第三十六回テアトル・ノウ東京公演 屋島

d0226702_14335325.jpg第三十六回テアトル・ノウ 屋島
2018年5月12日(土)14時より@宝生能楽堂

仕舞
花月 味方団
籠太鼓 観世喜正
野守 観世淳夫

舞囃子 
天鼓 片山九郎右衛門

屋島 弓流 素働しらはたらき 那須与市語
シテ 味方玄、ツレ 武田祥照、 ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 野口能弘、御厨誠吾 アイ 野村萬斎
笛 杉信太朗、小鼓 成田達志、大鼓 亀井広忠
地謡 片山九郎右衛門ほか
後見 味方團、清水寛二


楽しみいしていたテアトル・ノウ。今年は屋島。何回か観ているのですが、見どころが色々あって振り返ると印象が散漫になる曲。
今回は萬斎の那須与一語もつくとあって満席の満席。
囃子方は長裃。地謡も裃姿です。
ふっと気づくと前の席のおばさまはヒョウ柄ブラウス。関西からの味方家の追っかけか?!

夕方の屋島に僧の一行がやってきます。宝生欣哉、一時やけに肩に力の入った感じだったのが最近それが無い。瀬戸内の夕方が見えるようです。
囃子も絶好調。
僧の一行は塩屋の翁と漁師に一夜の宿を借ります。僧たちが都から来たと聞くとなぜか涙する二人。
ここでアイの萬斎が登場して橋掛かりにひっそりと座るのですが、やはりこの人目立ちますね。目立つことをしているわけではないんですけれど、周りのお客さんが皆そっちに一瞬視線を向けるのがわかる。自分の演技に自信の無いシテ方はこの人呼ばない方が良いんじゃないか。(味方玄は大丈夫。)

翁が屋島の合戦のありさまを眼に見えるように語ります。前半のヤマですね。シテとツレの語りのつなぎ方が見事。錣引きの話、佐藤継信の最後、囃子方も力いっぱいです。
ここで水衣の型をおろした翁、何事かを予感させるようなことを言って去って行きます。

ここで後見座に裕基くんが。お父さんの那須与一語の後見というよりはお勉強でしょうか。いつ披きかなぁ。
萬斎の那須与一。何回か観た万作のとはかなり質が違う。人の演じ分けは万作よりはっきりしている。そして前回観た時(能のアイではなくてこれだけ独立した公演だった)より所作が自然で上手い。

さて、この間小鼓は床几を蔓桶に変えるのがお約束。
語り終わった本当の塩屋の主は橋掛かりから退場。
ついに義経の霊が出てくる。

一応、義経は床几にかけますが、すぐに立って弓流しへ。落とした弓を一の松から見るところが見せ場できれい。
横歩きするのは、馬が流される様子を模写しているのだそうです。
この合戦のありさまをもっと見ていたいな、と思っているうちに。終板へ。

この「今日の修羅の敵は誰そ、なに能登の守教経とや」との詞章がとても好きなのですが、味方玄、ここも素敵。
義経はそのまま幕に走り入ります。
常座でこちらを向いて留める欣哉が良かった。

面は前シテが三光尉(作者不詳、味方家所蔵)、のちシテが三日月(出目胴白作、味方家所蔵)。


来年は7月13日(土)宝生欣哉のワキで定家だそうです。


附)那須与一語は「これは讃岐檀ノ浦に住まいする」と始まりますが、讃岐の檀ノ浦と関門海峡の壇ノ浦は木偏と土偏で違うのだそうで、間違っているわけではないそうです。


[PR]
by soymedica | 2018-05-28 21:31 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂狂言の会 舟渡聟 清... 銕仙会定期公演五月 咲嘩 朝長 >>