2017年 06月 30日 ( 1 )

セルリアンタワー能楽堂 定期能六月 金剛流 附子 頼政

d0226702_16590950.jpgセルリアンタワー能楽堂 定期能六月 金剛流
2017年6月17日(土) 13時より

解説 金子直樹

附子
太郎冠者 茂山七五三、次郎冠者 茂山千五郎、主 茂山千作

頼政
シテ 金剛永謹、ワキ 殿田謙吉、アイ 茂山茂
笛 藤田次郎、小鼓 曾和正博、大鼓 柿原崇志
後見 宇高通成、豊嶋晃嗣
地謡 松野恭憲ほか


ぎりぎりのぎりぎりに駆け込んでびっくり。ここは脇正面席の後ろから入る作りなのだけれど、脇正面ガラガラ。この演目、この演者でですよ。
わかり易い金子直樹さんの解説から。
たくさんのコピーの資料を抱えた年配の白人夫婦あり。おそらく解説の日本語はほとんどわかっていないものと思われ、国立能楽堂でもそうですが、日本語不自由な外国人向けには解説終了後からも入場可能であることを十分告知したほうが良いのでは。


附子。こんなに有名でこんなに基本的な演目でも、この三人がやると改めて新鮮に可笑しい。
七五三ファンとしてはアンコールしてもらいたい気分。
千作さん、無理しないで頑張ってほしい。


昔、金剛流の謡を習っていると思しきおじ様が奥様に「お家元はとても良い役者なんだけれど、大柄なんで損している」と力説していて、「そんなに凄い役者かな」と失礼にも思ったことがあるのですが、今回の頼政を見て、なるほどこれは素敵、と思いました。

殿田の僧は本日着流し。京都もみたし、これから奈良に行こうという。宇治の里に差し掛かる。
遠くからこの田舎者に名所を教えてやろうというお爺さんが。
名所旧跡を全部教えろという、いささか上から目線の要求に、知識を小出しにしつつ「尉は知らずそうろう」(ここ、面白いセリフ回しでした)、などと言う実は教養高いお爺さん。
さりげなく僧の視線を扇の芝へ。
そして今日が頼政の命日だと教え、自分こそは頼政の幽霊と名乗って、消えていきます。

本日珍しく脇正面で見ていたのですが、絶対に前列の一番若い(笛柱のそばの)若い奴は居眠りしていたぞ。

地元のひとが、頼政と宇治の関わり合いについて僧に教えます。茂山茂、装束のせいか、誰かわからなかった。というか、茂山家のあの年代ってどれが誰だか覚えられない…。
ふと気付くと斜め後ろのマスクのオジサンは七五三では!!

そして、僧が「だったら頼政の霊を弔おう」と待っていると、勇ましい頼政の霊登場。前場と同じ人が演じているとはとても思えない。
「頼政の霊か?」と聞かれて恥ずかしながら、と打ち明けながら座ります。ここまで、大きな動きが無かったように思うのですが肩で息をしているのが気になる。
高倉の宮を擁して旗揚げした一行は平家の軍勢に追われて平等院にまでたどり着いたらしい。そして宇治川の橋板を外す。
やーい、ここまでおいで、と敵を待っている。このとき頼政の幽霊は立ちあがって扇をかざして見えを切るのですが、それが本当にきれい。

ところが平家の武士たちは一列になって宇治川を渡ってしまう。(なぜ渡っている最中に矢を射かけないのか?と思うのですが、そこの事情が良くわからない。まだ江戸時代の武士道などできる前で、奇襲、寝返りなど当たり前の時代なのに。)

そして劣勢となった頼政たちは一人二人と打たれ、頼政も扇を敷いて自害するのでした。
どう表現して良いかわかりませんが、地謡とシテ、双方ともに何となく艶のある謡で、しかもわかりやすい。
最後は下居して袖で顔を隠すような仕草をしたのですが、あれが消えた印でしょうか。
頼政って良い曲ですね。またこの人で見たい。

終わったら声をおかけしようと思っていた七五三は気づくともういなかった。残念。

演能の間中断続的に金槌の音のように思える音が遠くから(何となくパーティションを組み立てている音のように聞こえたのですが)。集中していると無機的な音なので気にならなかったのですが、出口で係りの人に怒っているおばさまが。まあ、ホテルの中の能楽堂ですから、あってはならないことですよね。
次回からはこんなことの無いように頼みますよ。

[PR]
by soymedica | 2017-06-30 12:42 | 能楽 | Comments(0)