2011年 03月 06日 ( 1 )

観世会定期能 3月

観世会定期能

3月6日(日)晴れ 観世能楽堂

田村、西行桜、国栖のうち、ハッピーチケットで国栖のみ(3000円5枚のみ発券)。

国栖 
 シテ:武田宗和、ワキ:野口敦弘、姥:大松洋一、天女:坂井音雅、子方:藤波重光
 三宅近成、金田弘明
 後見:武田尚浩、坂井音重
 地謡:坂井音晴、高梨良一、坂井音隆、藤井完治、北浪貴裕、武田志房、勝海登、寺井
 栄
 大鼓:亀井実、小鼓:幸清次郎、太鼓:助川治、笛:藤田次郎

大友の皇子に追われ、吉野山にのがれた清見原天皇(天武天皇)が、老夫婦に根芹と鮎(国栖魚)のもてなしを受ける。その鮎を川にはなったところ鮎は生き返り、吉兆を喜ぶ。そこへ追手が迫るが老人は追い返し、やがて夜になると天女と共に権現蔵王が舞い降り、御代を祝福するという筋立て(パンフレットより)。
天皇は子方。一度だけセリフがあるが、退屈そうで可愛らしい。
出だし、大鼓の音がおかしく後見に何かささやいていたが、何だったのだろう。
シテの声が若干聞き取りにくかった。
下の絵は天女と権現蔵王の舞。観世ネットの写真から。権現蔵王の面はこれとは違っていたような。
d0226702_9522450.jpg

[PR]
by soymedica | 2011-03-06 22:35 | 能楽 | Comments(0)