国立能楽堂二月特別講演 吟三郎聟 楊貴妃

d0226702_2225145.jpg国立能楽堂二月特別講演
2016年2月24日(水)18時30分より
正面席 6300円

おはなし 西哲生

復曲狂言 吟三郎聟
シテ(聟)茂山千三郎、アド(舅)茂山千五郎、(太郎冠者)島田洋海、(教え手)丸石やすし

能 観世流 楊貴妃 臺留
シテ 関根知孝、ワキ 福岡茂十郎、アイ 松本薫
笛 一噌幸弘、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井忠雄
後見 木月孚行、武田尚浩
地謡 岡久広ほか


おはなしは関根祥六と西哲生の対談の予定だったのだけれど、関根は体調を崩して出られず、西哲生が一人で解説したらしい。(遅れて行ったので聞けなかった)。

復曲狂言の吟三郎聟。たしかに丸石やすしの方が千三郎より貫録あって、舅としてはこっちの方が聟として頼もしいだろうけれど、ちょっと貫禄ありすぎ。面白かった。
どこかに行く時「さあさあこいこい」というところを、婿はそうも言いにくく、「さあさあござれござれ」と言ってしまう。そこからもう、おかしみがじわーっと。
茂山家の実力は復曲狂言でもいかんなく発揮されました。


楊貴妃。大小前にオレンジの屋根、深緑の引き回しの宮が出されます。あんまりスーッと持ってくるので、あれ、これは中に人が入っていないのだっけ?と思うくらい。
準備ができて、玄宗皇帝に楊貴妃の魂魄のありかを訪ねるように命令された方士登場。息子も大きいけれどお父さんも体格が立派、と改めて感心。宝生閑亡き後、私の一押しのワキ方です。

あちこち探し当てて常世の国にやってくる。字幕を見ていて気付いたのですが、蓬莱とかいて「とこよ」と読ませる部分がありました。蓬莱って熱田神社辺りの事なんですって???(鰻屋さんではなくて)。
常世の国にも「そのあたりの人」というのが居るのが何となく不思議なんですが、とにかく教えられて太真殿にたどり着く。

宮殿の奥から声が。関根知孝って関根祥六の甥だったか。出だしの声が、あれっと思うほど似ていた。
玉のすだれをかかげて立出る、と地謡は歌っているけれど、まだ楊貴妃は宮殿の中。なぜかおろした引き回しは「梨花一枝、雨を帯びたる装いの」まで下に置いたままなのはなぜだろう。この地謡の最後の方(六宮の粉黛の云々のあたり)で簾が披いて楊貴妃登場。後ろの後見が紐をひくと簾(鬘帯らしい)が左右に開く仕掛けで、とても綺麗。

綺麗と言えば地謡に艶があって綺麗。この曲は耳で聞いてわかる詞章が多いので、地謡が綺麗という事は重要ですよね。
シテの謡もこもらずに艶のある地謡と良く合っていました。そして、女性の能面ってそれだけ見るととても美人とは思えないのですが、こうやって天冠下(今回は増)になってみるとこの女性は確かに絶世の美人。
舞もすらーっとした印象。

序之舞の後の最初の謡(名前がついていましたよね)、の出だしが予測していたよりも早くてびっくり。

さて、勅使は都に帰るのですが、橋掛かりでいったん振り返り、そして深く礼をします。ここのところで、方士は楊貴妃に恋していたんじゃないのかな、といつも思うのですが。
楊貴妃の方は全然そんな風もなく、また一人寂しく宮廷に帰って行くのでした。

終わりはもちろん宮を出て橋掛かりから帰るのですが、シテが橋掛かりに差し掛かったところで地謡も扇を置いておしまいとなります。

美しい一曲でした。
[PR]
by soymedica | 2016-02-28 22:26 | 能楽 | Comments(0)
<< 都民劇場能 二人袴 鷺 福の神 国立能楽堂二月 企画公演 蝋燭... >>