、太鼓 大川典良

通盛 金春流
シテ 高橋忍、ツレ 井上貴覚、ワキ 則久英志、ワキツレ 館田善博、アイ 三宅近成
笛 一噌幸弘、小鼓 曾和鼓堂、大鼓 大倉慶之助、太鼓 大川典良
後見 横山紳一、山中一馬
地謡 辻井八郎


まずは石田ひかりと大倉源次郎の美男美女対談から。石田ひかり、もう40代後半だとは知らなかった。お話は大倉源次郎の方がうまいな。引き出しも多いし。石田ひかりはTV番組のまんま、訥弁。

瓜盗人、観るのは二度目の演目。萬家の方が万作家より演出が地味なのに、囃子方の人数は多い(万作家は笛のみ)。瓜にしろ桜にしろ、盗んだものをご進物にして引っ込みがつかなくなって…と言うところがのどか。昔の夜の瓜畑は満月でなかったら暗いでしょうね。
高澤祐介の演技、楽しめました。


通盛は平家の武将通盛と小宰相の局の悲しい話。武骨な通盛が一生懸命歌を贈った小宰相の局。統子内親王の取り持ちで中の良い夫婦になった二人。小宰相の局は戦場にまで同行しますが、結局一の谷の合戦で通盛は戦死。小宰相の局はその後を追って海に身を投げたという話。

まず、夏場の修行をしている僧の一行のところに舳先に赤いかがり火をつけた船がやってきます。舳先は目付柱の方に向けておかれます。次いで尉と女がやってきます。これ、薄暗い能楽堂でLEDのかがり火でやったら面白いだろうな。
二人はここは小宰相の局が身を投げた海だと僧の一行に教えます。
船の中でかなり頻繁に向きを変えたりするものですね。前回梅若玄祥&紀彰で見た時にはどうだったか。
身投げをした女は後見座へ。尉は中入り。

ここでアイが出てきて、通盛と小宰相の局のなれそめを語ります。この語りによって悲恋の物語が盛り上がりますね。良い語りだったとは思うのですが、私には残念ながらピンと来なかった。

さて後場。ワキの読経が響き渡ります。目立ちすぎず、かつピリッとした則久が凄い。
なぜ前場の通盛が尉なのかわかりませんが、後場は凛々しい。ツレは後見座から大小前、さらにワキ座へ。
うっとりとわが君を見ているのでしょうか。

通盛は床几にかけたりもしますが、勇ましいカケリも素晴らしい。
ちょっと残念だったのは地謡。誰か二人くらい下手。
余韻を残してシテ退場。その後を小宰相の局。
面白かったのは小宰相の局が立ち上がったそのあとにわき方がもぞもぞ横にずれて、それから立ち上がって帰ること。
今座っているところから帰ってはダメなのかな。

面は前シテが三光尉、ツレが小面、のちシテは中将。

[PR]
# by soymedica | 2018-08-12 11:42 | 能楽 | Comments(0)

体感する能 七人猩々

d0226702_15553556.jpg和の会主催宝生流能楽公演 体感する能

謎解き!体感ナビ 狂言
金子直樹、谷口賢志、甲斐田裕子
構成/脚本 内田裕士

狂言 蚊相撲
シテ 山本泰太郎、 アド 若松隆、山本則孝

謎解き!体感ナビ 能楽

能 七人猩々
シテ 宝生和英、ツレ 高橋憲正、東川尚史、佐野玄宜、當山淳司、金森良充、川瀬隆士、 ワキ 野口能弘
笛 栗林祐輔、小鼓 飯富孔明、大鼓 佃良太郎、太鼓 小寺真佐人
後見 藪克徳、今井基
地謡 武田孝史ほか


プログラムには第十四回と書いてあるが、第十回ファイナルとも言っているし、「体感する能」が第十回なのか?和の会として十四回目なのか…。
前回このシリーズを見た時にはこんな構成だったろうか?狂言と能の前にそれぞれ解説が入る。そして、ロビーでは装束や面の体験コーナーが。
能の時にはwearable deviceというらしい字幕や解説が写るメガネが貸し出されて、SF映画から抜け出たようなお客さんもちらほら。

解説では谷口賢志の一人芝居があったり、プロジェクター使ったりと意欲的だったけれど、見所のお客さんって意外に「能を見るのは初めて」タイプは少なかった。学校公演なんかでは喜ばれそうな構成なのだけれど、高校とか美大とかに売り込んではどうかな。


解説によると蚊相撲の蚊の嘴は細長い棒でしたが、何となく紙をストロー状に丸めたものかと思っていました(家による違いもあるのかもしれない)。
蚊の精を雇い入れてしまった主人と太郎冠者。相手が蚊の精だと気づいても相撲に勝ちたい!というところがすごい。
蚊は風に弱いということで、一生懸命あおいでついに嘴を抜くのだけれど、あおぐのは普通の扇でした。和泉流だったか、巨大な団扇を持ち出す家もあったり、相手が蚊の精だと気づくまでにどのくらいかかるかとか、細部の変化が色々ある曲ですね。


七人猩々
囃子方も地謡も裃姿。
正先に壺、後ろに一畳台。出てきた高風はセリフを言うだけで、ひしゃくで酒を汲むシーンが無くて残念。
どうもロビーでの説明を小耳にはさんだ限りでは猩々面には雌雄があるらしいのだけれど、鑑別できず。
二番目に出てきたのがシテ。扇を開いて構えたり、ほかとちょっと違う。

いくら酒を飲んでも「面色変わることなし」ってそうでしょう。もともと赤いもの。
7人が華やかに舞を披露しました。でも7人もいるとかえって躍動感が欠けて、ちょっと不完全燃焼でした。

そして解説でも言っていたように祝言能なので、そんなに説明がいるだろうか?帰るとき後ろの人がハイテク眼鏡について「これ、ちょっと煩い感じだったわね」と言っていたのもむべなるかな。


物品で色々買ったり、楽しかったけれど今回最後。若い家元にはまた新機軸を考えてほしいな。

[PR]
# by soymedica | 2018-08-04 20:00 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂定例公演七月 花筐 鏡男 木曽

d0226702_17101796.jpg国立能楽堂定例公演七月
2018年7月18日(水)18時30分より

仕舞 花筐 クルイ 観世流
梅若紀彰

鏡男 大蔵流
シテ(男)大蔵彌太郎、アド(妻)大蔵基誠

木曽 願書
シテ(覚明)観世銕之丞、ツレ(木曽義仲)観世淳夫、(池田次郎)柴田稔、(木曽郎党)北波貴裕、長山桂三、谷本健吾、安藤貴康、青木健一
笛 藤田次郎、小鼓 大倉源次郎、大鼓 山本哲也
後見 清水寛二、西村高夫
地謡 梅若紀彰ほか


写真は開演前の能楽堂の中庭。6時半だとまだ明るい。

梅若紀彰の仕舞。やっぱりこの人ハンサムで上手、と思いながら見ていたんですが、バックの謡が今一つな感じで残念。

鏡男は、訴訟ことごとく収まり、田舎に待つ妻に都のお土産として鏡を買って帰ったら、妻が鏡の中の女に嫉妬し、というお話。能の松山鏡の狂言バージョン。
西洋では鏡を見る女は化粧するビーナスなんだが、日本ではわわしい女…ふふふ。
最初に囃子が出たな、と思ったら夫がお土産にする鏡の謂れを行っている間にさっさと帰ってしまうのであまりの出番の短さにびっくり。
全体に曲としてはちょっと冗長かな。

安宅、正尊と来てこれで三大読み物制覇となりました、木曽
あらすじは何という事の無い、木曽義仲が礪波山にこもる平家軍攻撃の前夜、部下の覚明に戦勝祈願の願書を書かせ、覚明がそれを読み上げ舞を舞う、というものです。

地謡にとっても髪の毛の沢山ある人がいてびっくり。山中迓晶さんでした。
義仲の一行入場、まず木曽義仲、次に覚明、そして郎党たち。覚明に扮した銕之丞は頭巾で別人のよう。
木曽義仲は観世淳夫。出だしちょっと不調でびっくり。義仲に状況を報告する柴田の上手さが光ります。

山中に八幡神社を見つけた一行は喜び、覚明が戦勝祈願の願書を書き、読み上げます。
懐から紙を出して書くのではなく、後見座に行ってもらってくるのがちょっと不思議。常座で朗々と読み上げる、ここが第一の聞かせどころ。

そして次いで宴会となります。そこで覚明が舞うのも第二の見せ所。
長袴で良くあんなことできるなー、と思ったらやはりそこが見せ場らしいです。
安宅を見慣れていると数珠を持っていないのが不思議ですが。
解説を読むと覚明とは軍付きの坊さんでは無くて書記だそうですから、数珠は持ちませんね。

短い曲ですが、面白かった。いろんな役者で観てみたい曲です。




[PR]
# by soymedica | 2018-07-29 22:15 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会定期公演7月 杜若 二人大名 熊坂

d0226702_16014110.jpg銕仙会定期公演7月
2018年7月13日(金)18時より@宝生能楽堂

杜若 素囃子
シテ 浅井文義、ワキ 福王和幸
笛 一噌隆之、小鼓 曽和正博、大鼓 佃良勝、太鼓 小寺真佐人
後見 清水寛二、浅見慈一
地謡 浅見真州ほか

二人大名
シテ(大名・甲)山本泰太郎、アド(大名・乙)山本則秀、(通りの者)山本則孝

熊坂
シテ 観世淳夫、ワキ 宝生欣哉、アイ 山本凛太郎
笛 内潟慶三、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井忠雄、太鼓 金春國直
後見 観世銕之丞 永島忠侈
地謡 西村高夫ほか


ちょっと季節外れの杜若。小書きの「素囃子」とは、パンフレットによると:序の舞がイロエに代わるほか、「恋之舞」と同様にシテが真の太刀を佩き、初冠に梅や杜若の心葉を挿して日陰之糸をたらすなど、いでたちも変化する。ということなのですが、後半も比較的長いので、そして狂言もあるので、舞を短くしました、と言う感じ。
浅井文義は地味だけれど好きな役者です。

旅の僧がなぜか長袴でやってくる。
昔、福王和幸が杜若の旅の僧で出てきたら似合わないだろうな、と思っていたけれど、実際に見てみるとこの人の華やかな外見が割とマッチ。きっと咲いている杜若は光琳の杜若のような豪華なものなんだろうな、と思わせる。

そこに不思議な女がやってきて、ここがあの業平が杜若の歌を詠んだところだと教えます。
そして一夜の宿を申し出ます。

なんかやっぱりこの浅井文義、地味だなあと思っていたのが後場で裏切られました。
ビブラートがかかったようなちょっと特徴のある華やかな謡で、男装の麗人がキラキラと動くさまがとてもきれい。
橋がかりまで大きく使って、色々な女性とちぎったこと、それは歌舞の菩薩である自分の救済の方法であったことを告げます。日本のドン・ファンにはそういう謂れがあるんですよ。

最後の「色ばかりこそ昔なりけれ」のところで、ふっと何かをのぞき込むようなしぐさをしたと思ったのは気のせいだったのでしょうか。そして、「杜若花あやめ、梢に鳴くは」のところで最初に上を見上げ、次に下を向くのが不思議でした。こういうところ、お稽古している人に聞いてみたいな。

後半、立ち姿の時つま先が開くのがちょっと気になりました。

面は孫一(伝 竜右衛門作)


ここで失礼しようかと思ったのですけれど、狂言の二人大名、観たことない演目だったのでこれ見てから帰ろうと。

二人の大名がやってくる。泰太郎の長裃の柄が雪輪。季節じゃなくても良いのかな。
通りがかった則孝に無理やり太刀持ちをさせたら、逆に脅されて芸をさせられた挙句に太刀もひとこし(短い方の刀)も取られる羽目に、という話。
二人の大名がさせられる芸が面白い。
鶏の喧嘩のまねとか、犬の噛み合う真似(犬はビョウビョウと鳴くのは本当だ!)。起き上がり小法師のまねなんて本当に大変そうだけれど面白い。

これ、夏休みに子供に見てやらせる教室の題材にしたら面白いだろうな。


熊坂は失礼して帰りました。

[PR]
# by soymedica | 2018-07-22 17:13 | 能楽 | Comments(0)

セルリアンタワー能楽堂定期能七月 喜多流 忠度

d0226702_22212387.jpgセルリアンタワー能楽堂定期能七月 喜多流 忠度
2018年7月7日(土)14時より

おはなし 馬場あき子

忠度
シテ 友枝昭世、 ワキ 森常好、 ワキツレ 大日方寛、吉田祐一、 アイ 奥津健太郎
笛 一噌隆之、小鼓 曾和正博、大鼓 大倉慶之助
後見 中村邦生、友枝雄人
地謡 香川靖嗣ほか


馬場あき子先生、絶好調。まずは「皆さん、『青葉の笛』という唱歌をご存知ですか?」先生は小学校4年くらいの時に習ったそうで、一番が敦盛、二番が忠度をうたったもので、日中戦争が盛んになるにつれて歌われなくなったそうです。なぜなら、芸術の天才が戦争のために消えて行くのを惜しんだ歌だから。戦争が盛んになると命(芸術)をなげうつ風潮を良しとするようになってきたから、と。

武士にとってなぜ和歌が重要であったかと言うと、下賤の者であった武士が貴族と言葉を交わす唯一の方法であったから、とか
須磨の若木の桜と言えば当時の人は「光源氏が手植えした」とすぐにピンと来た、などの色々有益な情報が満載のお話。

そして、忠度を討ったのは「岡部六弥太」ですが、その功績で今の岡部(埼玉県)一帯に広大な領地を得た。そして六弥太は一等地に自分の墓よりも大きな忠度の墓をたて、忠度桜、忠度橋も作った、それは現在も観ることができるということです。岡部清心寺に忠度は弔われているそうです。


しかし、最近セルリアンタワーではツキの無い私。今回は何が起こるかと思ったら、目の前に凄く大きな男性が。隣の普通サイズの男性より座ると頭一つ大きい(幅もある)。ので、かなり視界が遮られて始まった忠度。
出だしからちょっと不安を感じさせる笛。一噌隆之、いちど絶不調の時に当たり、その時以来偏見が消えない私。(今回一声の後はふつうでした)。

ワキとワキツレ登場。ワキツレその2のほうがその1よりもたぶん年配。宝生流は殿田謙吉の休業で色々人手のやりくりが大変なのか。
森常好も酒量に注意して頑張ってほしい。
それはともかく出家した俊成の関係者がやってくる。これが須磨の若木の桜か!と。

向こうからやってきた卑しいお爺さん。「『そもそもこの須磨の浦ともうすは淋しき故にもその名を得る』なんて、その辺のお爺さんは言いませんよね」(馬場あき子談)。
「これなる桜」と昭世爺さんが言うと、本当に舞台上に桜があるよう(前のおじさん、邪魔!)。海人が持って出た榊を置いた瞬間も見ることができなかった…。

地謡がきれいなのは喜多流の常の事ですが、その地謡が「山の桜も散るものを」と謡うのをバックに昭世爺様をみていると、本当にそこに桜の枝があるように感じられます。ちなみに桜には香りは無いと思うのですが、今舞台を思い出しても何となく良い香りがするような。
そしてお爺さんはどこかに行ってしまうのでした。

不思議に思った僧たちが地元の人に尋ねると、それは忠度の霊ではないかと。この地元の人、そつがないけれど何となく印象が薄い。アイはその方が良いのでしょうね。

僧たちがうとうとしていると、風が吹いてきたのでしょうか、それとともに武将が姿を現します。矢には短冊が。
俊成に自分の歌を託して戦いに出ていく忠度。

場面は合戦に移ります。
船に乗ろうとする忠度。ここのところ、大鼓の掛け声が大きすぎてシテ謡が聞きづらい。大鼓ものっているのでしょうが、そこはちょっと抑えてほしいな。

忠度は結局岡部の六弥太に討たれてしまうのですが、ここからなぜかシテは六弥太になりかわり、有名な「行きくれて」の歌の短冊を発見します。田舎侍とは言え、六弥太は字が読めたのですね。

もっと見ていたいなあと思いましたが、忠度は「わが後弔ひてたび給へ」と消えて行くのでした。





[PR]
# by soymedica | 2018-07-16 09:55 | 能楽 | Comments(0)