観世会 東日本大震災義援能 第二部

観世会 東日本大震災義援能 5月23日6時半 観世能楽堂
3000円

仕舞 国栖 高梨良一
   葛城 キリ 小川明宏
   須磨源氏 今井泰介

狂言 鐘の音 野村萬、野村扇丞

仕舞 屋島 観世三郎太
仕舞 龍田 キリ 武田志房
    観世恭秀
   松風 谷村一太郎
   鵜之段 野村四郎
   鞍馬天狗 観世芳伸
舞囃子 頼政 観世銕之丞



能 杜若 恋之舞
シテ 観世清和、ワキ 森常好
大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎、太鼓 金春国和、笛 寺井宏明
(60分)



仕舞もだんだんわかってくると楽しいものです。
でもまあ、今日は難しいことは抜きにして、三郎太君ががんばりましたね。昨日の喜多流は完全に他の役者が子供に喰われていましたが、今回はそんなことなく、「やっぱり大人の芸は味が違う」と思わせたのは三郎太が下手なわけではなく、本来そうあるべきなのでしょう。

昨日見た喜多流と比べて、観世はショウビジネスとしての基本ができている、という感じ。素人のお弟子さんに頼ってやるのではなく、もっと裾野の広いファンを満足させるべく、切符の売り方などのビジネスから、舞台の上までしっかり統制がとれている、というのは褒めすぎでしょうか。


鐘の音
鎌倉へ行って「カネノネ(金の値)を聞いてこい」と言われた太郎冠者が、鎌倉へ行って「鐘の値」を聞いてご報告。怒った主人のご機嫌を取るべく、それぞれの寺の鐘の音を謡にし、舞を舞って見せるというもの。野村萬は上手いな~。


能 杜若
「恋之舞」の小書がつくと、短くなって、仕舞を見せるのが中心となります。
お話は、例によって旅の僧が八橋の杜若を出てくると、何やら怪しげな美女が出てきて「からころも…。」の歌を教えて、「うちに泊まっておゆき。」ホイホイと付いて行くと、美女は在原業平の冠と高子后の唐衣を着て出てきて、舞を舞う、という話。

ゆっくりゆっくりした舞、と解説書にあったので、眠くならないかと心配でしたが、すごく綺麗で楽しめました。これを衣装をつけないで舞ったらどうなのだろう?やはりプロが舞うと楽しめるのだろうか?

今日も笛はいつもの人。(女性だと思っていたらなんと男性とご指摘を頂いた。)あの人ばかり働いているような気がする。
小鼓は本日は調子良かったです。


ところでところで、3月に最初に見た時と比べて、皆さん御髪が黒くなりましたね。染めてないのは家元と野村萬くらい?


能の鑑賞講座 1 三宅襄 檜書店
あらすじで読む名作能50 多田富雄 世界文化社
[PR]
# by soymedica | 2011-05-24 08:23 | 能楽 | Comments(0)

喜多流職分会

d0226702_20332052.jpg


喜多流職分会 平成23年5月自主公演能
2011年5月22日12時 十四世喜多六平太記念能楽堂
全席自由席 6000円

橋弁慶 
シテ 内田安信、シテツレ 佐藤寛泰、子方 内田貴成
アイ 大蔵吉次郎、アイ 大蔵教義
後見 粟谷辰三、塩津哲生
大鼓 佃良勝、小鼓 住駒充彦、笛 寺井義明
(45分)

狂言 口真似
シテ 大蔵彌太郎、アド 大蔵千太郎、小アド 大蔵基誠

湯屋
シテ 高橋呻二、シテツレ 塩津圭介 
ワキ 福王知登 ワキツレ 村瀬提
後見 高林白牛口二、金子匡一
大鼓 安福光雄、小鼓 鵜澤洋太郎 笛 寺井宏明(?)
(90分)

仕舞 網の段 
狩野琇鵬

船橋 附祝言
シテ 粟屋能夫 シテツレ 大島輝久
ワキ 福王和幸、ワキツレ 喜多雅人、ワキツレ 村瀬慧
アイ 宮本昇
後見 粟屋幸雄 佐々木宗生
大鼓 柿原弘和、小鼓 大蔵源次郎、 笛 藤田次郎(?)、太鼓 助川治
(80分)



まず、橋弁慶
子方がかわいらしくセリフを言って立ち回りもする、というもの。でも五条の橋で千人切りするのって、弁慶じゃなかたっけ?牛若丸が千人切りするのだったけ。どうやらシテは子方のおじいちゃんらしい。子方はセリフも元気よく、うでがしびれちゃうよ(?) と思いながらもかっこよく決まって、かわいらしい。本当の年齢は何歳なんだろうか(12,3歳の、とセリフでは言われている)。子方のでるものなのに、お友達があんまり見に来てないですね。残念。
おじいちゃんのほうは途中でセリフを忘れちゃって、地謡がプロンプトしてた(とても良い声の人でしたが、誰だったのだろう)。



狂言はなかなか面白かった。これは彌太郎が可笑しい。小アド(酒癖の悪い近所の人)、の退場がもう少しなんとか工夫があるのかと思ったけれど。


湯谷

現代だったら我儘なベンチャー企業の社長と美人で心根優しい愛人の物語、と言ったところでしょうか。これで愛人を里に帰さず、彼女がお母さんの死に目に会えなかったら、「おれが悪かった」と心から謝るのだけれど、きっとまた同じようなことを繰り返すという金と権力はあるダメ男…。

ここでもまたまたシテツレ(朝顔)がセリフを忘れて地謡に教えてもらってた。大丈夫?

シテは手がごつい人。前のほうの席だったので妙に気になる。
人気曲とのこと。うーーん。
ワキは福王というからには福王和幸と兄弟?三白眼の眠そうな感じがよく似ている(失礼)。


仕舞。この人とっても高齢なのかしらん。厳しい先生という感じ。髪の毛は染めないほうが(あ、私個人の好みです)。


船橋

これが本日のお目当て。シテの粟屋能夫が良かった(直面の前半もなにやら怪しげな感じが出ていた)。またまたシテがセリフを教えてもらっていたけれど、たぶんそれはシテツレがセリフを飛ばしたせいだと思う。



笛はどう見ても湯谷と船橋、同じ女の人なのだけれどどうなっているのだろう。この人、きっと前にも観世会で聞いたことがある人で私は好きだけれど、この人ばっかりたくさん働かせて大丈夫なのかな。


見所は今までで一番平均年齢高し。の前のほうに座っていたのだが、全員が謡本片手。皆さんお弟子さんなのかな。しかしお客さんが謡本を持って見ているとわかっていてセリフ忘れちゃうってちょっと…。



参考:
湯谷  演目別にみる能装束 観世喜正・正田夏子 淡交社
    あらすじで読む名作能50 多田富雄 世界文化社
    能の鑑賞講座 1 三宅襄 檜書店
湯谷 橋弁慶
    能の表現 清田弘 草思社
[PR]
# by soymedica | 2011-05-22 20:36 | 能楽 | Comments(2)

国立能楽堂 定例公演 飛越 石橋

国立能楽堂 定例公演 飛越 石橋 
5月20日午後6時30分開演
正面席:4320円




飛越 
シテ(新発意) 野村万禄、 アド(何某)小笠原匡


お茶会に参加することになったシテは物知りのアドを連れて行くことに。道々得意げに茶道の蘊蓄を傾けていたアドは何と小川(飛び越えられるくらいだから飛越)が飛べない。それを馬鹿にするシテに、「何だお前なんか相撲大会でみっともなかったじゃないか」と得意の口先でやり返すから、さあたいへん。
と、ここまであらすじを書いてきて「もう少し面白くできるんじゃないか?」と思っちゃった。要するにシテは今でいう口先だけの蘊蓄男。そこを誇張する、とか。


石橋 大獅子
シテ(童子、白獅子)観世芳伸、後ツレ(赤獅子)関根祥丸、ワキ(寂昭法師)福王和幸、アイ(千人)野村萬蔵
笛 杉市和、小鼓 曽和正博、大鼓 國川純、太鼓 助川治


江戸時代の復曲だそうです。
中国巡礼旅行中の日本の高僧が清涼山(しょうりょうせん)に行くと、石橋が。深ーーーい谷にかかった幅の狭いつるつるした橋。でも向こう側には文殊菩薩の住む仙境があるという。それを聞いて渡ろうとする法師を謎の童子が止めます。(でも、せっかく遠くから来た要人だからと、)待っていると良いことがあるよ、と言われて待っていると、獅子が出てきて素晴らしい舞を舞う、というもの。

ワキはこの前見た背の高い人。大きい割に妙に気配が無くて、しかもじーーーーっとできる。もしかしたらワキとして上手なのかもしれない。上手く年取ってほしいな。

アイの山の精は笑ったおじいさんのお面をかけている。そして、杖の先に瓢箪をくくりつけている。何となくあのなかには美味しいお酒が入っていそう…。

そしてハイライトの獅子舞。二匹の獅子が両手を左右に伸ばした独特の姿勢で、お面をかけたまま台に上ったり、頭を振ったり、橋がかりに足を乗せたり。そういえば、私は正月の門付けの獅子舞(サザエさんの漫画に出てくるやつ)って見たことが無いが、あれもTVで見るイメージとしては頭を振りますよね。他に動かすところもあまり無さそうだけれど。

華やかで堪能しました。もっと見ていたいなー、と思うところで終了。
今回はオペラグラスを持って行ったので面や装束の細部も見ることができました。

華やかで動きのある演目のせいか、今回は西洋人率高し。能が好きになってほしいとまでは思わないけれど(そこまでは望みません)、少なくとも「今日は珍しいものが見られて良かった」と思って帰ってほしいな。


この能の解説のある本
能へのいざない 味方玄 淡交社
あらすじで読む名作能50 多田富雄監修 世界文化社
これならわかる能の面白さ 林望 淡交社
[PR]
# by soymedica | 2011-05-20 23:59 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂 普及公演 船渡聟 東岸居士

国立能楽堂 普及公演 5月14日(土曜)午後1時開演

能の「橋」物語 増田正造 

船渡聟
シテ(聟):大蔵千太郎、アド(舅):大蔵吉次郎、アド(太郎冠者):大蔵基誠、アド(船頭):大蔵彌太郎

東岸居士 橋立
シテ(東岸居士):山本順之、ワキ(男):飯冨雅介、アイ:大蔵教義、
笛:藤田次郎、小鼓:幸正昭、大鼓:守家由訓
後見:浅井文義、浅見慈一、
地謡:安藤貴康、谷本健吾、長山桂三、馬野正基、小早川修、西村高夫、清水寛二、柴田稔

正面席 4320円


とても良いお天気でした。能楽堂の前庭では、お弁当を広げる人も。
代々木駅から10分ちょっと歩いたのですが、ちょうどよく汗をかきました。食堂に入って皿うどんを注文したら、おじさんが「あと20分ではできないので他のものにしてください」と。ここで「解説は聴きません」と、言って良いものやら、言ったら「そうですか」、と皿うどんの食券を売ってくれるのか見当がつかなかったので、ハヤシライスに変更。
本当は解説はどうでもよかったのだけれど…。やっぱり、私の聞きたいところとはずれた解説でした。でも、解説者も困るのではないでしょうか。誰に向って、どの程度の話をするのか???

食堂には「○×ツアー様」という札が立っていたので、団体さんがいた模様。


船渡聟

いきなり舅どのの発声がかん高く(鶏が絞殺されているのかと思った)びっくりしましたが、聟と船頭(親子らしい)の息がぴったり合って面白かった。


東岸居士

筋といった筋は無い話です。京都見物に来た人が、橋の勧進をしている「東岸居士」の芸を見て楽しむ、というものです。なんだかやたらと抹香臭い謡ですが、舞を見せるのが目的の60分ほどの作品。この解説を書くのは大変だろうな、と思って改めてプログラムを読み返すと、さすがプロ(金子直樹)、ためになることが沢山書いてありました。560円は安い。
ほかにためになるぬえ様のブログにトラックバックしてみました。

ただ、こういうのを「普及公演」ってどうでしょうか。鬼がでてきて派手なのか、いっそのこと井筒とか。

シテの山本順之。とてもきちんとした人なのではないかと思います。あんまり派手ではないのは、演目のせいなのか、本人の性格なのか。70歳過ぎているのですね。見ていた時はもっと若い人かと思いました。


…本屋さんが勧めるので、なんだかとても高い本を買ってしまった…。「能・狂言事典」
8000円くらい(涙)。私にとって本屋さんは鬼門なのだけれど。仕事で本を買う時には1万円以下だとお買い得かなと思う程度何ですが、そのほかの本で3000円以上すると、反省しちゃうんですよね。

今ではネットでこーんな良いお写真も見られまっせ。
http://www.harusan1925.net/0406.html

参考は
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/efd7ea0ca6c9e61ac822c3b7998697da/9a
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ce03a6fbb2b6e46a35c81b6a7ed216be/9a
[PR]
# by soymedica | 2011-05-15 00:17 | 能楽 | Comments(4)

能楽への招待

能楽への招待 梅若猶彦 岩波新書

d0226702_10594630.jpg

能とは何か、の本なのですが、歴史や曲の解説もあるものの、主眼は「能楽師は何を考えて舞っているか」「何がすばらしい芸か、そこへの到達:観客側から見て、舞うものから感じて」と言うところにある本です。
一部は全く私には実感のわかない部分もあり、一瞬で消えてしまう主観的な感覚を説明することの難しさを感じさせます。
しかしながら、筆者が体験した現代劇「リア」などの話は門外漢にも良く理解できます。これはいろいろな国のいろいろな背景を持つ一流の役者たちがリア王の新解釈を一緒に演じるもので、筆者はリアの役だったそうです。「伝統芸能出身の『型』で演じる役者は長期の公演の間それを変更する必要はなかったが、現代劇出身の役者は少しずつ演技の変更をした。」とのこと。
確かにそうかもしれないと思う一方で、もっと長いスパンで考えると、型が決まりすぎていると観客が時代とともに変化するのに芸能のほうがついて行けないこともあるだろう、と思います。
ある程度の集客力を期待するならそこのところを少しずつ変化させていかないと、というのも伝統芸術の苦しいところかもしれません。

能楽関係でブログを書いたり熱心に解説執筆をしたりするのは普通の家庭から能の世界に「就職」した人が多いようです。
筆者はシテ方の家に生まれていますが、父親が早世しているらしい。その意味では一般的な芸事の家に生まれた人とはちょっと違うので、こういう解説的な本を書こうという要求がつよいのかもしれません。

2003年の出版なのにもう絶版になっています。岩波さんも最近はサイクルが早い。
[PR]
# by soymedica | 2011-05-13 11:00 | 本・CD・その他 | Comments(0)