Disgraced 恥辱

Disgraced 恥辱 

2016年9月21日19時より@世田谷パブリックシアター
作:Ayad Akhtar アヤド・アフタル
翻訳:小田島恒志、小田島則子
演出:栗山民也
小日向文世、秋山奈津子、安田顕、小島聖、平埜生成

パキスタン出身のイスラム教徒であることを隠し、インド出身と何となく思わせて、ユダヤ系ロー・ファームのパートナーの座を狙う弁護士のアミール。妻は進歩的で自由な考えを持つアーティストの白人エミリー。
妻のキュレーターのユダヤ人画商。その妻は同じローファームの弁護士で黒人。
イスラム過激派として逮捕されている友人の弁護を頼みに来た甥。

アーティストである妻の、偏見の無い、ある意味進歩的で独善的な考え方がすべての均衡を壊していく。

メトロポリタン美術館にある、ベラスケスの「ファン・デル・パレーハの肖像」がモチーフとして上手く(いや、どぎつく)使われています。

というお話だとは少しも知らず、行ったのですが、大変面白かった。
原作の力もあるし、俳優たちの実力も十分。

でも、ここが日本だから、「色々考えさせられるわよね」などと悠長なことを言ってお芝居を見ていられますが、これ、9.11後に書かれた話でNYで上演されている。相当刺激的なのではと思いますが、アメリカでもっとも製作されている舞台となったそうです。なんだかんだ言ってもアメリカのインテリの懐は深い。

ピュリッツァー賞受賞作。

by soymedica | 2016-09-23 20:59 | その他の舞台 | Comments(0)
<< 第13回ユネスコ記念能 鴈礫 紅葉狩 能楽堂リレー公演2016 葵上 >>