人気ブログランキング |

銕仙会定期公演十月 龍田、鳴子遣子、項羽

d0226702_21510458.jpg銕仙会定期公演十月
2018年10月12日(金)18時より@宝生能楽堂

龍田 移神楽
シテ 鵜沢久、ワキ 則久英志、ワキツレ 館田善博、野口能弘、アイ 善竹大二郎
笛 八反田智子、小鼓 幸正明、大鼓 國川純、太鼓 小寺佐七
後見 浅見真州、谷本健吾
地謡 清水寛二ほか

鳴子遣子
シテ(茶屋)善竹十郎、アド 善竹富太郎、善竹大二郎

項羽
シテ 浅見慈一、ツレ 観世淳夫、ワキ 福王和幸、ワキツレ 村瀬提、矢野昌平、アイ 善竹富太郎
笛 藤田次郎、小鼓 森澤勇司、大鼓 柿原光博、太鼓 大川典良
後見 長山桂三、観世銕之丞
地謡 浅井文義


本日の龍田はシテが人気の鵜沢久とあってか比較的空席が少ない。学生さんと思しき団体も。
まず、大小前に一畳台とその上に小宮が出されます。
全国を旅しているお坊さん(物見遊山では無くて法華経を収めているらしい、神社にも行くところが室町時代)が奈良から龍田川に着きます。この大口はいたお坊さん、朗々とした声が素晴らしいなあ、と思っていると向こうからこれもまた素晴らしい声の呼びかけが。この「のうのう」で見所の心を鷲掴みする鵜沢久って凄い。

女は榊を持った巫女。僧が川を渡ろうとするのを引き留める。
「竜田川紅葉乱れて流るめり渡らば錦中や絶えなん」
「竜田川紅葉を閉づる薄氷渡らばそれも中や絶えなん」
の歌を中心に問答がなされるのですが、結局川を渡ったのか渡らないのか良くわからない…。

僧がご神木に礼拝したりという間に、巫女は「実は私は龍田姫」と言って、宮の中に入ってしまう。

里人の善竹大二郎。この人も負けずに良い声で朗々と語ります。声も体も大きな人だとは思っていましたが、こんなに良い声だったろうか。

僧たちがうとうとしていると、宮から龍田明神が。頭には紅葉の冠、朱赤の大口の模様は金の水に楓が流れているし、薄いオレンジの長絹も楓模様。ここから見ると、あんまり美人じゃないなあ。
「移神楽」と言う小書きは通常は神楽が後半から神舞へと変化するが、後半も特殊な神楽になるというものだそう(良くわからん)。この場合シテは幣では無く神楽の最初から扇をもって舞う、とあります。

最後に橋掛へ行くのですが、「…もみじばちりとぶ、…みそぎのぬさの」のところの型が印象的でした。
この人、とても小柄だと思うのですが、舞台で動いていると大きく見えますねえ。

面は前シテが 作者不詳で形替孫次郎、後シテが洞水作の僧女。


狂言の鳴子遣子。前は善竹家の狂言って今一つだと思っていたんですが、最近なかなか面白い。
お話は船舟と茶壺ををあわせたような筋。
何だか十郎の足袋が緩そうなのが気になりました。


項羽は初めて見る演目です。
まずやってくるのが草刈りの福王一行。「敦盛」のシテが持つような草の束を肩に担いでいるのですが、そこには綺麗な花も刺してあります。家へ帰ろうと舟を待っていると、後見が舟の作りものを常座に起きます。船頭がやってきて、乗せてやるには船賃がいると。船賃は一本の美人草。
そして船頭は項羽と劉邦の戦いの様子を聞かせます。そういえば漢文の時間に習ったな。「…騅ゆかず。虞や虞や汝をいかんせん」でしたっけ?
ここのところ、シテが素晴らしい。
そしてなかなか尉面が素敵。

どうやら能では項羽は自分の首を自分でかき落としたと言うことになっているらしい。

自分は項羽であると明かした船頭は中入り。

本当の渡守がやってきて、びっくり。自分が渡した覚えの無い一行が川を渡っている。さては項羽の霊がでたな、と。
渡守の話の後、正先へ一畳台が出されます。

するとそこに虞氏に続いて項羽が。
中国をイメージしているのでしょう。二人とも凄く豪華な衣装です。
どうも一畳台は高楼に見立ててあるらしく、そこにのった虞氏は前方に降りることで身を投げることになります。
嘆いた項羽は一畳台に乗り、矛を降ろして虞氏を探し求めます。(なんだか水死体を探しているようでもあるけれど)。

シテは戦いの様子を見せるのですが、矛の扱いが上手い。
今まであまり気にしたことのない浅見慈一ですが、ちょっとファンになりました。

項羽は衣装や持ち物が華やかで動きもあり、そんなに長くないし、入門編にも良い曲だなと思いました。

面は前シテが出目満志の笑尉、後シテが洞水の筋男。
ツレは小面(銘 閏月)、作者不詳。


by soymedica | 2018-10-18 17:20 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂定例公演十月 右近左... 国立能楽堂九月開場35周年記念... >>