<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ロスト・イン・ヨンカーズ

d0226702_8143256.jpgロスト・イン・ヨンカーズ
10月28日19時より@パルコ劇場
8500円(全席)

作:ニール・サイモン
上演台本・演出 三谷幸喜

ベラ:中谷美紀
ルイ:松岡昌宏
エディ:小林隆
ジェイ:浅利陽介
アーティー:入江甚儀 
ガート:長野里美
ミセス・カーニッツ:草笛光子


誰が出演するのか、どんな話だかほとんど知らずに行ったのですが、当たりでした。
第二次大戦中のニューヨークの下町、lower middleと思しきユダヤ人一家の話。借金返済のために一年の予定で商用旅行に出た父は二人の息子ジェイとアーティをヨンカーズでアイスクリーム屋をやっているお婆ちゃんに預けます。お婆ちゃんは一族に君臨する伝説の鬼婆。高校を卒業することのできなかった若干知恵おくれの30歳代の娘ベラと暮らしています。

この少年二人の成長物語と思いきや、話はベラとお婆ちゃんの関係、そしてお婆ちゃんの家に転がり込んできたチンピラだけれど魅力的なベラの兄ルイがからみます。
どうやらお婆ちゃんは大変苦労してドイツから移民、6人の子のうち2人を失ったようなのですが。そのころのドイツといえば両大戦に挟まれたたいそうなインフレだったはず。帰る場所のないユダヤ人でありながらドイツ語を懐かしみ、ドイツ風のスープを作り、子供たちに君臨しているようで疎まれている頑固者、というのが会話のうちから透けて見えます。

なんとなくああ、とうなずく人もいる設定かもしれませんが、大変に良い舞台でした。お婆ちゃん役の草笛光子が綺麗すぎるのが視覚的にはちょっと。子供のころの高熱で知恵遅れになったベラが家族を集めて切々と語るところでは思わず涙してしまいました。

お話は誰の身の上にでも起こる、と言うものではないけれど、「ああ、こういう人いるよね」「普通こういう反応するよね」と観客の共感を呼ぶのが上手い構成になっています。原作はどうなっているのか一寸知りたくなってきます。
切符が手に入ったなら是非見てください。お勧め。
[PR]
by soymedica | 2013-10-30 08:19 | その他の舞台 | Comments(0)

MANSAI解体新書 その弐拾参 特別篇「萬斎」 舞

d0226702_9314620.jpgMANSAI解体新書 その弐拾参 特別篇「萬斎」
野村萬斎 三浦雅士
2013年10月25日(金)19時より@世田谷パブリックシアター
4000円
(26日が犬童一心、27日がいとうせいこうとの対談。それぞれテーマが 舞、映、娯。)


満席。今回初めて解体新書に行ってみたのだけれど、こんなに人が呼べるとは。
まず野村萬斎が出てきて「なぜ三日連続のこういう企画になったかというと、小屋が空いちゃったのに予算が無くて、低予算でできるものということで」と笑いをとります(きっと本当のことだったのだろう)。

三浦雅士登場。名前だけはぼんやりと知っていたけれど、もっと若い人だと思っていました。(よく考えるとそんなはずない。)そしてこの人喋る喋る。そして話が上手い。

まず「舞踊」について。舞は「回る」ということを基本にしていて能楽の中心動作。アジアの農耕民の所作である。踊は「跳ぶ」を基本動作にしていてバレエの基本動作、中央アジアからヨーロッパのものである。
日本では「跳ねる」は「跳ねあがりもの」などといってどちらかというとnegativeにとらえられることもある。能では跳ねることはあるがあれはjumpではなくてstumpである。
日本人の古層の記憶には狩猟生活であった時代のjumpももちろん刻まれているのだが…。

というところから入り、
ところが19世紀産業社会、西洋式軍隊の導入により、所作の西洋化が始まった。そして現代では農耕の記憶もかすかなものとなってきており、身体の西洋化が起こっている。
身体が変わったのに能・狂言が残せるか、発展させられるのか?萬斎はmodernな身体をもって能・狂言をやっている。その意味は?というところまで発展。

上記を踏まえて萬斎がボレロをやることが今の能界には必要なのだが、能界はそれを見ないようにしているのではないか、と。60年代の観世寿夫や野村兄弟のmovementを受け継いでいるという意識のある能役者はいるのか?

と、ここで萬斎が「ハイ」と手を上げる。

などなど、身体と舞踊の話から、
舞台を面白く見せるにはどうしたらよいか、ということで視覚(心理)の研究が進んだ。ボレロはそれをうまく使っていると思う、という話へ。
世界のperforming artsはgraphic artの方向に進んでおり、ダンサーは絵具、道具、という演出が多い。蜷川の舞台はそれに近い。俳優個人の個性を重視する演出とは相対するわけだけれど、萬斎ボレロはこの交点にある、と。
そこで萬斎、「僕は何かを作るときには輸出を念頭に置いている」と。
確か「マクベス」のときも外国に持っていくことを考えて舞台装置を考えたといってました。

そしてまた「跳ぶ」話に戻ってくるのですが、
萬斎曰く、そういえば狂言は能よりも古く、古層の記憶を留めているのではないか、というところから話は「釣狐」へ。これは非常に古いものなのだそうですけれど、飛び跳ねる演技が出てきて、しかも着地の時に音をさせてはいけないのだそうです。

さらに話は本日のボレロへ。今日は能面(しかも視野の狭くなる女面)をかけるということ。能面はかけると視野が狭くなるので農耕タイプのダンスにはこの規制が有利、と三浦氏。
そしてボレロ自体がバレーの世界における狂言のようなもので、ベジャールは古層を目指した芸術家であったと。

萬斎曰く、「ボレロはもともと父がやりたかったものなんです」「誰のを見て?」「Shonach Mirk」。
へーーー。


ここで対談終了。休憩からボレロへ。
舞台に目付柱の代わりに低い白木を立て、奥には影向の松の幹の無いものが書かれた白い幕。
お調べとひしぎのあと、ボレロが始まります。
白い広口袴(生地は柔らかそう)、白い直衣、金の烏帽子の装束を付けた萬斎登場。面をかけてはいても萬斎の舞ははっきりそれと分かる特徴がありますね。所作の一つ一つは三番叟はじめとする仕舞でよく見るものですが、こうやって面をかけ、ボレロが流れているとなんだか上質なSFの世界、あるいは武宮恵子の「テラへ」を思い出します。
もっと見ていたいな、というところで終わり。拍手がなりやまないけれど、アンコールはありませんよ(外国ではするのだろうか)。


休み時間に亀井広忠発見。一人で来ているようでしたが。思っていたより小柄な人でしたがなかなかかっこよかった。
[PR]
by soymedica | 2013-10-27 09:33 | 能楽 | Comments(0)

狂言ござる乃座48th  入間川 隠狸 石神

d0226702_8431626.jpg狂言ござる乃座48th
2013年10月19日(土)13時より@国立能楽堂
中正面5000円

入間川 
大名 石田幸雄、太郎冠者 内藤連、入間の何某 武山悠樹
後見 中村修一

隠狸
太郎冠者 野村萬斎、主 野村万作
後見 飯田豪

素囃子 安宅 滝流
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 曾和正博、大鼓 大倉栄太郎

石神
夫 野村萬斎、妻 高野和憲、仲裁人 深田博治
後見 岡聡史


17日(木)の19時からと二回公演の二回目

入間川は、その土地で使う逆言葉(さかさことば。ほしい時にはほしくない、高い時には低いという)を使ってのお話。
都での訴訟ことごとく叶い、太郎冠者を連れて帰国する大名が登場。名乗りがとてつもなく立派で気持ちの晴々したところがよくわかります。大体狂言の大名は訴訟に勝って帰ることになっていますが、能の主人公はなかなか帰れなかったり、途中でかたき討ちにあったり、あんまり幸せではない。
やっぱり石田幸雄は上手だな、としみじみ。
内藤連の従者はしゃべるときに持っている太刀が揺れたり、ほかの人がしゃべっているときに視線が動いたり、ちょっと気になる。まあ、石田幸雄と比べては気の毒というもの。でも、この出演者の組み合わせはイキイキして楽しかった。

隠狸は何回か見ています。親子逆の組み合わせも面白かったけれども、こちらも動きが大きくなって別の種類の笑いが楽しめます。酒は飲みたし、狸は見られてはならず、でも主人は舞を舞え、などというし。どなたかファンのかた、狸の編みぐるみを作ってあげたらどうかな。
萬斎は現代劇の連続公演がある時よりあきらかに元気そう。両方の舞台をやってそれを止揚したいのかもしれないけれど、一人の人間ができることには限りがあるのだから、ちょっとセーブしたほうが良いのでは、と思ってしまいました。

そして休憩の後の素囃子。大倉栄太郎、掛け声がやけに痰がらみでしたが、風邪かな。

石神(いしがみ)は初めての演目。やはりこういう長いものは狂言の会でないとなかなか見ることができません。
連日の亭主の飲み歩きに腹を立てた妻が「出ていきます!」慌てた亭主は、面子があるから自分からは謝りたくはないけれど、何とかして引き留めたい、と仲裁してくれる人のところに駆け込みます。仲裁人の博治さまは、妻に石神様にお参りして今の亭主と別れたほうが良いかどうか聞くようにアドバイス。夫には先回りして石神様に化けて別れないようにお告げをしろとアドバイス。
狂言では人はお地蔵さんやらなにやらありがたいものに化けるのが日常。
「別れない方がよい」という石神様、じつは亭主のお告げのお礼に妻が神楽を舞うのが見せ所。そして愛する妻の神楽がどうしても見たくなって、神様に化けているのも忘れてのぞき見、揚句には…。
出演者がたった三人なのに、大曲を見たような満足感。高野和憲の謡が良かった。

なお、パンフレットの三浦裕子先生の解説を見てネット検索したところでは石神神社(幸神社)は京都御所の北側にある神社。石神様はいまでも祀られているようです。
[PR]
by soymedica | 2013-10-21 08:46 | 能楽 | Comments(0)

第8回萬歳楽座 小原木 高砂

d0226702_22292710.jpg第八回萬歳楽座  小原木 高砂10月16日(水)18時30分より@国立能楽堂
正面席12000円

一調一管 小原木
野村萬斎、小鼓 大倉源次郎、笛 藤田六郎兵衛

高砂 翁なし、八段之舞、流シ之伝、八頭之伝、大極之伝
シテ 観世清和、ツレ 観世喜正、ワキ 宝生閑、ワキツレ 殿田謙吉 御厨誠吾、アイ 野村万作
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井忠雄、太鼓 観世元伯
後見 片山幽雪、木月孚行、坂口貴信
地謡 梅若玄祥


ほぼ満席。モヒカンの若者あり。ああいうとんがったおしゃれは意外に能楽堂にフィットする。

最初の「小原木」は藤田流に伝えられているものの何百年ぶりかの復活だそうで、謡部分は萬斎が手直ししたところもあるそう。萬斎の謡は音程が低く、舞台での台詞の音程を考え合わせるとこの人はかなり音域が広そう。かえって、それが苦労の種なのではないでしょうか。演ずる前に御調べがあるのですが、それが切戸口の側から聞こえてくるのが珍しい。

高砂にはたくさんの小書きが。最初に藤田六郎兵衛と観世清和の対談があって、これらに説明がありました。
「翁なし」の由来はパンフレットにあるように通常伝えられている所では、江戸城の正式の演能の際シテの太夫が不在で翁の上演が不可能な場合に、能「翁」をワキの家元が演じたのが始まり、あるいはやはりシテの太夫が不在のなか日光東照宮で演じたときが始まり、だそうです。でも今回観世清和が観世の伝書で発見したところによると、正式の演能があったとき家元(七世?)が元服前であり幼かったので、翁を遠慮したのが始まりだそうです。

演能前に楽屋では面箱の中に翁面と鈴をいれ、シテの葛桶とともにワキに申し送る儀式があるそうです。また、鏡の間には翁飾りに似たものを飾るが、塩と米は無く、酒も無いとのことです。

小書きにある流(ナガシ)之伝、八頭(ヤツガシラ)之伝とは真之一声の後に小鼓・大鼓の掛け合いが入るもの、大極(タイギョク)之伝は後シテの「出端」の小書きで、太鼓がたくさん「イヤー」の掛け声とともに頭を打ち重ねるその回数が9つになる、というものらしい。そしてこの3つの小書きは基本的にはセットでつくものだそうです。

八段之舞は常には五段の神舞を舞う住吉明神が、舞の小節数をほぼ変えずに八段に舞うというもの。家元は四段までに各段の中間に極端な緩急をつけて舞うけれども、弟子家ではそれはやらないとも。

切り火はあります。幕からちょこんと顔をだしてやったあと、裏ではだいぶ長いこと。でも、火打石ってどこで売っているんだろう?と先ほどネット検索したら色々ヒットするのでびっくり。
その後、宝生閑扮する友成、お伴、囃子、地謡が正装で登場。宝生閑が舞台中央で大きくお辞儀をするあいだ、皆橋掛かりに整列。国立能楽堂は比較的照明が明るくて、舞台の木も白っぽいので華やかさもひとしお。
その後、地謡は囃子の後ろに整列。

ワキの同吟ってなんであんなに合わないことがあるのでしょうか。まあ、ここは宝生閑を立てて謡ってほしいけど。宝生閑完全復活、というより別の次元に上ってしまった感じの舞台でした。

観世清和、観世喜正は蚤の夫婦。両方とも艶のある謡。両方とも舞台の上で演技を楽しんでいるのが伝わります。おじいさんが正中に座って後見が出てきて、水衣の肩をおろすのかな?と思ったら何もしなかったように思ったのですが。
松の根の掃除も清々しい。「久」の字を描くそうですね。

そして二人は船に乗って舞台から去るのでした。これがいかにも気分の良い風が感じられて楽しかった。
ところで、アイ。せっかく万作だったのに全く記憶に残っていない。寝ていたはずはないのだけれど…。残念。

そして神様登場。「高砂の後シテの面は邯鄲男」、でもなんだかもっと怖い面だな、と思っていたら、小書のあるときには「三日月」らしい。神様というとおっとりしていそうだけれど、住吉明神は勇壮な神様。清々しくて力強い。八段の舞、大変気に入りました。

勇壮で、さわやかで、明るい舞台でした。萬歳楽座はいつ見ても外れが無い。ま、切符高いですけれどね。

参考は「能の鑑賞講座二 三宅譲 檜書店」
[PR]
by soymedica | 2013-10-18 22:33 | 能楽 | Comments(1)

銕仙会定期公演 10月 武悪 遊行柳

d0226702_16383010.jpg銕仙会定期公演10月 武悪 遊行柳 
2013年10月11日(金)18時より@宝生能楽堂
正面席6000円

武悪
 
シテ(主) 山本則俊、アド(太郎冠者)山本則秀、(武悪)山本則重

遊行柳 
シテ 観世銕之丞、ワキ 宝生閑、ワキツレ 宝生欣哉、御厨誠吾、アイ 遠藤博義
笛 一噌仙幸、小鼓 幸清次郎、大鼓 亀井忠雄、太鼓 三島元太郎
後見 浅見真州、清水寛二
地謡 浅井文義ほか


武悪ってその名前の付いたお面もあるし、かなり有名な曲なのに今まで見たことがありませんでした。一時間近くかかるので、狂言だけの会でないと舞台に乗せにくいのでしょうね。そして曲名が武悪なのにシテは主、武悪と太郎冠者はアド。
あらすじは色々なところに書かれているので省略しますが、なぜ武悪が不奉公なのについては色々な説があるようです。

後半幽霊になって出てきた武悪。黒頭のうえに下を向いているので、お顔が見えず残念ではあったけれど、いかにも幽霊らしい。幽霊が出てきてからの主のへっぴり腰も面白い。能の会なのにこんなに楽しい狂言が見られるとは思わなかった。ま、山本家はいつでもはずれないけれど。


そして能は遊行柳とこれまたひどく渋い。

「道の辺に清水流るる柳影 しばしとてこそ立ちとまりつれ」

柳を載せた茶色の引き回しの塚が大小前に出されます。そこに弟子二人をつれた聖人がやってくる。ワキツレが宝生欣也って、贅沢では。白河の関を越えて新道を行こうとした一行に由緒正しい旧道を案内しようという爺さんが登場。
そしてこの上品な爺さんが実は朽木の柳の精で…というお話。

観世銕之丞って栄養も十分な体格なのに、この朽木の柳の精がとても良かった。この人は謡に定評があるらしいけれど、舞やそれらすべてを合わせたものがうまくはまっている感じがします。前回能を見てからひと月以上たっているから感想が甘くなっているのかもしれないけれど、シテも、ワキも、地謡も囃子もぴったりはまって良い舞台でした。
太鼓のおじいさん(三島元太郎)、今回改めてしみじみ拝見しましたが、なんだかcuteな方。皆さんご注目あれ。
狂言と能の組み合わせのバランスもよく、どちらも良い舞台だったのに、満席ではなかったのはなぜなのだろう。

ところで「白河の関」は有名ですが正確な場所は今一つわからないらしいですね。二つあるらしい。

そして後見の浅見真州、あんまり器用なタイプではなさそう。後見として働いているな、と思うのは野村四郎。若い人よりもまめまめしかったりする。野村四郎が師匠だったら怖いだろうな。

まだ物が二重に見えることがあるので、あら柳が二本になった、とか、二人舞台に出ていると物凄く身長差があるようにみえたりしてちょっと疲れましたが、来てよかった。


参考は
司馬遼太郎 街道をゆく33 白河・会津のみち、赤坂散歩 朝日新聞社
[PR]
by soymedica | 2013-10-14 16:39 | 能楽 | Comments(0)

野田地図 第18回公演 MIWA

d0226702_12583428.jpg野田地図 第18回公演 MIWA

10月8日(火)19時より 東京芸術劇場 プレイハウス S席9500円


作・演出 野田秀樹
MIWA 宮沢りえ、 赤絃繋一郎 瑛太、 マリア 井上真央、 最初の審判/通訳  小出恵介
ボーイ 浦井健治、 負け女 青木さやか、 半・陰陽 池田成志、 オスカワアイドル 野田秀樹、 安藤牛乳 古田新太

S席なのだけれど結構後ろ。舞台上には不等辺四角形の大きな装置。
MIWAは美輪明宏の一代記と言うだけあって、天国の生まれる前の性別決定のところから始まる。美輪の分身のような安藤牛乳と、作家のオスカワアイドルが狂言回しとなって歌手として成功するまでの紆余曲折を描いたもの。

約2時間ちょっとのなかにかなりの量を盛り込んであるのと、皆がある程度知っている話を脚色して見せなくてはならないので、ダジャレやちょっとしたエピソードでつないでいきます。もし、美輪明宏の死後に再演があったら野田英樹はかなりの部分を変えるのでは、と思います。スキャンダルを盛り込む、という意味では無くて、「成功したゲイの歌手」の全く別の話にするんじゃないかな。

10月4日からのものを8日に見たので、何となく皆まだエンジンがかかっていない感じ。りえちゃんも後半若干生彩を欠く感じ。頑張ってほしい。
退院後初観劇。まだ遠距離を見ると複視が出るので、疲れたー。
[PR]
by soymedica | 2013-10-10 13:01 | その他の舞台 | Comments(0)

能狂言の文化史 原田香織

d0226702_21361663.jpg能狂言の文化史 室町の夢 原田香織 世界思想社
2009年3月第一刷

能と狂言について通史的に展望し、入門者と専門家との中間段階をつなごう、という目的の本。
能については能楽以前の呪師からはじまって、世阿弥以降金春禅鳳、宮増まで。狂言についても通史を目指しているけれどちょっと切り口は異なって狂言の特色と流派の紹介にとどまっています。最後は「現代の能楽」となっている章で、明治から最近の能にかかわる(かかわった)人や新作能の動向、のまとめ。

本のページ数(270ページほど)と扱っている内容の広さから、どちらかというと入門書よりにならざるを得ない感じ、そして全体のボリュームに対して能楽以前の田楽・猿樂の解説が多めですが、読んでおいて損はない内容です。

最後に能楽堂の所在地リストと、能楽史略年表がついています。年表の方の内容の取捨選択のしかたがまた専門家には面白いのでしょうが、私には今のところこれで十分。
[PR]
by soymedica | 2013-10-06 21:38 | 本・CD・その他 | Comments(0)