狂言ござるの座58th 悪太郎 柑子 三人片輪

d0226702_23133790.jpg狂言ござるの座58th
2018年10月24日(水)19時より@国立能楽堂

悪太郎
悪太郎 野村萬斎、伯父 石田幸雄、僧 野村万作

柑子
太郎冠者 野村萬斎、主 深田博治

三人片輪
博打打 (唖)野村太一郎、(盲)中村修一、(いざり)内藤連
有徳人 野村裕基


ごさるの座、今回のトップバッターは重鎮三人。お互いに安心感のある相手だと演技が安定して悪太郎のおかしみも増します。
良い意味で三人が楽しみながら我が家でやっているような感じ。
萬斎もオリンピックなんかにかかわらないで、狂言と世田谷PTだけやっていればいいのに。

柑子もまたシテが萬斎。なぜ連続して、と思ったら「ごさるの座」は萬斎の会だったのだ。万作一家の会かと何となく思っていました。
柑子は万作が得意としている曲ですが、萬斎も臭みの無い演技ができるようになってきて面白い。

三人片輪。これ、タイムリーですよねー。官公庁の障碍者採用ごまかし事件の真っただ中ですものね。
こちらの有徳な裕基君は、積極的に障碍者を雇用しようとするのですが、博打打が障碍者に化けてやってくる。
この三人が留守中に宴会をやるのが見どころ。

お家の会を続けて観ていると、若い役者の成長がわかって面白い。中村&内藤、まだまだではあるけれど、狂言小舞、昔よりは上手くなりました。
太一郎は子供のころからやっているので一日の長がありますが。
皆偽装がばれて、ドタバタと退場。
裕基君、背は高いんだけれど何となく演義から受ける印象がまだ子供ですね。皆に守られているけれど、お父さんがオリンピックにかかりきりになったら君がお家を背負うんだよ!


by soymedica | 2018-11-01 17:37 | 能楽 | Comments(0)
<< MUGEN∞能 千鳥 国栖 橘香会 姨捨 >>