外国人のための能楽鑑賞教室 柿山伏 小鍛冶

d0226702_10492123.jpg外国人のための能楽鑑賞教室Discover Noh & Kyogen
2016年6月24日(金)19時より

解説 Richard Emmert

柿山伏
シテ(山伏)野村万蔵、アド(畑主)小笠原匡

小鍛冶
シテ 観世喜正、ワキ 殿田謙吉、ワキツレ 大日方寛、アイ 能村晶人
笛 栗林祐輔、小鼓 森澤勇司、大鼓 大倉慶乃助、太鼓 梶谷英樹
後見 奥川恒治、佐久間二郎
地謡 遠藤喜久ほか


今回は最初が英語の解説、モニターもいつもの英語以外に中国語、韓国語画面付き。すいません。日本人の私も行かせていただきました。
西洋人率高し。どうやって切符宣伝したのかしらん。能や狂言の成り立ちを書いた至れり尽くせりのパンフレットも。あらすじは何と日本の新しい伝統「マンガ」で。でも、英語も中国語も韓国語も母語でない人のために、フリガナ付日本語文もつけておくべきだと、私は思う。

演目の選び方が良いですね。動きがあるし、面もかけているし。直面ものだとかえってとっつきにくいかもしれない。そんなに長くないし。

ビジネスマンというよりもっと若い人が中心ですが、配偶者が日本人と思しき人たちも。驚いたのは前の日本人のおばさん。着物風の派手なドレスに和風の布を編み込んだ髪型。ふくよか。で、案内の人を呼び止めて何を聞くかと思ったら「この画面、ずっと「日本語」と出ているだけで変わらないけれど??」(まだ始まっていないんだから…。)メンタリティーはラテン系とみた。
ともかく、始まるまで結構賑やかなのがいつもと違う感じ。

最初の英語の解説はお稽古歴ウン十年に違いない袴姿の西洋人。色々な人の事を考えてか、かなりゆっくりしたお話で、ちょっと英語力brush upしました。ネット検索したところ、
武蔵野大学のAsian Performing Artの教授で、喜多流の師範(?)らしい。
能や狂言とはどんなものか、舞台や囃子の解説をしてくださいました。弱吟と強吟の解説では実演付き、「強吟」は世界に類のない非常にユニークな歌い方だとおっしゃっていました。囃子の掛け声の実演も。

休憩の後は柿山伏。見所の反応良し、でした。この二人、やはり上手いなー。後見の能村晶人の袴がやけによれていて、汗でも書いたのかしらん。

そして小鍛冶。先日伏見稲荷に行って山を一周してきたので是非この演目を見たくて切符を買ったんです。
観世喜正もそして殿田謙吉も危なげのない良い演技でした。そして、大日方さん、舞台上では本来の人格よりも元気が過剰になるのでは、といつも思っています。日本語のある程度分かる外人には割とゆっくりなセリフ回しで良かったと思います。

帝に使える橘通成が「ご命令だから刀を打て」と宗近に言うのですが、良い相方がいない宗近は困ってしまう。お稲荷さんにお願いを、と思うと童子が出てきて「心配するな」と。この童子の出で立ちが、着物が黄色の地に黄緑の葉(ところどころに白っぽい花)の模様、上にはオレンジの水衣。とても綺麗。狂言の装束色合わせより、能の色合わせの方が私にはしっくりきます。

前場、そして間語りともに日本武尊の叢雲の剣伝説を語るのですが、あんまり本筋との整合性が無い。でもあまりに熱心に謡われるので、もしかしたら宗近は叢雲の剣を作った人の子孫だと言うのを聞き洩らしていたのか??といつも思うのですが、そういうものではないらしい。いかに剣を作ることが重要なお仕事か、と言いたいみたい。

シテ、ワキは中入りするのですが、ワキツレだけが舞台に座って待っていなくてはならない。一番身分が高いんだから、ちょっとお休みしてお茶でも飲みたいでしょうに、といつも気の毒に思います。

一畳台が出されたのち、宗近が出で立ちを改め登場。このキラキラしい衣装が中世ですね。今だったら白一色の装束にしそうな感じ。準備していると、稲荷明神登場。赤頭で狐を載せています。これについてもパンフレットにはなぜ狐なのかちゃんと書かれています。
シテもワキも割と大柄な人なので、結構迫力でしたね。

やっぱりこの演目は動きが合って面白い、殿田謙吉が「最近小鍛冶が良く出る」とつぶやいていましたが、私はあんまり出会わない演目なので面白かった。

若手の地謡もよかったですが、メリハリが今一つ。
囃子…。大小がちょっと。頑張ってね。
[PR]
by soymedica | 2016-06-26 10:51 | 能楽 | Comments(0)
<< 銕仙会定期公演七月 西王母 文... コペンハーゲン >>