国立能楽堂定例公演十月 木六駄 葛城

d0226702_17475193.jpg国立能楽堂定例公演十月 演出の様々な形
2016年10月21日(金)18時より

狂言 和泉流 木六駄
シテ 野村万蔵、アド(主)能村晶人、小アド(茶屋)野村萬、野村万禄

能 観世流 葛城 大和舞
シテ 浅井文義、ワキ 森常好、ワキツレ 則久英志、大日方寛、アイ 吉住講
笛 一噌隆之、小鼓 観世新九郎、大鼓 安福光雄、太鼓 三島元太郎
後見 浅見真州、浅見慈一
地謡 岡久広ほか


なんと、野村萬家の木六駄目当てで買ったのに、遅れてしまって後ろの椅子で見る羽目に。印象薄くなりますよねー。
残念。


でも、浅井文義の葛城が良かったので、まあ良いか。

笛が一噌仙幸から隆之へ。仙幸さん、養生して戻ってきてほしいな。

大和舞の小書きゆえということで、大小前に雪山の作り物が出されます。
山伏たちが葛城山にやってくると、折悪しく雪が降りだします。道行の謡が今一つ。
どこか物陰で雪を避けよう、と相談していると遠くから女が「のうのう」と呼びかける。
ビブラートのかかった美しい声で、笠の下のお顔はきっと美人なのだろうな、と思わせる。

雪で大変でしょうから我が家へと美女が誘ってくれるのに、受ける森は今一つ嬉しそうではない感じ。
女のあばら家についた一行。女は「しもと」を焚いてくれます。そして山伏たちにその由来を教えます。

しもとゆう葛城山に降る雪の間なく時なくおもほゆるかな

女が置いたしもとの作り物を引くのが後見ではなくて地謡後列の人なのがちょっと目を引く。
夜の勤行をしようという山伏たちに女は「私のことも祈ってほしい」と。この、「このみをたすけてたびたまえ」のセリフがとても感情がこもっていてきれい。
そして何やら橋のことを口にすると雪山に消えてしまう。

アイが出てきて葛城山の女神と役行者にまつわる話をしてくれるのだが、発声がちょっと詰まった感じで聞きにくく、疲れてしまった。
役行者は山伏たちの利便のために葛城山から大峰に橋をかけようとしたけれど自らの醜さを恥じて夜にしか働かなかった女神。役行者は怒って女神を縛って閉じ込めてしまったという話ですが、ふと、「健脚を誇る山伏なんだから、橋なぞ要らないのでは?」と思う。

作り物の引き回しがおろされると、頭上に緑のつたを載せた女神が現れる。
美人である。話が違うじゃないか、といつもここで思うが…。それはともかく、面がとても良い。

神様物の後半は前半に比べて没個性的な曲が多く、これも例外ではないけれど、そこを面白く見せるのがシテの実力。
今回も良かったです。この人、地謡など座っているところを見ると地味なおじさんなんですが、あの人がこの面の後ろにいるとはとても思えない。華のある舞台でした。

森は山伏なんだからちょっとやせたほうが良いな。座っているのも辛いでしょう。
囃子も実力陣で良かったけれど、太鼓はもっと締めてある音のほうが好き。
地謡はまあまあだったかな。

面は前シテが深井、後シテが近江の増。

写真は青森の大鰐温泉 大円寺。

[PR]
by soymedica | 2016-10-28 17:52 | 能楽 | Comments(0)
<< 茂山狂言会特別公演 五世千作、... ござる乃座54th 萩大名 連... >>