国立能楽堂狂言の会 舟渡聟 清水 禰宜山伏

d0226702_15200321.jpeg国立能楽堂 狂言の会 家・世代を越えて
2018年5月25日(金)18時30分より

舟渡聟 和泉流
シテ(船頭)野村万作、アド(聟)高澤祐介、小アド(船頭の妻)野村又三郎

清水 和泉流
シテ(太郎冠者)野村萬、 アド(主)野村右矩

素囃 鞨鼓
笛 成田寛人、小鼓 森貴史、大鼓 佃良太郎

禰宜山伏 大蔵流
シテ(山伏)山本東次郎、 アド(禰宜)茂山千五郎、(茶屋)松本薫、(大黒天)山本則重
笛 成田寛人、小鼓 森貴史、大鼓 佃良太郎


同じ流派だけれど、でも違うお家同士の競演(共演?)。この中では大蔵流の山本家と茂山家が一番肌合いが違うような。
最初は万作の胸を又三郎家が借ります舟渡聟
客待ちをしている船頭のところに高澤祐介の婿が酒樽と鯛を持ってやってきます。今回の鯛はとっても薄い。
無理やり酒をねだる船頭と飲まれてしまう聟。隣のお二人は狂言が初めてらしく「これ、面白いな」と。大ウケでした。

さて、やってきた聟が酒をせびった客だと気づき、髭を落として変装したつもりになって対面する万作。髭を落としたのだから、口元を隠さない方が変装になると思うのですがね。
最後は酒宴になって小舞。「まりは枝にとまった」という小歌、何なのでしょうか。
記憶では面目ない、と舅が恥じ入って幕に入るものもあったかと思うのですが、謡でとめていました。
万作が素晴らしいのはいつもの事ですが、聟にしては見かけがちょっと老けている高澤が上手かった。


清水は萬の方が万作より元気そうだなー、と思いつつ爆睡。失礼いたしました。他の方のブログを拝見すると大変面白かったらしい。残念。
そして休憩の後は素囃から禰宜山伏へ。


禰宜で山伏なのでは無く、性格の悪い山伏と気弱な禰宜の話しの禰宜山伏。東次郎の「山伏です」のせりふを聞いて、ああそうそう、山本家は「です」って言うのよね、と。
そしてふと気づいた。茂山家のせりふって京都なまりでしょうか、アクセントが明らかに違います。
有難い大黒様を拝んでどちらに分があるか決着をつけるのですが、もちろん性格の悪くてがさつな山伏が負けます。
体力があって若い千五郎が山伏をやるのでなく、逆の配役になっているのが面白く、そして両者の上手さを際立たせていました。


満足した一日でした。


[PR]
by soymedica | 2018-06-03 10:52 | 能楽 | Comments(0)
第三十六回テアトル・ノウ東京公... >>