国立能楽堂一月企画公演 松囃子 祝祷芸の様々 菊池の松囃子 高砂 松囃子 靭猿

d0226702_12271513.jpg国立能楽堂一月企画公演 松囃子 祝祷芸の様々
2016年1月23日(土)13時より
正面席4590

菊池の松囃子 
勢利婦

御松囃子御能保存会
舞人 田嶌晴雄、太鼓 原口政信、大鼓 吉田繁、菊本清範、後見 田嶌慎太郎
地方 田神清敏ほか8人

舞囃子 高砂 
宝生和英
笛 松田弘之、小鼓 大倉源次郎、大鼓 大倉慶之助、太鼓 大川典良
地謡 武田孝史ほか4人

狂言 和泉流 松囃子
シテ(万歳太郎)野村又三郎、アド(兄)松田高義、(弟)奥津健太郎

狂言 大蔵流 靭猿
シテ(大名)茂山七五三、アド(太郎冠者)茂山宗彦、(猿引)茂山逸平、子方(猿)茂山慶和


あまり期待していなかった菊池の松囃子(熊本県)。これがとても面白かった。
演能前に正先に出された三方。プログラムによると蓬莱三方というのだそうで、三方に白米を森、炭で岩山に見立て、鶴(唐辛子のくちばし、花を尾に見立てた茗荷)、シイタケの亀が載せてある。これがひかれると切り戸から出てきた地謡が老松の前に2列に並ぶ。揚幕からは囃子が出てくる。小鼓が無い。さらに先ほど三方をひいた人が橋掛かり寄りに空の三方を前に控えている。

やがて揚幕から幣のついた笹を担いだ舞人がやってきて正先で礼をし、(私たちにお辞儀をしているわけでは無くてお城の能舞台の向かいにある「将軍木」に礼をしているのです)「天下泰平云々」とおめでたい口上を述べた後舞いはじめます。謡の文句も面白いし、舞の動作もダイナミック。小鼓が無く、大鼓2台なんだが、プロの囃子方の音より何となく湿っていてちょっと違う。

良いものを拝見しました。


次いで舞囃子の高砂。全員侍烏帽子に長裃。地謡に宝生流のベテラン人が勢ぞろい。宝生和英も地謡も凄く力強くておめでたい。実は宝生和英の密かなファン。でもこの人、真面目できちんとして危なげが無いんですが、何かが足りない。年取るとその何かがついてくるものなのだろうか。
ともあれお正月らしい清々しい舞囃子でした。


名古屋の和泉流の三人による松囃子。毎年めでたい松囃子のご祝儀に行く万歳太郎。いつも前年の暮れに米をくれる兄弟が、今回は忘れたものか米が来なかった。だからと言って行かないのも何だし、行ったら思い出してくれるかしらん、と布施無経の坊さんのように色々工夫をしてそれとなく催促。やっと思い出してもらって鞨鼓を打ちながら舞を舞う、という話。
アドの兄弟二人の着物の段熨斗目がそれぞれ何となく金銀を想像させるような素敵な色使いでした。
これも春らしい楽しい曲。名古屋の和泉流、東京とはずいぶん違うけれどこれもまた好きです。


靭猿。あまりに有名ですが実は観るのは初めて。釣狐は演ずることのできる年齢幅がひろいけれど、これは子ザルの年齢の子がいるかどうかに左右されますからね。
おじいちゃんとその息子2人、孫、の共演。

大名の被り物が面白い。鍋蓋のような形の麦わら帽子というか…。騎射笠というのだそうです。
あらすじはとても有名なので省略しますが、今回思ったのはこの曲の主役は猿引きだな、ということ。
昔、万作―萬斎―裕基が靭猿をするドキュメンタリーを観たことがあるので何となく主人公は猿かとぼんやり思っていましたが。

猿が助かるまでの演技力、謡など、猿引きには見せ所が満載。今回、逸平って上手いな、と思いました。ひょうひょうとした感じだけれど、結構怖いお父さんなんじゃないだろうか。
許されて子猿が踊る前の物着の時にはお面を押さえてなにか話しかけるお父さん。子猿がうなずいたところを見ると、「見えてるか」くらいのことを聞いたのでしょうか。

私の好きな七五三は前半は笠で顔が見えないし、後半は着ているものを皆猿引きにやりつつちょっと踊る、くらいの出番しか無くて、残念でしたが、逸平の面白くて上手な謡がたくさん聞けて良かったです。

最後に猿はサル引きにおんぶされて帰ります。お疲れ様。

ますます茂山家が好きになりました。
[PR]
by soymedica | 2016-01-25 12:32 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂一月特別講演 鱗形 ... 茂山狂言会 茫々頭 寝音曲 空腕 >>