国立能楽堂定例公演一月 鬼継子 忠度

d0226702_15335448.jpg国立能楽堂一月定例公演 
2018年1月19日(金)18時30分より

鬼継子 和泉流
シテ(鬼)石田幸雄、 アド(女)野村萬斎

忠度 宝生流
シテ(老人・平忠度)佐野登、 ワキ(旅僧)福王和幸、 ワキツレ(従僧)村瀬慧、矢野昌平、 アイ(所の者)高野和憲
笛 森田保美、 小鼓 森澤勇司、 大鼓 石井保彦
後見 宝生和英、渡邊茂人
地謡 辰巳満次郎ほか



鬼継子はたぶん見るのは初めて。狂言の鬼はちょっと間抜けでしかも女好きが多いのだが、この主人公も一人子供を抱いて夜道を歩く女にプロポーズ。子守を頼まれたらその子を食べたくなってしまう。
女の夫が地獄に落ちている理由が、「老馬の歯を作り変えて若馬にして売った」というのがなるほどなるほど。
あんまりオチの無い話。
石田幸雄と萬斎の組み合わせって好きだな。


忠度は見るたびだんだん好きになる話。
藤原俊成の身内の僧たちが西国行脚をしている。とても若い一行。福王和幸は「旅の僧」というにはぴっちり小綺麗すぎる印象で損をしているような気がします。この度の村瀬の謡は三人でやっているせいかまあまあ。少しずつよくなっています。

なんだか良い桜の木があるぞ、と言っているところにお爺さん登場。
汐を焼いて作っているお爺さんにしては品がよろしい。教養もある。ただ気になるのは、後ろを向くと鬘の下から真っ黒な髪の毛が首筋に。
忠度の話をし、一夜の宿ならこの桜の木がよろしいではないか、という老人。

中央で着座しているシテの杖の位置を直す後見。ちょっと不思議だったけれど、最後には体の向きを変えてすっと杖を持って立ち上がる。
考えてみるとこの能の前場は割と長いのだけれど、さらさらと演じた感じがしました。
この人の持ち味なのでしょうか。

アイは高野。今日はずいぶんと格式ばっているなー、と思ったけれど格調高くて良い語りでした。
桜のいわれ、「さざ浪や」の歌を入れると俊成が約束したいきさつなど、語ってくれます。
満足しました。

後シテ登場。
「あなた、俊成の縁者なら、定家に頼んで私の歌に名前をちゃんと入れてください」と、かなりはっきり頼む。
そしてちょっとの間床几にかけますが、その後は橋掛かりまで使って忠度の最後を再現。
これもダイナミックというより、いかにも平家の上品な武者というイメージなんですが、
最後に「箙をみれば不思議やな、短冊を」のところで手が上手く後ろに回らず手間取る。
後見がすかさず手伝います。

忠度って本当はどういう人だったんだろう。勇猛な田舎育ちの武将で、でも和歌が好き。どちらの面を強く押し出すか演者によって違うのかしらん。本日は後者の方のお考えだったのかしらん、と思った一日でした。

また近々この曲を観てみたい。

本当は江崎欽次朗がやるはずだったワキ。ご病気だとか。昨年8月に拝見した時にはお元気そうでしたが、ここのところ立て続けですので心配ですね。

面は前シテが三光尉、後シテが中将。




[PR]
by soymedica | 2018-01-30 21:42 | 能楽 | Comments(0)
<< Noh Climax 銕仙会定期公演一月 翁 玉井 ... >>