<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第45回のうのう能 鵜飼

d0226702_22583520.jpg第45回のうのう能
2015年6月19日(金)19時より@矢来能楽堂
正面席5000円

仕舞 阿漕 
観世喜之

鵜飼 
シテ 味方玄、ワキ 福王和幸、ワキツレ 村瀬堤、村瀬彗、アイ 山本則重
笛 栗林祐輔、小鼓 幸正昭、大鼓 原岡一之、太鼓 小寺真佐人
後見 観世喜正、小島英明
地謡 永島充ほか計4人


まずは観世喜正のお話から。石和川という川は笛吹川の支流で今は金川と言っているのだとか、謡曲の鵜飼は舟でやるのではなくて、歩いて川に入ってやるもっと古い形態であったとか。また、かがり火で魚を集めるので月のある晩にはやりにくく、「闇夜を喜ぶ」などの文言が曲中にあるとか。
薀蓄が一杯で楽しい。

「では次は着付けの実演です。本日は素晴らしいモデルが登場するので期待してください」

…モデルは観世喜正でありました。
解説の佐久間二郎、甲府出身だという事で登場。いつもくそまじめな顔をして謡っている様子からは信じられないほど饒舌で楽しい解説でした。


鵜飼。本日のワキ3人はビジュアル的にちょっと洗練されすぎているような気がする。福王和幸が舞台に入って謡いはじめると、ワキツレ二人は常座でちょっとの間座る。村瀬提はだいぶ謡が上手になってきたけれど、いかんせん福王和幸と音の高さが合わない。村瀬はテノールで福王がバリトンですからね。

福王流のワキで鵜飼を観るのは初めてかもしれない。「家に泊められない」と言ったものの、気の毒に思った里人が「あそこの御堂に泊めてやろう」「あれはあなたのものか?」「違う」「じゃあ、勝手に泊まるから別にあんたに泊めてもらう必要はない」「幽霊がでるぞ」と。やっぱりこの坊さんは日蓮がモデルかな。

シテはこういう催しとしては贅沢に関西から味方玄を呼んでいる。この人は本当に上手だな。鵜之段なんて、「やっぱりこれがやりたいから幽霊になって出てきてしまうんだよ」という感じできびきびと綺麗。

山本則重のアイ。非常に解りやすかった。

そして閻魔様登場。ここで閻魔様が出てくるというのが何となく意表をついている。しかもこの閻魔様どっしり座っているイメージとは違って物凄くダイナミックに踊る。堪能しましたが、囃子も凄く張り切っていたので謡が(言葉が難しいこともあり)聞きにくくてちょっと残念。

珍しく、閻魔様退場で大きな拍手をした人がいました。誰も追随しなかったけれど、こういう曲はシテの退場で拍手も良いかな。


次回からタブレットで詞章や解説を見られるようにするということです。先着30名、ということで是非と思ったら、脇正面の席でしか使えないのですって。なーーーんだ。
[PR]
by soymedica | 2015-06-21 23:02 | 能楽 | Comments(0)

本: 狂言のことだま

d0226702_2242815.jpg狂言のことだま 山本東次郎 玉川大学出版部 2002年9月

20年ほど前に書かれた「狂言のすすめ」の続編的な位置だそうです。
まえがきからしてこの人のまじめな態度が伝わってくるようです。

簡単な歴史的背景からいかにして狂言師は訓練されるか、などを書いた第一章。
有名な狂言についての解釈の第二章。これは東次郎個人の解釈という体裁をとっていますが、この人のことですからある程度は学問的な裏付けのあるところを取り入れ、かつ実際に演じている人の感想あるいは演じるときの気持ちを書きいれているのだと思います。
第三章は間狂言の役割とし10ほどのアイを取り上げて解説しています。今は演じられることのない一角仙人のアイについても言及。船弁慶についても書いてありますが、この人の船頭、拝見しましたがとても良かったです。
第四章は三番叟について。小さいころからこれを演じる日を思い父の舞台を熱心に観たとのこと。

これを読んでますます東次郎ファンになりました。
[PR]
by soymedica | 2015-06-15 22:06 | 本・CD・その他 | Comments(0)

第九回日経能楽鑑賞会 清水座頭 融

d0226702_19594980.jpg第九回 日経能楽鑑賞会 
2015年6月4日 (木)18時30分より@国立能楽堂
B席7000円


清水座頭
シテ 野村萬、アド 野村万蔵

 クツロギ
シテ 友枝昭世、ワキ 宝生閑、アイ 能村晶人
笛 一噌仙幸、小鼓 曽和正博、大鼓 國川純、太鼓 観世元伯
後見 香川靖嗣、中村邦生
地謡 粟谷能夫ほか


清水座頭は初めての演目です。まず瞽女の万蔵登場。セリフを聞きながら、「なるほど昔は盲目の女性は生きていくのも大変だったろうな」と思う。食べ物を手に入れて調理する、という生きていく根本のところが女性の役割だったはずで、そもそもそこが難しそうですものね。

やたらにゆっくりと登場した万蔵と対照的にスタスタと萬登場。狂言の筋では綺麗になっていますが、要するに清水の観音様にお参りに来た男女が雑魚寝をするうちに夫婦となるという話。酒を飲む場面で萬の「平家」が聴けるなどお得な演目です。


考えてみると友枝昭世のを見るのは二度目。ラッキーだなー。前回はワキが欣哉、今回は閑。閑は確か袴能でこの役をやっているのを観たことがあり、印象的だった。どんどん痩せて色が白くなって声が小さくなる宝生閑。こちらも月の精か。

潮汲みの友枝昭世登場。この尉の面がとても素敵。海も無いのに潮汲みをするというので僧が不思議に思って分けを尋ねる。「こんなに荒れ果ててしまって」と尉が泣くと、僧も思わずもらい泣き。慰めようと、「近隣の名所を教えて」と言う。
ここの名所教え、しっとりして能楽堂の中に月が輝いているようでした。

アイ語り、聞く方に中だるみがありましたが、前後の僧とのやりとりもきちんとされていました。しかしアイは最初野村太一郎とされていましたが、今回も他の人に。

融の登場。謡が仕草を引き出すのか、型が謡を引き出すのか、
今回脇正面だったので宝生閑の様子がはっきり見て取れたのですが、シテの方を向いて座っているときにはかなりはっきり視線を動かして舞を観ている様子。ほかのワキだと中をにらんでいる人が多いのですが、とても楽しそうに見ていました。舞っているのが友枝昭世。良い役割だな。

「幻視の座 能楽師・宝生閑聞き書き」に融について一章割かれて書いてありますが、宝生閑はそこで「舞をぼーっと見るのは楽しい」と語っています。

美しい融に「名残惜しい」と声をかけているのは観客なのか、僧なのか。もっと見ていたかったのに融は幕へ。
留めた宝生閑がちょっと大きくなったように見えました。


パンフレットの馬場あき子の解説が秀逸(いつもですが)。喜多流の宝ですな。
[PR]
by soymedica | 2015-06-08 20:02 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会青山能5月

d0226702_17322489.jpg銕仙会青山能5月
2015年5月27日(水)18時30分@銕仙会能楽研修所

仕舞 
俊成忠度 鵜澤光
笹之段 岡田麗史


シテ(山伏)大蔵千太郎、アド(兄)大蔵基誠(弟)吉田信海

夕顔
シテ(里女、夕顔上)谷本健吾、ワキ(旅僧)則久英志、ワキツレ 館田善博、野口琢弘、アイ 大蔵教義
笛 杉信太朗、小鼓 大山容子、大鼓 安福光雄
地謡 柴田稔ほか


行ってからもう一週間近く経ってしまった。
とりあえず記録ですから書いておかないと、行ったことすら忘れてしまいそう。

ということで。かけだし山伏ものなんですが、舞台の上で出演者三人が「ほ、ほー」と啼く。子供だったら見所から一緒に「ほ、ほー」と声をだしそうだな、というようなノリ。小学生のころ皆で行った日生劇場のミュージカルを思い出した。(事前に観客に声を出す練習をさせる。)


この辺で見所は満席の満席。青山能ではいつものことではあるけれど、いつもにもまして若いお客さんが多い。

夕顔。今回初めて女性の小鼓を聞きました。声のコントロールが大変なのでは、と思いましたがどうなんでしょうか。それとは別に出だしでは囃子全体の調和が宜しく無かったようです。

ワキ僧たちは元気いっぱい。声がとてもきれいで謡も上手ですけれど、ぼんやり聞いていたのでは天気の良い野原のイメージ。雨の降りかかる茅屋の風景とは思えない。まあ、若いからね。

若い女が出てきて僧の一行に夕顔の話をして消える。
この辺、集中したかったのだけれど、後ろの方の婆様御一行が賑やかで…。お一人初めての方がいるのか、質問したりそれに答えたり。ご自分たちはひそひそ声のつもりなのでしょうけれど、高齢になるとそういう声を出しにくく、聞きにくくなるので、結果として普通のお話の声くらいになってしまうのですが、意識していないのでしょうね。

アイ語りも元気。
そして後シテ登場。この衣装の色合わせが素敵だった。説明するのが難しいのだけれど、淡い、そして洗練されすぎない色合わせで、「庶民の美人」と言う感じ。そういえば面は御増女(洞水作)とのことですが、これもちょっと庶民的なお顔。綺麗に舞います。

シテのtwitterによると不満足な出来でミスもあったらしいが、私はそこそこ楽しみました。何だか盛り上がりに欠けるような気もしましたが。
全体に出演者に元気の良さがみなぎりすぎて、湿り気が足りなかったかな。

夕顔って難しい筋だと思います。後の解説でも半蔀と比べて一筋縄ではいかない、というようなことを柴田が言っていました。また何かの機会に観てみよう。
[PR]
by soymedica | 2015-06-03 17:37 | 能楽 | Comments(0)