五雲会 松虫ほか

d0226702_09314694.jpg五雲会 
2017年11月18日(土)12時より@宝生能楽堂

松虫
シテ 和久荘太郎、ツレ 亀井雄二、内藤飛能、金森良充、ワキ 館田善博、アイ 善竹大二郎
笛 成田寛人、小鼓 森貴史、大鼓 原岡一之
後見 前田晴啓、金森秀祥
地謡 辰巳満次郎ほか

観たのは上記のみですが、そのほかに咸陽宮(シテ 金井雄資)、葛儀(佐野弘宜)、殺生石(山内崇生)、狂言の口真似と栗燒がありました。咸陽宮、観たかったなー。


松虫は、酒屋にやってくる数人の男たちが、「松虫の音を聞きに行き阿倍野で倒れてしまった男」の話をし、彼をしのんで酒を飲みます。
なんだか不思議な客だ、と酒屋の主人が思っているとかれらはどこかへ去って行きます。シテだけ後までちょっと残り、自分は実は倒れた男の友人(で後追い自殺した)男の霊であると打ち明けます。
そして後場では阿倍野で倒れた友を懐かしむ男(これもまた故人)がやってきて舞を舞う、という話。

シテは宝生流若手第一人者の和久荘太郎。この人、なかなかハンサムだと思うのですが、物凄く表情が硬い。いつもこうなのか、力がはいっているのか。謡も所作もすてきなんだから、もっと普通の顔をしてほしい。
なんかね、ツレもピリピリしている感じで。

今回のアイは善竹大二郎。この人いつも今一つだなー、と思っていたのですが今回なかなか。明るい感じで良かった。

後シテで登場したのはいかにも幽霊らしい男(あの面はなんだろう)。酒を友と飲んだ日をしのんで舞を舞います。

前回観たのはシテが梅若紀彰。それが初見だったのですが色々な人の話を総合すると、かなり変わった演出だったらしい。でもとても印象に残った演目だったので、他の人が演ずるとどうなのか、ずっと気になっていました。
今回はいかにも宝生流らしい地味でまじめな舞台でした。
それはそれで良いのですが、そして今回のやり方が本来のやり方だと思うのですが、もう少し軽い感じでやっても良かったのではないかな。


本来は今まで見た事のない咸陽宮を見るつもりで(しかもシテが金井!)買ったチケットですが、残念なことに間に合わず。
松虫も気になる演目だったので満足でした。

[PR]
by soymedica | 2017-11-21 09:32 | 能楽 | Comments(0)
<< 万作を観る会 牛盗人 栗燒 国立能楽堂定例公演十月 御茶の... >>