<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ござる乃座53rd 梟山伏 見物座衛門 鬮罪人

d0226702_225565.jpgござる乃座53rd
2016年3月23日(水)19時より@国立能楽堂
正面席7000円

梟山伏
山伏 野村裕基、兄 深田博治、弟 内藤連

見物座衛門 花見 
野村萬斎

素囃 早舞
笛 小野寺竜一、小鼓 森澤勇司、大鼓 亀井洋佑、太鼓 大川典良

鬮罪人
太郎冠者 野村萬斎、主 野村万作、立衆 石田幸雄、高野和憲、中村修一、飯田豪、野村裕基、岡聡史


満席。やっぱり萬斎の集客力は凄い。

梟山伏。何か出し物って波があるのか、最近別のお家で見たものを、また違う家や流派でというのが結構多い。
弟役(やっぱり弟が「太郎」というのが不思議ですが)、は日替わりですが、裕基くんを支える相手役は二日とも深田。
もうすっかり声も大人でそつなくこなしているけれど、どことなく子供子供したところが残っていて面白いですね、この年頃の男の子。
梟に取りつかれた弟を治療しようとしてみんな逆にとり憑かれてしまうのは同じですが、最初舞台には誰がいるか、とか、細部がお家によって違うので面白い。梟に勝つにはカラスの印、ということですが、鷹か鷲かの印があればそちらのほうがよかったのかな(笑)。


見物左衛門というのは、「深草祭(祭り見物に行って結局相撲になる)」とこの「花見」と二つ小書きがあり、ともに和泉流の三宅派にのみ伝わるものとパンフレットにありました。
完全な独り芝居で、いろんなところ(なんと清水寺から嵐山まで)に花見に行って、知り合いにあって、宴会して、ちょっと歌ったり踊ったり、というもの。
萬斎のうまさが凄みの域にたっしたような…。お父さんもこれには満足したのではないでしょうか。

装束は明るい色を三色つかって太い横縞に染めたもの。どこかで見たなー、と思ったらこんなきれいな色のさお物のお菓子があったような。
舞台で会話を交わす(もちろん架空の)相手の名前が「ぐずらざえもん」というのがおかしかったんだけれど、誰も笑わなかった…。

謡はプログラムに乗っていたものと変更があったようです。


休み時間の後に短いお囃子の演奏が入る。これも、能の会よりもなんだか明るく聞こえるのは気のせいか。

続いて鬮罪人。たくさんの立衆がでる華やかな演目。祭りの出し物をどうする?と町内で相談。出しゃばりの太郎冠者が檀那様方の議論に割り込んでいろいろ失礼なことを。でも、心に余裕のある石田殿は嫌がる野村万作主人をなだめて萬斎の案を採用してくれます。
ところが萬斎太郎冠者案とは、「罪人とそれを責め立てる獄卒、そして囃子」。だれも罪人になりたくないので鬮を引いたら…。

却下された出し物の案の中に「仁田四郎と猪」というのがあって何かと思ったら、曽我物語にもちょっと出てくる頼朝の武将。やはり曽我兄弟関係のお話は人気だったのですね。

ところで、出演者ほぼ全員の装束が新品に見えたのは気のせいでしょうか。皆さんぱりっとして素敵でした。
[PR]
by soymedica | 2016-03-30 22:06 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂定例公演三月 附子 小塩

d0226702_8325916.jpg国立能楽堂定例公演三月 
2016年3月18日(金)18時30分より
正面席

狂言 大蔵流 附子
シテ 山本則俊、アド(主)山本泰太郎、(次郎冠者)山本東次郎

能 金春流 小塩
シテ 金春安明、ワキ 森常好、ワキツレ 森常太郎、館田善博、アイ 山本則重
笛 一噌庸二、小鼓 幸信吾、大鼓 安福光雄、太鼓 三島元太郎
後見 辻井八郎、井上貴覚
地謡 高橋忍ほか


遅れていったので、狂言は見られず。
金春流は久しぶり。そしてもっと久しぶりだったのは森常好。美声を聞いてしみじみ最近ご無沙汰だったと感じ入る。
若い者二人連れて花見の宴会でもしようかという一行。そういえば森って出だしの表情がいつも固いなー。花見なんだからもうちょっとウキウキしても。
と、あちらに群衆に交じってひときわ目立つ桜をしょった老人。

この桜が、植物学的にちょっとどうか??という作りでものすごく気になったのですが、ま、華やかでよろしいか。
この老人(といってもきっと想定年齢は私くらいだと思うと若干引っかかる)が意外に教養高く、風流。よーく見ると襟が赤い。
年寄りのわりに意外に所作が多いんですが、「老いかくるやとかざさん」で桜をもってすーっと立ち上がるところが印象に残るほどきれいでした。

老人は桜をふっと投げ捨てると消えてしまったのでした。
お酒好きの一行ですから、今のは酔っぱらっての幻だったのか?と。
それに中入りするときのシテの背中が老人というにはあまりに美しいし。

アイ語りはそのまま小塩神社(大原野神社)の縁起となっているようです。
ふと気づくと男性客が多い。国立はほかに比べて男性のお客さんが多いような気がするのですが、そのなかでも観世だと女性客が、そのほかだと男性が多いような印象。

あの不思議な花序の桜を前後左右に付けた赤い車が出されます。
後シテは貴公子、在原業平の幽霊。中将というのは貴公子だそうですが、何度見ても慣れることはあっても美男には見えない…。前シテの時には声が老人の面とミスマッチだな、と思ったのですが、このシテの声質が後シテの在原業平にぴったりはまる。そんなに若くはないシテですが、艶やか。

赤い車が華やかできれいなのに、春宵一刻…というところで業平が車から降りると片付けられてしまうのでちょっと残念。

後半、美男とは思えない中将の面のシテを見ていると、だんだん「貴族の色男はこうでなくっちゃ」と思えてくるから不思議。この人は舞も謡も優雅だなー。
そして自分の華やかな頃の姿を存分に見せた業平はみんながまどろんでいる間に消えていくのでした。

ところで、初冠の下はご自分の髪なのでグレーが相当見える。実は男性が髪を染めるのは好きじゃない私で、地謡後列の髪の毛が真っ黒だとちょっと気になるんですが、最盛期の業平を自毛で演じるのだったら染めてもよかったのじゃないだろうか。おいかけが真っ黒だし。

序の舞の前あたりからワキ連れの森常太郎がしょっちゅう向きを変えて座りなおす。具合でも悪かったのだろうか(以前は最後で立ちにくそうにしていても、その前に動くことはなかった)。普段動かないワキツレが動くと相当気になるものですね。
地謡、囃子、主張しすぎずよく調和していました。

この小塩、たぶん観るのは二度目だと思います。本当に能の曲が楽しめるのは3回目くらいからかな。でも、本日のように春は来たけれどまだちょっと夜はコートが欲しいね、くらいの気候に観るとホンワカする曲です。

面は前シテが三光尉、後シテは中将。
[PR]
by soymedica | 2016-03-24 08:35 | 能楽 | Comments(0)

千五郎狂言会第十八回 鼻取相撲 清水 重喜

d0226702_1250670.jpg千五郎狂言会第十八回 
2016年3月17日(木)19時より@国立能楽堂
正面席6500円

鼻取相撲
茂山千五郎、茂山茂、茂山正邦

重喜
茂山千五郎、茂山虎真、茂山逸平

清水
茂山宗彦、茂山七五三

(出演者並べて書いてみると 茂 のオンパレード)
切符の売り方が下手なんじゃないか?だいぶ空席の目立つ国立能楽堂。

鼻取相撲は初めての演目。情けない大名がもう一人召し抱えよう(3000人とか大風呂敷を広げて最終的に一人に落ち着くところはお約束)と、太郎冠者を遣わすと、運よく街道で求職中の者に出会う。虚勢を張って、馬を持っているように見せたり、というのもお約束。演者同士の微妙な間の取り方が笑いを誘う。
しかし、求職している方も馬のふせ起こしが得意、とか必ず言うが本当かな。

お白洲へ回ってお目見え、ということはこの情けない貧乏大名にもそれなりのおうちがあるらしい。新しい使用人の特技が相撲、というところで、いかにも弱そうな太郎冠者はお相手をご辞退。大名自身が相撲を取ることになったが、
この相撲は、鼻をつねったり、拳骨で殴ったり…。鼻をかわらけで守るところが見せ所。


夕方人気のない泉に茶の湯のための水を汲みに行かされる清水。桜模様の長裃の七五三は元気そうなのに、宗彦、出てきて七五三の後ろに座った途端にかなり大きなため息。お疲れなのか?
いやなお使いを頼まれた太郎冠者の宗彦。かなり表情を作ります。お家によっては「表情で演技してはいけない」(山本家でしたっけ)そうですが。そういえば和泉流も結構表情で演技しますが、茂山家ほどではないし、萬斎より若い人たちはやらない。


重喜。こんな小坊主がいたら可愛いだろうな。「私にもお布施を下されますでしょうか」だって。真虎、子供子供した頼り無い顔つきが少し少年らしくなってパパに似てきました。セリフもちょっと詰まったものの、助けなしで全部言えましたし。

住職様、お布施をたくさんくれそうな檀家に明日はお出かけ。頭を剃ろうか、と。門前のいちゃに剃ってもらうつもりだったのが、いちゃ外出中。しょうがなく、重喜に剃ってもらうことに。最初にかぶっていたロールケーキみたいな大きな被り物をとると、下は普通の頭巾。胡坐をかいて用意をすると、重喜、じいちゃんにつまずいたりして早速お説教。

三歩下がって師の影を踏まず、でも、鼻をそっちゃいけませんよねー。


本日も楽しかったですが、何となく皆さん襲名を前にしているというのに意気の上がらない感じが気になりました。お疲れなのか??
皆さん、千作、千五郎襲名の特別講演は10月30日ですぞ!
[PR]
by soymedica | 2016-03-22 12:52 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂三月普及公演 空腕 田村

d0226702_1350256.jpg国立能楽堂三月普及公演
2016年3月12日(土)13時より

解説 春の「勝修羅」―「田村」と清水寺縁起
田中貴子

狂言 大蔵流 空腕
シテ(太郎冠者)大蔵彌太郎、アド(主)大蔵基誠

能 喜多流 田村
シテ 大村定、ワキ 高井松男、ワキツレ 梅村昌功、野口能弘、アイ 善竹大二郎
笛 松田弘之、小鼓 曽和鼓堂、大鼓 亀井実
後見 内田安信、谷大作
後見 香川靖嗣


お待ち申し上げていました、解説は田中貴子先生。本日は白のキュロットです。
お話の内容をうろ覚えですが書いておくと:

演じられる田村は、箙、屋島と並んで勝修羅と言われますが、田村だけは平安時代の初めの人物でほかの二人よりぐんと古い人物であることや、戦いの不条理を嘆く詞章がないことなどにより、これは祝言能に近いもの。

まず、前場ではシテの童子が桜の木の下をはいているというところからしてただものではない。この桜は地主神社という清水寺の前身の神社、いわゆる土地神の神体とされているものなのです。

今昔物語に出てくる清水寺縁起によると清水寺は坂上田村麻呂が檀那となって建てたもので、妻の産後の肥立ちが悪く、田村麿が妻に食べされるために鹿を狩る。その殺生を悔いて自宅を寄進して清水寺にしたものであるが、これは能の祝言性から省かれている。そしてまた、田村麿は東夷の大量虐殺で有名なのだけれど、それではあまりだというので、鬼退治をしたということに変更されている。

田村麿は日本皇紀によると、都守護のために甲冑を着て弓杖を携えて埋葬され、都に危機が迫るとその墓が鳴動したと伝えられている。また、平家物語では将軍塚に土人形を埋めて都を守ろうとしたが、それが福原遷都などの時には鳴動した、という話も伝えられており、のちにはこの二つの話が合体して語り伝えられるようになった。

などなどの解説がためになりました。


空腕。ここのところこの曲が出る頻度が多いような気がする。そして、大蔵彌太郎(襲名したのですね)の発声が大蔵家そのものだな、と認識する。
太郎冠者、熱演だったので、そんなに弱くて空威張りの奴には見えませんでしたが。
装束の肩衣の背には蜘蛛の巣と蟹。遠い親戚ではあるけれど、なんだか面白い。


田村は人気曲だそうですが、観るのは初めてじゃないかな。ワキの高井は明らかに右脚が悪く、そのために出だしで雰囲気を作れず損をしている。謡の調子は曲想に合っているのだけれど。
暖かな春の日、花の盛りの清水寺にやってきた東国の僧。旅の若いお仲間と見物していると、どこからともなく童子がやってくる。オレンジの着物。丸い花模様が飛んでいる(私の七五三の着物、ピンクの地に絽刺しの丸い模様が飛んでいたなー、と思い出した)。その上にグレーがかった水衣を着ている。

シテの大村定さん、喜多流のベテラン。肩に力の入らない美しい謡です。しかし、清水寺のいわれのセリフが長―い。そのあとに名所教えが入る。観るのが初めての曲だと、この辺で(観るほうが)疲れてきます。演ずるほうは疲れないのかな。
そして童子は坂の上の田村堂に入っていくのでした。この中入り、もったいぶらずにスーッと、消えていきました。

前場の詞章がとてもきれいで地謡とも合っていましたね。喜多流は宝生よりも人数少ないと思うのですが、出来にムラがない。

後場は田村麿自身に戻っていますから、童子の女の子のようないでたちとは違って勇ましい。亀甲文様の厚板に金と黒を基調とした袴、法被も金と鶯色。華やかで勇ましい。勇ましく、メリハリのある動きです。

前場と後場の対象が面白く、人気曲だということがよくわかりましたし、シテもよかった。でも、この人の持ち味はもう少し小さな(喜多能楽堂くらい)の能楽堂でより良く発揮されるタイプではないのか。国立ってなかなか難しい舞台だと思います。

面は前シテが童子、後シテは平田。
[PR]
by soymedica | 2016-03-17 13:52 | 能楽 | Comments(0)

都民劇場能 二人袴 鷺 福の神

d0226702_1775676.jpg都民劇場能 
都民劇場創立七十周年記念公演、都民劇場古典芸能鑑賞会第100回
2016年2月25日(木)18時より@宝生能楽堂 
中正面

狂言 和泉流 二人袴
シテ(聟)野村萬斎、(親)野村万作、アド 石田幸雄、竹山悠樹

能 観世流 鷺
シテ 野村四郎、王 観世清和、ワキ 野口敦弘、ワキツレ 野口能弘、野口琢弘、吉田祐一、則久英志、大日方寛、輿舁 館田善博、殿田謙吉
アイ 深田博治
笛 一噌庸二、小鼓 亀井俊一、大鼓 亀井忠雄、太鼓 観世元伯
後見 観世芳伸、上田公威
地謡 木月孚行

狂言 大蔵流 福の神
シテ 山本東次郎、アド 山本泰太郎、山本凛太郎
地謡 山本修三郎、山本則重、鍋田和宣


公演100回目にして都民劇場創立70周年目でもあるという大変にお目出度い今回。演目もそれにふさわしい。
かなーり久しぶりの中正面でしたが、ここの中正面はなかなか見やすい。

二人袴。開始の時に少しだけ見所の明かりを落とす(それが始まりの相図にもなる)会と、そのまま始める会がるけれど、今回はそのまま。とはいえ、本日のお客さんはもともと静か(お稽古の会の発展形だとうるさい)。
聟の名乗りは「舅にかわいがらるる聟」と「人のいとしがる聟」と2タイプまでは覚えたけれど、ほかにありましたっけ。本日は「舅にかわいがらるる」の方。しかしこの聟、侍烏帽子に着流しとはちと変。しかもどうも腰のあたりがもたつくと思ったら、長袴を折りたたんでしょっていたのですね。

大蔵流だと「えのころを買ってくれ」などと言って幼さを強調しますが、和泉流のこの聟はなんとまだ袴をはいたことが無い…。初めての長袴を父親にはかせてもらってギクシャクと聟入り。

大蔵流と色々違うところはあるけれど、妻が最近「青梅を好く」というところは同じ。しかし、萬斎、万作の親子、上手い。ベテランの石田も近ごろ頭角をあらわしてきた竹山も食われっぱなし(まあ、そういう曲の作りではありますが)。

一枚しかない袴を二人で分けて、後ろを見せずに舞う。挙動不審をとがめられると本日は「さすがみ(天一神)」があって回れない、という不思議な言い訳。
最後にばれて恥ずかしがって帰ります。


本来関根祥六が舞うはずだった。野村四郎が急遽代役。昨日の対談にも出られなかったくらいですから関根祥六、大丈夫だろうか。インフルエンザ程度だと良いのですが。
私は野村四郎ファンなのでそれはそれでラッキーでしたが。

まず深田が神泉苑への帝のお成りを告げます。深田、ちょっとやせたかな。そして何だかハンサムになった感じ。
帝は輿舁の他にも6人もつれて凄いものです。普通の烏帽子が3人、風折烏帽子が2人、侍烏帽子が一人。帝を称える同吟がきれい。あんまりワキの大勢の同吟がきれいと思うことは無いのですが。

どこか遠くの正面席で誰かの補聴器のハウリングがうるさい。ああいうのは隣の人が注意して追い出すべきだと思う。

謡を聞くと今は夏らしい。
帝が神泉苑の風景を楽しむ謡を。観世清和はさすがに風格がある。
この場に何となく調和しないのが小鼓。

と、鷺が飛んでくる。一の松から一行を見渡す。野村四郎、このかぶりものだとお顔がふくよかに見える。この演目はごく若い演者か還暦を過ぎたベテランに限る、と言うのが良くわかる。さらっと演じてしかも上手で無くてはいけませんよね、ぎらぎらした「上手くやってやるぞ」という感じを出さず。それが野村四郎にピッタリ。

あの鷺を捕まえよ、という帝の命で野口がやってくる。小柄な野口が一生懸命捕まえようとするのが視覚的に面白い。
鷺は知らん顔で三の松へ。
「勅諚ぞ!」と言われると大人しく一の松のところに下居。後ろから吉田が捕まえて舞台に連れて行きます。
なかなか楽しい。

これはめでたいことだ、とお酒を飲みかわし、蔵人にも鷺にも位が与えられます。
鷺は喜んで舞います。
この舞、鷺ですから片足立ちが多い。やはり関根祥六では無理だったのではないでしょうか(別の型付けもあるのかもしれませんが)。
最後に鷺は放されて皆楽しく退場。

地謡も良かったし、満足の一曲でした。
ところで最前列の関根祥丸くん、背が高い青年になっていてびっくり。


福の神はひたすらお目出度い狂言。と言っても鷺などとは違い、もっと身近な楽しさ。
年越しのお参り(と言っても節分の年越しです)にやってきた二人組。どこからともなく楽しそうで派手ないでたちの爺さんが笑いながらやってきて、「福の神だ」と名乗る。そして二人に楽しくなる秘訣を教えてくれる。色々ある秘訣の中で重要なのが、「福の神にお酒を捧げること」。
後ろの謡、山本則重以外の二人がちと…。
でも、ひたすら楽しく華やかな舞台でした。ネットで「福の神」をひいたら。千作(四世)が直面でやっている写真が。東次郎も直面でも良かったかも。


こんな目出たい曲なのに祝言がついていましたが、何の曲だったんだろう。
[PR]
by soymedica | 2016-03-02 17:11 | 能楽 | Comments(0)