花花能 蝸牛 土蜘蛛

d0226702_13273829.jpg成田美名子画業40周年記念 花花能
2018年2月13日(火)19時より@GINZA-SIX 観世能楽堂

舞囃 天鼓 盤渉
観世銕之丞
笛 杉信太朗、 小鼓 大倉源次郎、 大鼓 國川純、 太鼓 三島元太郎
地謡 柴田稔ほか計5人

蝸牛
シテ(山伏)野村萬斎、 アド(主)中村修一、 小アド(太郎冠者)高野和憲

土蜘蛛 入違之伝
シテ 谷本健吾、 ツレ(源頼光)観世淳夫、(胡蝶)鵜澤光、 トモ(頼光ノ従者)安藤貴康、 ワキ(独武者)大日方寛、ワキツレ(従者)御厨誠吾、野口能弘、 アイ(独武者ノ下人)内藤連
笛 一噌庸二、 小鼓 田邉恭資、 大鼓 大蔵慶乃助、 太鼓 林雄一郎
地謡 浅見真州ほか
後見 観世銕之丞、鵜澤久、浅見滋一


漫画「花よりも花のごとく」の作者成田美名子さんの画業40周年を記念した催し。3日間にわたって行われ、本日が最終日。
漫画の登場人物に具体的なモデルは居ないそうですが、このキャラクターはあの人の条件や年齢を変えてつくってあるんだな、と読める部分もあり、楽しい。

お祝いムードのなか、席へ。やっぱりこの能楽堂、ロビーが狭いなー。

舞囃は銕之丞の力の入った天鼓。ちと長いかな。お囃子が舞囃子と土蜘蛛とで全員入れ替わるのが贅沢。

狂言は皆の好きな蝸牛。かたつむりとは「頭が黒くて腰には貝をつけ、角のあるものだ」と聞かされた太郎冠者が間違って山伏をつれてきてしまう話であることは有名ですが、萬歳の黒々した頭と黒い頭巾を見てふと思ったのは、白髪や禿頭の演者だったら「頭の黒い」というのは山伏の頭巾のことになるのか?…でしょうね。
中村の長裃、初めてみるなかなか面白い柄ですが、大分生地がくたびれた感じ。
リズムにのった楽しい演目ですが、楽しく見せるのはなかなか大変なのでは。ベテランの萬歳と高野のコンビでとても良かった。


あまりに有名なのに、「親子のための」「子供のための」のような催しで出されることが多いためなのか、実は見るのは二回目の土蜘蛛
まずワキ座前に一畳台が出されます。模様は渋い。銕之丞がその後ろに葛桶と小袖を持って控えています。

御病気の頼光が一畳台の上に座り、葛桶に左手をのせ、さらにその上から小袖をかけると、なるほど病気で脇息にもたれている体。わきには従者が控えています。頼光様、型には風格があるのですが。従者、頼光、胡蝶の三人のうちで胡蝶が圧倒的に上手だなあ、と思っているうちに胡蝶と従者は切戸から退場。

怪しい僧が登場。僧は怪しい歌なんぞを読むんですが、正体を見破られて、むははははぁ、と襲いかかると間一髪で頼光は太刀を浴びせて難を逃れるのでした。ここで蜘蛛の巣が地謡にかかるんですが、うっとうしくても払っちゃいけないんでしょうね。置物のように座り続けていました。

頼光の急を聞きつけてやって来た独武者。橋掛かりで蜘蛛とすれ違います。怪しい雰囲気。
蜘蛛の名がした血をたどって独武者は探索へ、頼光も退場。

あんまり強そうでは無い武者の内藤連が「これから蜘蛛退治だ、蜘蛛退治だ、僕も連れて行ってもらおう」とアイ語り。すげなく「お前は来なくて良い」と断られます。

ここで一畳台を大小前に動かし、カバーを一枚外すと、また別の縁取りが出てきます。ふーん、一畳台の上は緑のフエルトが貼ってあったんだ。
そして上に蜘蛛の塚が載せられます。

二人の従者を連れた独武者が血の跡を辿って塚を発見。
ついに引き回しが下ろされ、蜘蛛が。両手に蜘蛛の巣を握りしめているのがはっきりわかってちょっと(以外にひと巻きが大きい)。

蜘蛛と武者たちの大立ち回り。糸が盛大に投げられます。最初に塚のわきから出た蜘蛛はまた塚に逃げ帰り、正面から出てきたりと、大サービス。欲を言うと、糸投げと糸投げの合間が、懐探ったりただ歩くだけだったりと残念な感じですが。
この蜘蛛の面がちと間抜けな感じで憎めない。

最後に蜘蛛はやっつけられて仏倒れ。倒れた時に面を直していたけれど、あれはちょっといただけない。
独武者の太刀は糸だらけになってしまいましたが、これには懐紙を出してぬぐう、という所作は無いものと見えて、そのまま退場していました。
パチパチパチ。

退場する囃子方が飛んできた糸を丸めて袂にいれてホッと息を吐いたので笑いました。


写真は春日大社観音寺。土蜘蛛塚と言われるものは京都に何カ所かあるらしいのですが、この境内に土蜘蛛塚の一つがあります。



[PR]
by soymedica | 2018-02-23 14:44 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂定例公演二月 痩松 熊野 銕仙会定期公演二月 弱法師 地... >>