狂言ござる乃座55th 附子 清水座頭 弓矢太郎

d0226702_19004356.jpg狂言ござる乃座55th
2017年3月25日(土)14時より@国立能楽堂

附子
太郎冠者 野村祐基、次郎冠者 野村遼太、主 野村太一郎

清水座頭
座頭 野村万作、瞽女 野村萬斎

弓矢太郎
太郎 野村萬斎、当屋 石田幸雄、太郎冠者 月崎晴夫、立衆 高野和憲、竹山悠樹、深田博治、内藤連、中村修一、飯田豪、岡聡史


ござる乃座、土曜日バージョンです。
まずは狂言の基本(?)附子から。なかなか楽しくできました。野村祐基は遼太より背が高くなっていてびっくり。まだまだ、演技は遼太に比べて子供ですが。フレッシュさで見せた三人ですね。


清水座頭は和泉流で二回見たけれど、この組み合わせは初めて。萬斎、できるうちになるべく万作とやっておきたい、という気持ちなのか最近この二人の組み合わせが多いような気がする。ただ、万作の「平家」かなり苦しそうだった。「地主の桜」こんな良いものだったか、萬斎は今絶好調。
最後二人は手に手を取って帰るのだけれど、萬斎が万作の手首につかまって帰る。二人の身長差がさらに開いたような…。
  
  地主の桜は ちるかちらぬか
  見たか水汲み ちるやらちらぬやら
  嵐こそ知れ


弓矢太郎は初めて見る演目。口ばっかりの弓矢太郎。ほほえましいというよりただの鬱陶しいバカ。天神講の晩の怪談(玉藻の前の話)で腰を抜かす太郎。さらに天神の森で肝試しをすることになって…。
人数が多くて華やかな演目です。出てくるのは男ばかりでちょっとヴィジュアルが地味。その分弓矢太郎がド派手な装束で補っています。

面白かった。
狂言の会は普段の能の会ではあまり見られないような時間のかかる演目、人数の多い演目が出るのではずせませんね。

写真は牧谿の烏。

[PR]
by soymedica | 2017-03-31 08:21 | 能楽 | Comments(0)
<< 銕仙会青山能三月 昆布売 玉鬘 青花の会 能楽入門講座 第一回 >>