<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

国立能楽堂七月定例公演 磁石 龍田

d0226702_18293538.jpg国立能楽堂七月定例公演
7月25日(金)18時30分より
正面席4900円

狂言 磁石 和泉流 
シテ(すっぱ)野村萬、アド(見附の者)野村万蔵、小アド(宿屋)炭哲男

能 龍田 宝生流
シテ 朝倉俊樹、ワキ 福王和幸、ワキツレ 村瀬提、矢野昌平、アイ 山下浩一郎
笛 藤田次郎、小鼓 幸正昭、大鼓 安福建雄、太鼓 桜井均
後見 宝生和英、渡邊茂人、東川尚史
地謡 武田孝史ほか


久しぶりの国立能楽堂。なんと今回は両側が年寄りでも女の人でもない。(要するに壮年期男性と青年、窮屈である。)
遅れてやってきた太ったオバサンが前を通るとき私の足を思いっきり踏み、しかもそれに気付かないというアクシデントがあったが、休み時間後、おばさん早めに本当に急いで入っていくのを目撃し、許すことにする。

磁石。前に万作のところの若者三人でやるのを見て気に入った演目。今日は萬みずからシテ。田舎者を市でだまして宿屋に売ろうとするすっぱ。田舎者は一瞬騙されるが逆に宿屋の亭主とすっぱをだましてまんまと逃げだすはなし。途中、寝たふりをした万蔵を萬がひょいと飛び越えるところがあるのだが、考えてみるとあの年で凄い。
今回も満足満足。


あらすじを読むと、観光を盛り上げよう、という劇に見えてしまう龍田。旅の僧が三人やってきます。三人が三人ともあまりにイケメンなので、神様も巫女に姿をやつして出てきます、というお話(違ったか)。で、古歌を引くなど色々教養のあるところを見せて「この川を渡ってはいけませんよ」と。
結局三人の旅僧はどうやって社にまでたどり着いたのか見ていて良くわからなかったのだが、川を渡らずにたどり着く方法があるのだろうか。

福王和幸、いつもの通り上手い。背が高いので損している感じ。現代劇でも身長の高い俳優は使いにくいのだそうだが。
シテが幕の奥から呼びかける「のうのう」という声が美しい。あとから振り返ってここが演技の最高点であったのだが。
色々やり取りのあった後、巫女は大小前の小宮に入る。このときの小走りの後ろ姿が今一つ。

と思ったら、後半はどこかお悪いのだろうか、という張りの無い謡と、メリハリのない舞。今一つの地謡。囃子だけが良かった。張りつめた冬の風景の中に華やかな紅葉の錦を想像させてしかるべき曲なのに、と、不満を抱きつつ帰ったのでした。
[PR]
by soymedica | 2014-07-28 18:30 | 能楽 | Comments(0)

風のセールスマン

d0226702_17333425.jpg風のセールスマン 
2014年7月22日19時より@世田谷パブリックシアター シアタートラム 4000円
[作] 別役実
[演出・出演] 柄本明

別役実の戯曲って好きなのですけれど、本で読んだり朗読で聞いたりする機会はあっても、意外に舞台で見たことが無い、というので出かけてきました。
どんな筋だか、喜劇何だかもわからずに見始めました。
最初は今一つ乗り切れずに「寝ちゃおうかな」なんて思ったのですが、
だんだんと引き込まれて行って…。

しみじみしました。

若いころだったらわからなかったけれど、今は「こういう人生ってあるよね」とわかります。

ほぼ満席。柄本ファンと思しき人が前半大声で笑って景気づけ(?)しているのが気になりましたが、まあそこはファン心理と思って…。
ちょっと演出に私には好きになれないところもありましたが、全体としてお勧めできる舞台です。27日まで。切符が手に入ったら是非。
[PR]
by soymedica | 2014-07-24 17:39 | その他の舞台 | Comments(0)

能楽研究講義録 表章

d0226702_22441841.jpg能楽研究講義録 六十年の足跡を顧みつつ 表章 笠間書院
2010年9月15日 初版第一刷

表章が阪大で平成19年(2007年)に行った集中講義の内容。いかにして能楽研究の道に入ったか、どうやって資料を発掘したか、いかにしてそれが論文となったか。

手に取った時には専門的すぎてわからないのでは、と思ったのですが、学部学生も対象とした講義らしく、「史料の読み方」などは手取り足とり。嬉しい本です。いかにしてあの論文は、あの説は書かれたのか、研究態度は、など、全くの門外漢にも参考になります。研究に対する真摯な態度には頭が下がります。

今の能楽研究でデフォールトとなっている説や、良く知られている文献のほとんどがこの人発あるいはこの人を経由して発信されているというのは凄いことです。
自分は研究者として幸運だったと述懐されています。幸運の女神には前髪しかないかもしれませんが、それが幸運の女神だとわかるには日ごろの研鑽が必要です。
[PR]
by soymedica | 2014-07-20 22:45 | 本・CD・その他 | Comments(1)

第28回テアトルノウ東京公演 砧

d0226702_2124448.jpg第28回テアトル・ノウ 東京公演
2014年7月12日(土)13時30分より@宝生能楽堂
正面席8000円

仕舞
鵜之段 味方健
松風 味方圑

舞囃子
三笑
 片山幽雪、片山九郎衛門、観世淳夫
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 成田達志、大鼓 亀井忠雄、太鼓 観世元伯

茶壺
すっぱ 野村萬斎、中国の者 内藤連、目代 高野和憲


シテ 味方玄、ツレ 谷本健吾、ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 森常太郎、アイ 野村萬斎
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 成田達志、大鼓 亀井忠雄、太鼓 観世元伯
後見 片山幽雪、味方圑、清水寛二
地謡 片山九郎衛門ほか


宝生能楽堂はこの8月に椅子をrenewalするとかで、見本が置いてある。本日の客層は比較的若い女性が多いような。そして、荷物の多いオバサンが目立つ。

仕舞に続いて舞囃子。前に座った幽雪の着物の襟を後ろの九郎衛門がちょちょっと引っ張って直す。ほほえましい光景だけれど、裏でやった方が良いのでは。
三人で舞っているのをみると、親子って妙なところで似るのだな、と。そして幽雪の隣にいると観世淳夫の固さが目立つ、というより幽雪の自由な感じが際立つ。年取るって良いことかもしれない。ま、一番年代的にも脂の乗っているのは九郎右衛門であることは間違いありませんが。


茶壷。道端で茶壷を背負ったまま寝てしまった男から茶壷をせしめようとする詐欺師。仲裁に入った目代に本来の持ち主が茶壷の由来を述べるのを盗み聴きしてそのまま申し上げる詐欺師、という例のパターンの話。結構好きな演目です。なのに、途中寝落ちしてしまった。残念。


さて、本日のメイン。九州蘆屋の某(自分で某って名のるのも変だから狂言のように「欣哉」とか言ってみたら良いのに)。宝生欣哉はいつ見ても安心。夕霧に「今年も帰れない」という伝言を託します。この夕霧の面が、美人で、ちょっと品に欠けて、シテの面との対比が面白い。

そして妻の登場。夕霧の「ぴちぴち」という感じに対してこちらは「地味」。ちょっと髪の薄い美人、というイメージの奥さん。こういう人って、身体が弱いし気も弱い。
この二人の役作りの対比の面白さが前場を盛りたてます。

そして今回感じたのは地謡に乗っての演技の上手さ。
――ふるさとの軒端の松もこころせよ、おのが枝枝に、嵐のおとを残すなよ…
まるでシテ本人の心が地謡となって聞こえてくるような一体感。
妻の寂しさがしみじみ伝わるような前場でした。

そして「今年の秋にも殿はお帰りになりませんよ」という夕霧。夕霧については色々解釈はあるようですが、今回のこの「ぴちぴち」美人、奥さんにも同情しているのだけれど、考えの足りない若い女、というイメージでこれも面白い。

そして妻は悲嘆のあまり無くなってしまう。アイの萬斎、悪くは無いけれど印象薄し。ま、悪目立ちしてはいけないが。

そして後場なんですが、実は毎回この話の後場って必要なのかな?と思ってしまう。内容自体が仏教思想に殆ど関心の無い私に理解しがたいためかとおもうのですが。ま、結構なシテと地謡を拝見できる時間が長い、ということで良しとしましょう。


次回東京公演は5月17日で「三輪」だそうです。
[PR]
by soymedica | 2014-07-16 21:30 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会定期公演7月 三井寺 伯母ヶ酒 熊坂

d0226702_22303457.jpg銕仙会定期公演7月
2014年7月11日(金)18時より@宝生能楽堂
正面席6000円

三井寺 無俳之伝
シテ 浅井文義、子方 馬野訓聡、ワキ 森常好 ワキツレ 館田善博、森常太郎
アイ(能力)村田太一郎 
笛 藤田次郎、小鼓 幸清次郎、大鼓 亀井広忠
後見 観世銕之丞、長山桂三
地謡 片山九郎右衛門ほか

伯母ヶ酒
シテ(甥) 野村万蔵、アド(伯母)野村萬

熊坂
シテ 谷本健吾、ワキ 村瀬提、アイ 河野佑紀
笛 槻宅聡、小鼓 亀井俊一、大鼓 佃良勝、太鼓 徳田宗久
後見 永島忠侈、清水寛二
地頭 馬野正基ほか


あれ、と思ったのが本屋の前に並んで謡本を買っているお客さん。地味なスーツにシャツ、ネクタイなしの現役世代のビジネスマンのグループ。こういうお客さん、本当に珍しい。

なんの音もなしに笠をつけたシテがやってくる。無俳之伝とは「おかしなしのでん」、「おかし」つまり狂言が無い、とのことで、門前のものが母に三井寺に行くようにと勧める部分が省かれているものです。ま、無くてもそんなに間の抜けた感じにはなりません。
シテは「三井寺に行けという夢を見た」と言って三井寺に行くのですが、現代人の感覚としてはわりとゆっくり橋掛かりをあるいていきます。

さて、舞台は三井寺に。鐘楼の作り物は今回はわずかに正面から目付柱の方向に振っておかれています。ちなみに鐘の紐の結び方も、後見のたたみ方も矢来のときとはちょっと違う。
続けて観ると小書きの違いもありますが、同じ観世流でもちょっとずつ演出が違うし、シテの個性も違う。今回のほうが囃子が格段にうまかった…。

ところで、本日野村太一郎クン、座りなおしたり、どうしたのかな、と思っていたらセリフの出だしちょっと早かったりして不調でした。どうしたんだろう。

面は深井。名「桜女」水野出羽守忠周作。


伯母ヶ酒
萬と万蔵で観るのは初めて。ケチで一杯の酒もふるまわない伯母さんのうちに鬼に化けて入り込んでまんまと酒を飲む話。やっぱりこの二人は良いです。役者の個性を前面に押し出さない、でも萬と万蔵。


熊坂。同じ大盗賊でも石川五右衛門ほどには世間一般には知られていない印象。有名な牛若に退治されたおかげで自分の名前のついた能ができたわけ。
東国を見ようと出てきた僧の村瀬。この人、なかなか体格も良くてハンサムなんですが、いつも「ただいま練習中、頑張っています」みたいな空気を身にまとっているのと、調子に乗るまで音程に不安が…。
さらにそこに輪をかけるように囃子がそれぞれ勝手にやっている感の強い演奏をする。

やがて土地の僧らしき、なんだか幽霊じみた坊さんがやってくる。この人と地謡の努力でやっと能らしくなってきた。
「この辺は盗賊が多く、持仏堂には武器がたくさんあるし、私も戦うことがあるんです」という物騒なセリフをさらっというところが物凄く怪しい。
「お休みあれやお僧たち」というので、あれ、謡が間違っているとおもって解説を見たら、古くはワキツレがいた演出らしい。

土地の人がそれは熊坂長範の霊に違いない、と僧に説明。このアイとワキのところで舞台の空気が一気に緩むような感じがするのは何故?

熊坂長範の登場。橋掛かりを出てくるところからして、この人はきっとこういうものが苦手に違いない、と思わせる緊張。声を出すと謡はとても良いのだけれど、動きが何だか小さいなー。床几にかかっているときにも右手に持った長刀がひどく揺れるのが気になる。前に観た金剛流では「長床几」の小書き付でずーっと座っていたのでこれは楽なのだろうな、と思っていましたがそうでは無いことがわかった…。
ただし、立って演技しているときかなり息切れしていたようで、それはそれで大変なような。

後見の永島忠侈がひどく前のめりになって何かしたそうにしていたが、別に不都合はなかったらしいです。

ということで、前半に比べ後半に若干不満が残りました。もっとできそうな人なのにな。

面は作者不詳の長霊癋見
[PR]
by soymedica | 2014-07-13 22:33 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂七月企画公演復曲・再演の会 敷地物狂

d0226702_2234112.jpg国立能楽堂七月企画公演 復曲・再演の会

7月5日(土)13時より
正面席6300円

解説 天野文雄

仕舞(宝生流)

実盛 クセ 高橋章
実盛 キリ 渡邊荀之助

復曲能 敷地物
シテ 大槻文蔵、子方 長山凛三、ワキ 殿田謙吉、アイ 野村万作
笛 竹市学、小鼓 清水晧祐、大鼓 山本哲也
後見 赤松禎英、長山桂三
地謡 上田拓司ほか


梅雨らしいお天気の土曜日。能楽堂にはそれほど日本語を解するとも思えない西洋人やら中国人やらが沢山。なぜ?
切符を売るときに解説は日本語のみ、と明記するべきじゃないだろうか。気の毒すぎる。

それはともかく、解説は面白かった。禅竹作とされるこの能。古い演能記録はあるが、その後途絶えていて綱吉時代に二度ほど上演されたけれど、その後は平成九年まで再演はなかったそうで、平成九年の再演にかかわったという天野先生は感慨深そうにその当時のお話をしてくださいました。
「そして『復曲』ということを熱心に始めた大槻文蔵さん、調べましたら最初の復曲能を手掛けたときにはまだ30歳代だった」と、驚いていらっしゃいました。

お話の大部分は国立のパンフレットとかぶるのでここには書きませんが、実際にあった話を下敷きにしてある曲だとのことです。


仕舞。敷地物狂の舞台となっている加賀市は「実盛」(首を洗って見たら髪は染めてあり老武者の実盛の首だったというあの話)の舞台でもあるとのことで、実盛のクセとキリ。最初のクセが終わったら地謡も引っ込んじゃって「あれ??」と思ったら次に全く同じメンバーが登場するのはなぜだろう。宝生流ってそうなのかな。


さて、敷地物狂。筋がどうこうという以前になぜ、子方?そうでないとシテがどちらだかわからない、とか、物狂の母子ものだからなのか、故郷に帰って説法するくらいに偉くなった比叡山の偉いお坊さん、12歳の時に家を出たというのだから、どう考えても子方は変。そして、思春期の大きく変わる時期を超えてしまったから母親にもわからなかったというわけでしょ?
などなど、筋の細部にはつっこみどころ満載なんですが、面白く観られました。

まず、えらいお坊さんである凛三クンが、そんなに偉くない坊さんの殿田を連れてはるばる洲河の里(菅生のなまりか、と天野先生)にやってくる。地元の菅生家の御曹司であった凛三くんは我が家に来てみれば跡形もない。野村万作が「一家離散しましたよ」と。お父さんはどうしたんだろう。古い形だと父親も登場したらしいが。

と、向こうから笠をかぶり笹を手に、そして薦に紐を通して肩から下げた物狂の女が。
その間凛三くんは切戸口からお父さんが持ってきてくれた半畳台に登り、蔓桶にかけます。
殿田僧侶が物狂に「その薦を貸してくれ」と言うと、女は「不浄の薦だから」血相を変えて拒みます。
それもそのはず、薦には大切な息子の書置きが挟んであったのでした。

でも、有難いお説教に皆が色々なお布施をしているのを見て、決心して薦を差し出します。
そしてその手紙を読んだ凛三くんはやっとみすぼらしい身なりの女が自分の母親だと知って喜ぶのでした。

大槻文蔵、とても上品に演じていますが、この人本人がきっと上品なんでしょうね。セリフが聞きやすいし、舞がきれい。
殿田は完全に子方に食われていました(笑)。この人ってあんまり色の無い演技をするので復曲能には良い感じなのかもしれない。

凛三くん、頑張りました。プログラムによると2005年生まれとのことなので9歳。物凄く自覚的に演じているように見えましたが、頭の良いお子さんなのでしょう。頑張ってほしい。というより、この子才能ありそう。

凛三(と後見のお父さん)&殿田以外は関西勢でしたので馴染みがありませんでしたが、とても良かったです。この曲もなかなか面白いので定着すると良いな。


面は洞水作の深井。

パンフレットが手に入らなかった方には
天野文雄著 能苑逍遥(中)に「向去却来」の言葉を中心にした解説が載っています。
[PR]
by soymedica | 2014-07-07 22:37 | 能楽 | Comments(0)

のうのう能PLUS Vol.7 三井寺

d0226702_816798.jpgのうのう能PLUS Vol.7 三井寺
2014年6月28日(土)14時より@矢来能楽堂
正面席7000円

解説 小林健二

仕舞 
網之段 馬野正基
隅田川 観世喜之

三井寺 
シテ 観世喜正、子方 馬野訓聡、ワキ 森常好、ワキツレ 館田善博、森常太郎
アイ(門前ノ者)山本則重、(能力)山本則秀
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 曾和正博、大鼓 亀井広忠
後見 観世喜之、奥川恒治
地謡 馬野正基ほか


降ったり止んだりの梅雨らしいお天気。能楽堂は満席。
解説の小林健二さんは私のすきな方で、今回もわかりやすく明晰なお話。ハンドアウトも整備。ハンドアウトがパワポでなくしかも縦書きというのも能楽堂らしい。


仕舞は関連曲の桜川と隅田川から。隅田川の仕舞ってあまり見せ場の動きが無いのですが、それをちゃんとやれるのが観世喜之なんだな。


三井寺。子供を探しに清水寺にまではるばる静岡からやってきた母。お世話する門前のものが夢占いをすると、息子は三井寺にいるのでは。ここの洒落が面白い。
では、と三井寺に急ぐ母。

三井寺では幼い男の子を連れた僧の一行が月見。子供が退屈しないようにと、能力が楽しい舞を舞います。前にこの曲を見たときにもアイは山本家の人たちだったのですが、あんまり印象に残っていません。今回の二人はとても良かった。

そこに物狂いの母が。物狂いの芸を見たい能力とそんなものを入れたくない従僧。館田善博の演技、そんなに強く止めなくても、とそこだけ浮き上がってしまった感じ。

ところで、今回鐘楼は正面席を向いていましたが、前に観たときには目付柱方向に斜めに向いていたような気が。あれも演出のひとつなのでしょうか。
母が鐘を衝いた直後に後見が出てきて紐を最初と同じように凄くきっちりとたたんだのが印象的。ざっとかけておいて最後に引いてくるときとか幕からだしてから畳もう、という気は無いらしい。

子方がモソモソしだして、脚かな? と思ったら自分の出番が近づいて緊張してきたらしい。とても良くできました。最近出番が多くて大変でしょう。そしてワキはみんなそうですが、子方のサポートが上手い。

喜正の謡が綺麗だったし、ワキもアイも地謡も囃子も一流人揃いで元気。でも、なんとなくもうちょっと「間」をとっても良いのでは、と思わせる一曲でした。この大きさの能楽堂となると、しっとりした情感を出すには音量も速さも抑えめ抑えめにしたほうが。国立ぐらいの大きさなら気にならないのでしょうが。


参考は
能の鑑賞講座一 三宅襄 檜書店
これに書いてあるのと大分違います。流儀によって随分と細部の異なる曲らしい。
[PR]
by soymedica | 2014-07-01 08:18 | 能楽 | Comments(2)