国立能楽堂定例公演九月 月見座頭 小督

d0226702_22490869.jpg国立能楽堂定例公演九月 
2017年9月15日(金)18時30分より

月見座頭 大蔵流
シテ 山本則俊、 アド 山本東次郎

小督 喜多流
シテ 粟谷明生、ツレ(小督局) 佐々木多門、(侍女)大島輝久、ワキ 宝生欣哉、アイ 山本則孝
笛 松田弘之、小鼓 観世新九郎、大鼓 佃良勝
後見 中村邦生、狩野了一
地謡 粟谷能夫ほか


いかにも秋だなー、という感じの組み合わせ。月見座頭はシテとアドが逆のパターンの配役で二度見ていますが、則俊のシテも良かった。私はこっちの組み合わせのほうが好きです。
最近山本則俊、どんどん素敵に。狂言役者の旬は長い。
月の良い晩、虫の音を聞きに来た座頭と偶然出会った男が酒を酌み交わす。興に乗った座頭は舞を舞う(弱法師なんだが)。終わる直前に照れ笑いするところが上手い。
今月の万作の会の会報によると、この曲の終わり方は二通りあるのだそうですが、山本家ではすべて「くっさめ」で終わりますね。

小督は初めての曲。構成が夢幻能とはちょっと違っていて面白い。まず、ワキの登場。ワキが一気に小督の局の状況を説明して仲国に探させる由説明します。ワキはここにしか登場しないのですが、さすが宝生欣哉、見事に舞台の雰囲気を作り上げます。
臣下の伝える言葉を幕前で畏まって聞く仲国。
そして、地謡が秋の夜に馬を駆る状況を謡っている間にシテもワキも中入りしてしまう。

そして小督の局、侍女、里の女の登場。
曲は小品なのに、舞台装置は大掛かりで、地謡側三分の一くらいのところに柴垣と片折り戸をずらっと―並べてしまい、その向こうに局と侍女がいる形になる。やけに写実的。
橋掛かりに控えていたアイ(里の女)が片折り戸を開けて、琴を所望します。アイはまた橋掛かりへ戻り、琴が始まったことを地謡が謡いだすと、ひっこんでしまいます。このアイの着ている小袖が、結構渋くて素敵でした。ツレと被らない色合いで、しかもあまり所帯じみていない、という効果が見事に出ていました。

小督を探す仲国登場。側次かと思うほど肩上げがきつい。懐には帝のラブレター。琴の音を頼りについに小督の住処を尋ね当てる。
無理やり住まいに上がろうとし、入れてくれないのならいつまでも待つと言われ、ついに小督も折れて仲国をあげる。
「入って良いよ」と言われると、肩をおろすのに何となく納得。
作りものも片付けて、舞台全体がお家の中、ということに。

そして二人は笛と琴の合奏をして秋の夜を過ごすのでした。
地謡の安定している喜多流ならではの後場。
小督は帝に直筆のお返事を書いたらしいのですが、その後二人はどうなったのでしょうかね。
本日私は非常に前の方の席だったので、粟谷明生の素晴らしい足遣いをそばで見られてラッキーでした。

小督の局と仲国は愛人関係あるいはそこまでいかなくても惹かれあっていたという説があって、私もこのシチュエーションではそうだろうな、と思っていたのですが、粟谷明生さんのブログによると、この時点で仲国はすでに60歳くらいだったとかで、それはあまり考えられないそうです。

ともあれ、初めて見る小督、良い曲だなー、と思わせてくれる舞台でした。



追加:万作の会の冊子Yoiya2 40巻のMansaku's Eyeによると
「月見座頭」はもともと和泉流には無い曲です。それを父が上演したのは、よろづの会という独演会の第四回(昭和三十年)―中略ー
私の手元に父の手書きの台本が二種類残っていますが、どちらも鷺流のものを土台にしています―略―
二つの台本の大きな違いは終わり方です。鷺流原本に近いと思われる方では、シテの盲人が犬に吠えられて逃げて行って終わりますが、もう一方では「月見にあらで憂き身ぞと、だた今思い(くっさめ)知られける。」などど歌って終わるようになっています。

[PR]
by soymedica | 2017-09-25 22:50 | 能楽 | Comments(0)
<< 第二回和氣乃會公演 一角仙人 チック >>