大手町座 三番叟 乱 若菜

d0226702_16473510.jpg大手町座第20回記念公演 亀井広忠プロデュース能楽舞台 三番叟
2016年12月20日(火)19時より@日経ホール

三番叟
三番叟 野村萬斎、千歳 中村修一
笛 杉信太朗、小鼓頭取 鵜澤洋太郎、脇鼓 田邊恭資、清水和音、大鼓 亀井広忠
後見 深田博治、月崎晴夫

舞囃子 
シテ 梅若紀彰、観世喜正
笛 一噌隆之、小鼓 飯田清一、大鼓 亀井忠雄、太鼓 林雄一郎
地謡 山崎正道ほか

狂言 若菜
海阿弥 野村万作、果報者 石田幸雄、大原女 高野和憲、深田博治、内藤連、飯田豪、岡聡史
笛 杉信太朗、小鼓 飯田清一、大鼓 亀井広忠、太鼓 林雄一郎
後見 月崎晴夫、野村裕基


太鼓が観世元伯にかわり林雄一郎に。体調不良で無ければ良いのだけれど。インフルのシーズンですからね。
ホールで萬歳の三番叟を見るのは二度目なんだが、以前の杉本博司とのコラボでやった凱旋公演の方がずっと良かったような気がする。
見ながら考えたのは、ホールでやるというのは能舞台とはおのずと違うので、それなりの照明効果とか演出が必要だということ。
演者も三方から見られている能舞台と、一方向からしか視線の来ないホール能とは恐らく違う気持ちで臨んでいるだろうし。

舞囃形式のは面白かった。普段は装束と面に隠れていてはっきりしない体の使い方が素人目にもわかる。
おまけにシテがハンサムなお二人だし。
相舞が揃うとか揃わないとかよく批評されるが、「揃う」というのはボリショイバレーの群舞が「揃う」とはまた別の意味なのではないだろうか。面をかけていなくて相手の気配が良くわかるだろうに、二人とも一糸乱れず揃えようという意識はあまりないようだったし、見ていても不自然では無い。この辺のところはだれか評論家に教えてもらいたいものです(役者自身はあんまり西洋の踊りとの違いを意識していないのではないか)。

そして期待の狂言、若菜
野に遊びに出てきたお金持ちの石田と太鼓持ちの万作。二人が出会った大原女達と酒を酌み交わし、小唄や舞を楽しむというもの。
「庵の梅」のような感じですね。
囃子方が4人ずーっといるのですが、全員正面を向いていました。
これもホールでやることの宿命なのでしょうが、脇正面席がないと、全体の人の配置のバランスが難しいかも。演者はどう思ってやっているのか。一番不自然さを感じさせないで立ち位置を決めているのが万作だったのはさすが。
高野が謡が上手なのにびっくり。そして、こう言うちょっとした謡を小学校で教えたら面白いのにな、と思いました。

しかし、80歳を越えている万作、片足けんけんをしていましたよ。




[PR]
by soymedica | 2016-12-28 16:49 | 能楽 | Comments(0)
<< 野村裕基三番叟披キの会 国立能楽堂定例公演十二月 胸突... >>