国立能楽堂定例公演三月 太刀奪 求塚

d0226702_09403706.jpg国立能楽堂定例公演三月 
2018年3月16日(金)18時半より

太刀奪 大蔵流
シテ(太郎冠者)善竹忠一郎、アド(主)善竹隆司、(通りの者)善竹大二郎

求塚 観世流
シテ 観世清和、ツレ 坂口貴信、林宗一郎、角幸二郎、ワキ 福王茂十郎、ワキツレ 福王和幸、福王知登、アイ 善竹十郎
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 観世新九郎、大鼓 亀井忠雄、太鼓 小寺佐七
後見 武田宗和、武田尚浩、上田公威
地謡 観世銕之丞


遅れて行ったので求塚から。笛の藤田が入ってきて痩せたなー、と思う。そして全体に色が白くなった感じ。ご病気でしたか??
そう思っているうちに大小前に塚が出されます。
西国から来た僧三人が浦々を伝って生田の里にやってきます。謡、福王パパが圧倒的に上手。

三人は遠くに見える綺麗な菜摘女たちに土地の事を聞いてみようと。
と、真っ白な装束でそろえた四人の女がやってきます。本当は最後の一人(シテ)がちょっと離れてやってくる3:1なのだろうけれど、前の三人のうち一人が何となく遅れて2:1:1に見えてしまう。皆左手に籠を持っています。お正月の七草粥の寄せ植えみたいなのを手付き籠に入れて八百屋さんで売っているじゃないですか、あれ。
何だかとても清々しい感じの四人です。

福王パパがこの土地について色々と尋ねると、「フン」と言った感じで「知っているなら聞かないでよ」「そんなことも知らないの?」「求塚なんか知らないわよ」というツンデレな人たち。何となく三人声をそろえて言うと怖い。やっぱりこの世の人ではないのだな。
求塚のここの所、好きです。

三人の女が居なくなってしまい、一人だけ残る。その女がながながと求塚のいわれを語る。ああ、求塚とは乙女塚の音のずれから来ているのだな、と思いながら見ている。さすがに観世清和、上手い。地謡が二人の男が「刺し違えてむなしくなりぬれば」と謡うのですが、そこで菜摘女が左手を胸に充てる仕草をするところ、素敵でした。
その女も消えてしまいます。

アイ語り。凄くゆっくりした語りでした。悪くはなくて雰囲気に合っているなー、と思っているうちに寝てしまった…。

さて、僧たちが処女を弔っていると塚の中から声が。
前場のときも思ったのだけれど、久しぶりに聞く観世清和の謡、こんなだったかなー。ちょっと変えたのだろうか。

引き回しが下ろされると、中には病み衰えた女。前場で使った面とこの面と雰囲気のどこかが似ているのか、本当に前場の女がやつれた感じ。
装束もどこか連続性を感じさせる。
シテとワキの掛け合いが素晴らしい。丁々発止という感じ。
「あら熱や耐えがたや」のところで腕を交差する型もgood。

扇をうまく使っているのだがこの扇がまた素晴らしい。このために作ったものだろうか、青っぽい金属光の地に遠目には金の植物のむこうに真っ赤な三日月(?)模様。

最後の「亡者の影は失せにけり」。最初は下居で扇で顔を隠す。二度目は立って出るのだが、この姿が美しかった。
満喫しました。

面は、前シテが出目の節木増、後シテが氷見の霊女りょうのおんな、ツレは小面(金剛大夫極有とあったがどういう意味か?)、栄満(人偏だったが)の小面と、作者不詳のいなのめ

[PR]
by soymedica | 2018-03-23 13:03 | 能楽 | Comments(0)
<< 狂言ござる乃座57th 佐渡狐... 万作狂言会 蝸牛 孫聟 >>