興福寺勧進能 第二部 邯鄲

d0226702_1420248.jpg興福寺勧進能 第二部
2016年7月14日(木)18時より@国立能楽堂

樋の酒
シテ 野村万蔵、アド 能村晶人、小アド 野村虎之介

邯鄲
シテ 浅見真州、子方 谷本悠太郎、ワキ 宝生欣哉、ワキツレ(輿)大日方寛、則久英志、(大臣)殿田謙吉、野口能弘、野口琢弘、アイ 河野佑紀
笛 松田弘之、小鼓 古賀裕己、大鼓 亀井洋佑、太鼓 小寺佐七
後見 浅見慈一、坂井音晴
地謡 浅井文義ほか


遅くなってしまいせっかくの万蔵の樋の酒が見られなかった(涙)。

邯鄲は能役者の好きな演目と見えますね。見せどころも多いし、かわいい子方も出せる。
まずは河野扮する宿屋の女主人登場。良く考えてみるとこれはなぜ「女」主人なのだろうか。作られた当時の社会習慣では枕を勧めたり、粟のかゆを用意したりするのは亭主では不自然だったのでしょうか。
それにしても河野、力はいりすぎ。

お客が遠くからやってくる。一の松のところで何やら言ってもしょうがないと思われるいかにも哲学青年らしい、述懐を。顔が若いのに声が老けているのがミスマッチ。でも、そう思ったのはここだけで、その後それを感じさせなくするのが凄い。

さて、旅館について床几を勧められ自己紹介をすると、「それならあの大床にある有名な邯鄲の枕でお休みなさい」と女主人に言われる。豪奢な着物を着た世間知らずそうな若者だから、親切にしておけば代金も弾んでくれようというもの。

すぐに寝入ってしまった盧生、トントンっと宝生欣哉に起こされます。譲位のお知らせです。手を何でモソモソしているのかと思ったら、数珠が袖の内側に引っかかったのか??これを扇に取り替えて輿に乗ります。掛絡もここでとったら、と思うのですがこれはなぜか玉座でとる。

ぞろぞろ現れた臣下たち。この並び方、脇正面側にずらっと並ぶのではなくて、笛座の方にいる。子方がハンサム。金の烏帽子。グリーンの長絹がとても良く似合っている。大口には綺麗な模様も入って。皆新品に見えます。この素敵な悠太郎クンがスマートな舞を舞うと、それを見ながら皇帝となった盧生も踊りたくなり、腕まくり(本当は肩をおろします)。有名な空降り、足をおろした後でじっとあげている姿が綺麗。そのあと後ろを向いて腰掛けてじーっとするところが面白い。
後半は舞台から橋掛かりまで使って舞います。ワキはすーっと切戸口から退場。
太鼓がマイペースでなんだか面白かった。

最後にまた大床に休む盧生。と、橋掛かりに座りっぱなしだったアイ(途中でいったん退場すれば良いのに)が、とんとん、とまた盧生を起こす。そして切り戸から退場。

目が覚めた盧生はぼーっと座っている。ここから「盧生は夢覚めて」までの無言の時間がちょうど良くてさすがです。

邯鄲は長い曲で実は飽きてしまう事も多いのですが、子方を含めた舞が素晴らしかったのと、浅見の要所要所での間の取り方が絶妙だったのとで楽しい一夜でした。
来年はテアトルノウとぶつかってますなー。
[PR]
by soymedica | 2016-07-24 14:20 | 能楽 | Comments(0)
<< Intermission 第三十二回テアトル・ノウ東京公... >>