MUGEN∞能 千鳥 国栖

d0226702_17501417.jpgMUGEN∞能
2018年10月31日(水)18時半より@観世能楽堂

一調
班女
林宗一郎、 大鼓 亀井忠雄

狂言
千鳥 
太郎冠者 野村太一郎、酒屋 野村萬斎、主 中村修一

仕舞
藤戸 
観世清和

国栖 白頭 天地之声
シテ 坂口貴信、天女 観世三郎、姥 林宗一郎、子方 谷本康介、ワキ 宝生欣哉、アイ 茂山逸平、茂山宗彦
笛 一噌隆之、小鼓 飯田清一、大鼓 亀井忠弘、太鼓 林雄一郎
後見 上田公威、野村昌司
地謡 観世清和ほか


最初に茂山逸平、坂口貴信、野村太一郎、林宗一郎が出てきてそれぞれの曲の解説
野村の千鳥の解説を聞いて、和泉流と大蔵流とではそんなに違うのかと驚く逸平。先代千作は「この頃は請求書が毎月来る。昔は節季払で良かったのに」と嘆いていたそうですよ。
「パンフレットが無いので」と一調や国栖の説明も。
解説はパンフレットにして終了時間を早くするか、解説でそれぞれの素の顔を見せるか、前者を選んで正解だったのでは?と思われる客層でした。


一調。林宗一郎は決して下手ではないし(上手い)、亀井忠雄はもちろん名手、だけれど何となく私にはピンと来なかった。林の頑張っている感が前に出すぎたのかな。


千鳥は萬斎の胸を借りる形の太一郎。2,3年前とは打って変わった達者さ。よほど練習したのでしょうか。こんなに上手くできるんだったら昔からそうしたらよかったのに。
ただ、中盤ちょっとだれましたね。まだまだ君はできる。


ここでちょっと仕舞をスキップして腹ごしらえに。
今回は愛弟子の坂口のシテだし、三郎太出演だし、家元も頑張ってますねえ。


能は国栖。ちょっと速足の王がやってきます。輿の左右の棒の角なが度が違うのが気になる。揃えて持ってほしいな。(たぶん前下がりに持っている方が正しい)。
おつきの欣哉、家元の風格が出てきました。下宝は欣哉の前後の世代が結構いますが、やはり地位が人を作るというか稽古や舞台の数が違うのか、彼がダントツの安定感。
御座を据えると輿かきはすぐ退場。囃子の後ろにしばらく控えている場合もありますが、何が違うのでしょうか。

今度は幕から紺色の船が出てきて一の松のところに据えられます。
その船に、老夫婦がやってきて乗ります。婆様が釣竿を持っていて、やや婆様の方が背が高い蚤の夫婦であります。
仲がよさそう。
自分のあばら家の上に紫煙たなびくのを見て驚く二人。

シテが舞台に入ってくると船は橋掛にたてかけて干してある体。

家に行ってみるとやんごとなき一行が。しかもお腹を空かせている。
お婆さんは根芹を、お爺さんは焼いた国栖魚(鮎)を献上。
尊い方はお魚を裏返して食べるなどという事はなさらず、半身をお爺さんに下げます。
お爺さんがそれを川に放すと、なんとその魚は泳ぎだす!!このお爺さんの演技が真に迫っていて目の前に川があるかのよう。

吉兆だと喜ぶ間もなく、追手がやってきます。
うろたえる王の一行に「安心しろ」というお爺さん。
老夫婦はよろよろと橋掛から地謡前へ船を運んできます。そして王を船に隠すのでした。

狂言方扮する二人の追手。「ちょっとしか出ませんよ」と言っていましたがどうしてどうしてなかなかの存在感。王を捉えて手柄は立てたいが、面倒なことは避けたい2人。
そんな二人を相手にお爺さんは一世一代の見栄を切って追い払います。

やれやれ、と船から王をお出しして船は脇正へ。
(ここから先のお片付けは後見のお仕事)。
お爺さんは正中に下居して後見が衣の方を下ろします。
お爺さんとお婆さんは王に有難い言葉をいただき、王のお立場を思いやって涙を流すのでした。

2人が居なくなると天女登場。なぜツレが前と後と違う人がやるのかというと、お婆さんから天女に変身する時間が取れないからなのですね。
天女、ちょっと太鼓のリズムに乗りすぎで、優雅と言うよりおきゃんな天女ですね。立ち姿の美しさはさすが訓練の賜物。

次いでやってきた蔵王権現が凄い。面の色が面白くて、青銅製??と一瞬思った。袴が紫と金、上は金と薄い黄緑。私好みの派手さ。
この力強い舞が後場にもカタルシスを与えてくれて、とても満足の夜でした。

パンフレットが無かったので小書きの説明は、三宅襄の能の鑑賞講座一によると、
白頭は後シテが赤頭から白頭になり、面は不動か蔵王。位は強く重くなる。幕内で謡いだし、型も替わる。天地之声は観世流にあり、他流の白頭に似る。白頭と併用される、
とあります。


[PR]
by soymedica | 2018-11-05 17:50 | 能楽 | Comments(1)
Commented by 通りすがり at 2018-11-24 13:27 x
阪口× 川口× →坂口◯
あまりに酷すぎる
<< 銕仙会青山能十一月 清水 天鼓 狂言ござるの座58th 悪太郎... >>