<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

国立能楽堂定例公演二月 酢薑 三井寺

d0226702_10482048.jpg国立能楽堂定例公演二月
2017年2月24日(金)18時30分より

狂言 大蔵流 
酢薑 
シテ(酢売り)山本則孝、アド(薑売り)山本則秀

能 観世流
三井寺
シテ 観世清和、子方 藤波重光、ワキ 森常好、ワキツレ 館田善博、森常太郎、アイ(夢合せ)山本東次郎、(能力)山本則俊
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 大倉源次郎、大鼓 佃良勝
後見 木月孚行、上田公威、藤波重彦
地謡 角寛次朗ほか


いつもあんまり意識せずに正面席でも中正面寄りのブロックを選んでいたのだけれど、今回反対側を選んでみた。あんまり変わらないけれど、角度によってはワキが見えないかもね。

酢薑を大蔵流で観るのは初めてかもしれません。万作家では棒の先にぶら下げた商品を肩に担いでいましたが、こちらは脇に刺しているように見えて、両手が完全に空いています。
あとはそんなに変わらず、シャレを言い合ってめでたく終わります。山本家の狂言って、スルメのようにじわーっと味が出てくる。


観世清和の三井寺は良いだろうな、と思ったらやっぱり良かった。
最初の登場が老女もののようにゆーっくりだったのには若干閉口しましたが。深緑を基調とした装束が素敵。そして面がとても良い。めったに双眼鏡を使う事は無いのだが、しげしげ眺めてしまった。

わが子を見出す、からわが子は三井寺にいる、というのも何となく安易なシャレのような気もするが、東次郎の勧めに従って三井寺に行くことにする母。東次郎、ちょっと見ない間に色が薄くなったような。たぶんのころ少ない髪の毛が完全に白髪になったせいかと。

鐘の作り物が目付柱のところにちょっと中正面を向いて出されます。オレンジの紐がついてる。
三井寺の僧に連れられて(正確には従えて)子方登場。この子、運動神経が良さそう。
あまりに月が綺麗なので楽しもうと出てきた一行です。
(なぜ季節外れの三井寺上演かと言うと、今月が「近代絵画と能」という特集だから。パンフレットには上記の絵が掲載されています。)

ここで面白い物狂いがやってきた、と僧の止めるのも聞かずに能力が女を入れてしまう。道成寺でなくて良かった。
この女、清水寺にいた時と物狂いになっているので印象が違う。やっぱりこういうところが観世清和は上手い。橋掛かりでちょっと笹を突き出すような何気ないしぐさも決まっている。グレーの水衣の裾から除く黒地に金の模様(ススキか?)の縫箔が綺麗。

物狂いをみて遊んでいたら、後夜の鐘を衝くのを忘れた、と鐘を衝く能力。この鐘の音を則俊が「じゃーん、もんもん」と言うところで、隣のオジサンに大受け。どうやら能は初めてらしいのだけれど、是非狂言の「鐘の音」を観てほしい。

狂女も鐘を衝きたいと、止めるのも聞かずに鐘をつく。ここのところの詞章も綺麗だし、地謡も美しい。
…のだけれど、子方がとても辛そう。脚が痛いのかな。
母親だと気づいてワキに向かっていうセリフが涙声(?)

母親も子供がわが子千満と気づくけれど、僧に「おかしなことを言う狂女だ」と止められてしまう。ここの緊迫感がとても良い。

最後に子方が「自分は駿河から人買いに買われてきた」と名乗って二人そろって帰ります。子方が立てるか森も心配だったみたい。
でも、三井寺も人買いから買った子をやすやすと手放したものですね。この辺はどういう慣習になっていたのでしょうか。

最後に後見が作り物を引くのですが、ワキツレが幕に入ったのをきちんと確かめて引いたのは良かったです。

面は友閑作の深井



[PR]
by soymedica | 2017-02-26 22:09 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂企画公演 謡講 八島



d0226702_13134930.jpg国立楽堂企画公演 月間特集 近代絵画と能

2017年2月18日(土)13時より 蝋燭の灯りによる

庶民のたのしみ 謡講 井上裕久

独吟
盛久 サシ・クセ(今日観世の節・二段下ゲで謡う)
五目謡
熊野 謡講形式の素謡
井上裕久、吉波壽晃、浦部幸裕

八島 弓流 奈須与市語
シテ 香川靖嗣、ツレ 佐々木多門、ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 則久英志、館田善博、アイ 三宅右近
笛 松田博之、小鼓 鵜澤洋太郎、大鼓 亀井忠雄
後見 中村邦生、友枝雄人
地謡 粟谷能夫ほか


本日は年に一度の謡講。井上さんのお話と、井上さんのおじいさんの時代に盛んだった謡講の説明。
本日の盛久は、今の形式と昔の井上家の方式。大成版謡本というのは、観世流の全国の謡を統一する目的もあって作られた本なので、そこから外れた京観世の節付けはおじいさんの代に封印されたそうです。その再現。現在の形式(強吟)と京観世の弱銀と続けて聞かせてくれました。

五目謡というのは五目飯の五目と同じ意味で、いろいろな謡が混ざっているもの。ちょこっと謡うと次の謡へしりとりのように続いていく。間違いを芸にしてしまったような。
このほかにもいろいろの遊びがあって、先年やった替謡(替え歌)とか、「のもか謡」は「の」「も」「か」の音は言わない。うっかり行ってしまったら罰杯。

「謡講」の提灯がかかっていたら樽酒をもって参加する。「出樽」というのですが、音読みすると「しゅっそん」ですが、「そん」は縁起が悪いので「しゅったる」と言うそうです。
明治の末には途絶えてしまった謡講ですが、井上家(園家の弟子家)が復活させたとのことで、本年も3月第一週に杉本家(四条烏丸駅のそば)で行うとのこと。ちょっとそこまでは行けないけれど。

熊野の謡も楽しかったし、また来年も来てくださいね。


蝋燭能は八島
友枝昭世体調不良のため、ということで地頭に変更がありました。人づてに聞くと翌日の式能には出ていたということで、良かった良かった。

蝋燭能ってあまり好きじゃないのですが、八島のような曲は暗がりでやるのも良いかもしれない。ワキの雰囲気作りが上手だったせいかな。いかにも「夕暮れに一夜の宿を塩屋に求める僧たちと、その見る夢」という雰囲気。

香川は好きな演者なのですが、二番目物も大変に宜しい。「都から来た人」と聞いて塩屋に泊めて話を聞こうとする流れや、自分の正体をほのめかして消えるまでのストーリーが観ていてとても自然に入ってくる。

オヤ、と思ったのはツレの若い男が中入りせずに笛座の後あたりに後ろ向きに座っていること。
そして後場で再登場。
調べるとこれは喜多流のやり方なのだそうで、初めて見ました。

小書きの弓流ですが、落とした扇をこの蝋燭能の明るさで拾うのか?と思ったらその型はしませんでした。が、十分楽しめました(というか、無い方がはらはらしないから良いんじゃないかな)。
ちなみに能ドットコムの解説によりますと
通常は入らない囃子事があり、弓に見立てた中啓を落とす型をする。また、弓を拾い上げる場を演じる小書を「素働(しらはたらき)」といい、両方の小書を演じる場合には「大事(だいじ)」と称する。
だそうです。

そしてアイが那須与一語だったのにびっくり。何となく蝋燭能ってそんなことしないものだと思っていました。これはそんなに薄暗くなくても良いのでは…。もっとスポットライトあててやってあげたほうが、聞くほうも肩に力入れて聞くしね。

今回も地謡陣良し。囃子も良し。
喜多流の舞台ってやっぱり良いな。
那須与一語も聞けたしね。

面は前シテが三光尉、後シテが平太。

[PR]
by soymedica | 2017-02-24 13:18 | 能楽 | Comments(0)

鷹姫

d0226702_12402232.jpg鷹姫 
2017年2月16日(木)19時より@Bunkamura オーチャードホール
6000円

原作 W.B.イェイツ、作 横道萬里雄、演出 梅若玄祥、マイケル・マクグリン
鷹姫 梅若玄祥、老人 観世喜正、空賦麟 山本則重
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井広忠、太鼓 観世元伯
岩 山崎正道、坂慎太郎、川口晃平、山本則秀、馬野正基、松山隆之、御厨誠吾、山本凛太郎、角当直隆、谷本健吾
アヌーナ:
男声 Michael McGlynnm, Francis Flood, Nick Stoppel, Sam Kreidenweis, Dónal Kearney, Zachary Trouton, Jan Kuhar
女声 Dominique Cunningham, Miriam Blennerhassett, Andrea Delaney, Rachel Thompsonm Sara Di Bella, Hannah Traynor


日本・アイルランド外交関係樹立60周年ということで、パンフレットにはアイルランド大使も一文を寄せているし、客席にもアイルランド人らしき人たちが。
日本の能について調べていたイェイツが1917年に出版した「鷹の井戸」をもとにしています。横道萬里雄の最初の改作が能として上演されたのが1949年、その後ダンスなどとのコラボもされているようです。

孤島の枯れた泉に何年か一度に湧く水を飲むと永遠の命を得ることが出来るという。その泉を守る鷹姫と、水の湧くのをまつ老人。そこに伝説を聞いた若者空賦麟がやってくる。
しかし、鷹姫の妖術で老人も若者も水が湧き出た瞬間には眠ってしまう。

ホールの中央に能舞台と同じ大きさに区切った部分はあるけれど、地謡も囃子もアヌーナもほぼ地謡座方面に階段状に配置されて、橋掛かりに相当する部分が両側に作られた構成。照明やオブジェも使われています。両側にはセリフが日英両方の訳で表示される部分も。

アヌーナのコーラスにかぶせて謡がうたわれたり地謡の「岩」も面をかけていたり、エキゾチック。
玄祥は才能のある人だなー、と思います。

ケルトと日本の文化、ともにアニミズムが強くいきのこっていて相性がぴったりなのでは。
わたしはかなーり満足して、再演があったらまた見たいと思いました。
皆さんはどうだったのでしょうか。

ただし、S席とうたっていてあんなに後ろは無いんじゃないの?)

[PR]
by soymedica | 2017-02-19 12:43 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会定期公演二月 賀茂 痩松 箙

d0226702_14235997.jpg銕仙会定期公演2月
2017年2月10日(金)18時より@宝生能楽堂

賀茂
シテ 鵜澤光, 前ツレ 青木健一、 後ツレ 観世淳夫、 ワキ 則久英志、ワキツレ 梅村昌功、野口能弘、アイ 高野和憲
笛 藤田次郎、小鼓 観世新九郎、大鼓 亀井実、太鼓 大川典良
後見 観世銕之丞、鵜澤久
地謡 西村高夫ほか

痩松
シテ(山賊)石田幸雄、アド(女)中村修一

シテ 浅見慈一、 ワキ 大日方寛、 ワキツレ 館田善博、野口琢弘、 アイ 竹山悠樹
笛 栗林祐輔、小鼓 古賀裕己、大鼓 柿原弘和
後見 浅見真州、馬野正基
地謡 浅井文義ほか


昼間は小雪が舞っていたけれど、夜には上がってしまった。
切符には余裕がございます、と言う割にはほぼ満席に近い宝生能楽堂。

この寒いのになぜ賀茂かな、と思うけれど、まずは正先に作りものが出されて、室明神の神職が兵庫県からやってきます。この出だしの謡が清冽な雰囲気を出していて上手。はるばる賀茂神社まで来てみると、白羽の矢が立っている。あれは何だ、と言いあっていると二人の女性がそれぞれ水桶を持ってやってくる。
ツレの装束がブルー系の地色でちょっと珍しい。シテはオレンジ系。

実はちゃんと本日のシテは鵜澤光、とわかってきているのに謡を聞いたら何となく鵜澤久だと勘違いしてしまった。そして後から貢献に入った久を見て、「あれっ」。親子って、声が似ますからね。
そして女たちは矢のいわれを語り、自分たちの正体をほのめかします。
中入りのところでくるくるとまわる姿がきれい。
今改めて詞章を見ると、前場は結構長いのですが、その長さを感じさせないシテ、ツレ、そして地謡でした。

そこに賀茂社の末社の神が出てくる。このアイが末社の神、っていうのが結構好きなパターンです。
ワキ僧の夢の中に出てくるわけなので、アイが僧に向かって話しかけても全くワキは反応せずに独り言になるのも面白い。
高野はアイも軽々とこなします。

天女登場。この天女は美人です。
謡はいつものごとくいつもの様ですが、観世淳夫、舞や所作は上手くなったのではないだろうか。

そして別雷神のシテが。これが中々カッコイイ。下居して袖をかずく型があるのですが、とても力強い。お稽古をしている人は「やってみたい」と思うのではないだろうか。

鵜澤光って地謡につまらなそうな顔をして座っている所を見ると、小柄な普通の女性ですが、ご本人の技量十分なうえに、舞台上でツレの力量を引き出す才能がありそうな。期待しましょう。

面は前シテが増女(堀安右衛門)、後シテが大飛出(出目満照)。
前ツレは小面(西村雅之)、後ツレは万眉(近江)


人相の悪い山賊登場。痩松というのは山賊の符牒で、収穫の無かった時のこと。あったときは肥松。そう言う説明をする山賊。痩松を嘆いていると、大荷物を持った女が夕暮れの道をやってくる。
この女からまんまと色々せしめたと思うのに、逆に身ぐるみはがれてしまう哀れで間抜けな山賊という石田が上手い。


今まさに梅のさかりなので、。生田川についたお坊さんたち。あまりに綺麗な梅に、「これは?」と地元の人に尋ねる一行。浅見滋一って50過ぎていると思うけれど、凄く若く見えます。素袍白大口といういで立ちなんだそうですが、その素袍が茶の唐草模様の裾に水色の水のデザインが入っているというもの。好きな色合わせでは無いけれど、よく似合います。

里人は「これは箙の梅と言って、梶原景季が一の谷、生田の合戦で箙にさした梅なのだ」と教えます。合戦を物語るときに正中に座っている姿がとてもきれい。
地謡が揃って聞きやすい。全列はさっきとあんまり変わっていないメンバー。囃子はちょっと賑やか過ぎるかな。

そして里人は自分は景季の幽霊だと言って去っていきます。

竹山のアイ語り、寝ていたわけではないのだけれど、あんまり印象に残らなかった。失礼。
私の席から見ると、ワキとワキツレの水衣と頭巾の色合わせがきれいだなー、とぼんやり見ていました。

そして、景季の幽霊が。背負っている梅は白梅です。現在生田神社にある梅はピンクがかった白らしいです。ただ、色々な演能写真を見ると、紅梅を使うこともある様ですね。

きびきびとした所作と若々しい地謡で戦いの様子を見せて行きます。シテは「巧み」、という感じがしますが何となくスケール感に欠けるような。一曲目の演者が若者でしたからそう感じたのでしょうか。

後シテの面は平太(近江作)。

初めから終わりまでなかなか質の高い演技が楽しめた本日でした。

写真は上賀茂神社の御手洗川


[PR]
by soymedica | 2017-02-17 08:50 | 能楽 | Comments(0)

観世会定期能二月 弱法師 舟船 胡蝶

d0226702_15221156.jpg観世会定期能二月
2017年2月5日(日)13時より@梅若能楽学院会館

弱法師
シテ 関根知孝、 ワキ 森常好、 間 大蔵基誠
笛 一噌庸二、 小鼓 幸清次郎、 大鼓 國川純
後見 観世清和、上田公威
地謡 坂井音重ほか

舟船
大蔵彌右衛門、大蔵彌太郎

仕舞

胡蝶 
シテ 武田志房、 ワキ 梅村昌功、 間 吉田信海
笛 藤田朝太郎、 小鼓 鳥山直也、 大鼓 柿原光博、 太鼓 大川典良
後見 藤波重彦
地謡 岡久広ほか


あと二回、定期能は梅若の能楽堂。ここにだけ昭和の住宅街が残ったというような印象の能楽堂。
客席の背もたれに昔の日立のマークが貼ってあります。後援していたのだろうか。

私の今年最初の観能は弱法師から。高安の里の通俊登場。森を観るのが久しぶりなせいか、「何だか年取ったな」と感慨にふけってしまい、良いお声を堪能できなかった。森は少し痩せたようにも見えるのに、能楽堂の舞台はちょっと小さいのでは??という印象。でも、ここは国立より観やすい。
間の基誠が「お布施があるぞよ」と告げて切度から退場。

そして俊徳丸登場。後の胡蝶を観ながらも思ったのだけれど、観世会でシテをやるクラスは安心して観ていられる。俊徳丸がいかにも俊徳丸という感じで登場。どう「いかにも」なんだと言われてもチト困るけれど、観ていると「ああ、俊徳丸ってこういう役よね」と思える説得性がある。
着ている水衣がなぜか三の松で謡っているときにピンクに見えて、珍しいな、と思ったら舞台まで来たのを見たら黄色でした。照明のかげんでしょうか。

遅すぎず、急ぎ過ぎず、舞台までやってきてシテ柱を「石の鳥居ここなれや」と叩きます。大きくたたく音がしたな、と思ったのは大鼓の音でしょうか。
ここからのワキとのやりとりが綺麗。垢にまみれ髪の毛もボロボロのホームレスなのに、梅の香を楽しみ、仏のありがたさを感じることができるのはお坊ちゃま育ちだからか。
このシテは非常に端正な印象を与える方ですね。前に楊貴妃だったかを観た時もそう感じたのですが。

そして地謡がまた上手い。こういう他所のお家が入らない構成でやると、解釈や方向性が統一されるためだろうか。

久しぶりに観た弱法師、満足でした。

面は、満志(江戸時代)作の弱法師


舟船は大蔵彌右衛門と彌太郎。大名の装束は新品かな。素敵でした。
この二人が狂言をやると、「昭和の初めごろの狂言ってこんなだったのかなー」という気がします。観たことも聞いたことも無いですけれど、きっと野村萬・万作家や茂山はかなり変わっているのだろうし、守って滅びよの山本家も守っているだけあって時代を感じさせることは無いのですが。


胡蝶のシテが高橋弘から武田志房に替わったという貼り紙がひっそりと張り出されていて何だか不思議なお知らせの仕方だな、と思ったら、3日にお亡くなりになっていたとは。

梅の作り物が正先に出されます。
梅の花と出会えなかった蝶が霊となって現れて梅の花と戯れる、と言う話です。そう言えば梅は虫の少ない季節に花が咲くのでどうやって受粉するのかと思って調べたら、自家受粉しにくい性質もあり、人工授粉が主流らしいですね。

話を舞台に戻すと、ワキ僧が田舎から出てきて由緒ありげな屋敷の梅を眺めている、という出だし。ワキの梅村さん、間の取り方が今一つなのと、ちょっと発声に鉛があるように聞こえるのは気のせいでしょうか。すると、綺麗な女の人が一人やってくる。このシテの謡が物凄く綺麗でいかにも蝶の精と言う感じなのでワキと雰囲気が合わない。シテの所作をみていると、「何となく腹筋が弱そう」と思えるのは何故だろう。

ワキの一行が「あの人は誰だったのだ?」と、不思議に思っていると、地元の人が。吉田信海って何となく外人っぽい顔立ちですね。あ、アイ語りは良かったです。

僧たちが夢の中で胡蝶の精に会おうと待っていると、美しい蝶が現れる。金とオレンジの優雅な姿。前半の躯幹筋弱そう、という感想は撤回。美しい舞でした。

面は満真(江戸時代)作のいなのめ

[PR]
by soymedica | 2017-02-12 16:53 | 能楽 | Comments(0)

足跡姫 時代錯誤冬幽霊



d0226702_09390180.jpg


足跡姫 時代錯誤冬幽霊ときあやまってふゆのゆうれい

2017年1月18日-3月12日@東京芸術劇場プレイハウス

三、四代目出雲阿国 宮沢りえ、淋しがり屋サルワカ 妻夫木聡、死体/売れない幽霊小説家 古田新太、戯けもの 佐藤隆太、踊り子ヤワハダ 鈴木杏、伊達の十役人 中村枝雀、腑分けもの 野田秀樹
美術 堀尾幸男、照明 服部基、衣装 ひびのこづえ


新作です。特にテーマらしいテーマやメッセージの無い本。それをこれだけ作りこむのは大変だろうな、と思いました。
お話は物凄く楽しめましたし、「足跡」が作る模様をはじめ美術や照明、衣装もすばらしい。
まだやっていますからお出かけください。

再演があったら行こうと思う。そのときはもう少し本が整理されるかもしれないけれど、今回の雑多な感じも面白い。
「これは何かのパロディだな」とか「何かからの引用だな」と思うセリフがあったのですが、次回は出典がわかるかもしれないし。

[PR]
by soymedica | 2017-02-10 08:11 | その他の舞台 | Comments(0)

狂言の会 佐渡狐 鶏猫 政頼

d0226702_09434063.jpg狂言の会 
2016年1月27日(金)18時30分より@国立能楽堂
正面席4600円

佐渡狐 大蔵流
シテ(佐渡のお百姓)山本則重、アド(越後のお百姓)山本則秀、アド(奏者)山本則俊

鶏猫 大蔵流
シテ(河野某)茂山千作、アド(藤三郎)茂山七五三、(藤三郎の子)茂山虎真、(太郎冠者)茂山茂、(次郎冠者)鈴木実、(三郎冠者)山下守之
地謡 茂山童司・宗彦・逸平、松本薫

素囃子 神楽
笛 栗林祐輔、小鼓 森貴史、大鼓 原岡一之、太鼓 林雄一郎

政頼 和泉流
シテ(政頼)野村萬斎、アド(閻魔)石田幸雄、立衆(鬼)深田博治、高野和憲、竹山悠樹、内藤連、岡聡史、小アド(犬)月崎晴夫
笛 栗林祐輔、小鼓 森貴史、大鼓 原岡一之、太鼓 林雄一郎
地謡 奥津健太郎、野村又三郎、野口隆行、中村修一


考えてみたら今月は能は見ていなくて狂言ばかり。
入口に「東次郎怪我のため則俊に変更」の案内が出ていて驚く(数日後の喜多に出演していたそうでめでたしめでたし)。

前に何回か観ているような実がしていた佐渡狐。調べたら和泉流で一度観ただけ。あの時は話題が狐に行く前にもっとお国自慢があったような気もするが。
ともかく、佐渡に狐はいないのに居ると言ってしまった佐渡のお百姓。年貢を納める先のお役人に賄賂をやって特徴を教えてもらう。教えてもらったことも忘れてしまうので、「狐はどのくらいの大きさだ?」などなどの越後のお百姓の問いに答えられず、お役人にこっそり教えてもらう。
でも、お役人の前を辞してから、越後のお百姓に狐の鳴き声を聞かれて…。
こちらが見慣れてきたのか、それとも若手が(と言っても則秀・則俊)がこなれてきたのか、昔ほどがちがちの硬さを感じなくなった最近の山本家です。

次いで同じ流派でも大分違った茂山一家の鶏猫。前回は昨年竜正くんで観ています。大分しっかりしてきて安心して見ていられるようになりました。新千作、七五三のコンビもよろしい。これ、千五郎だとかなり印象が変わるでしょうねー。
偉い人の可愛がっていた猫が鶏を取るので殺してしまった父親。それを告発して褒美をもらおうとする息子。その褒美とは、という話なのですが、かなり長い理屈っぽいセリフを竜正くん、わかりやすく言えて良かったです。

神楽は小鼓が今一つの印象でした。

政頼も前に一度観ていますがほぼ同じ顔ぶれ。地獄で暇な閻魔大王と鬼たちが、六道に出て人間を待っていると、やってきたのが政頼。政頼の見事なタカ狩りを見せられて、閻魔大王もついつい3年娑婆に戻ることを許してしまい、あまつさえ贈り物までしてしまうという。
和泉流の物かと思ったら茂山家にもあるそうです。

羽が広がる立派なタカの作りものができたので…という話を野村万作か満斎がどこかでしていたような。この作り物のおかげですっかり万作一家の曲となりましたね。
鬼たちが取った獲物のお相伴にあずかるところが好き。

所で野村太一郎、最近万作家とよくジョイントするようですが、一緒になるのでしょうかね。

[PR]
by soymedica | 2017-02-01 09:44 | 能楽 | Comments(0)