本: 能舞台の主人公たち

d0226702_14124029.jpg能舞台の主人公たち 権藤芳一 淡交社
2009年9月22日 初版
279ページ 2000円

ソフトカバーの手に取りやすい本です。
曲の解説ではなく、能の主人公となった色々な人物について解説した本です。たとえば「夕顔」については6ページが割かれており、簡単な系図、源氏物語の夕顔の出てくる部分のあらすじ、主人公となった能の曲そのものの解説や舞台の様子(白黒で小さなものですが写真が結構あります)、現代の小説があれば紹介されていますし、由来の場所などにも言及してあります。

平明な語り口ですが、古今東西の知識を縦横無尽に駆使して優しいお爺さんが教えてくれる、といった感じの本。

著者は京都の生まれで同志社大学に学び、京都観世会館に30年勤めたと言うだけあって京都の舞台や金剛流への言及が多く、それも面白いです。
お勧め。
by soymedica | 2015-07-30 14:14 | 本・CD・その他 | Comments(0)
<< 道成寺特別講座 第十三回興福寺勧進能 俊寛 舟ふな >>