第九回広忠の会 定家

d0226702_2129785.jpg第九回 広忠の会
12月22日(火)18時半より@銕仙会能楽研修所

一調 芭蕉
謡 観世銕之丞、大鼓 亀井忠雄

定家 
シテ 味方玄、ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 大日方寛、御厨誠吾、アイ 野村萬斎
笛 杉信太朗、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井広忠
後見 観世銕之丞、山崎正道
地謡 片山九郎右衛門、観世喜正ほか

舞台の天上と橋掛かりの所にマイクがあるのに初めて気づきました。録音しているんですね。

こういう会の仕舞ってざわざわする見所を落ち着かせてメインの能につなぐ、という役割があると思うのだが、本日は大物の一調から。見所を鎮めるのではなくて何か舞台に住む魔物を鎮めるという趣き有。ふと気づいたのだが、観世淳夫の謡、銕之丞の微妙な癖の、その部分が強調されたものかもしれない。


定家。坂口貴信、こんな人だったっけ。太ったのかな。
亀井広忠はオレンジの袴でおしゃれしています。本日の囃子陣はビジュアル的にも大変に宜しい。

塚の作り物が出ます。
旅僧の一行登場。宝生欣哉、力んだところが無く、いつもにも増して良い。
橋掛りから女登場。面は古いものだろうか。水晶の数珠を持つ。金地に女郎花と桔梗の図案かな。
このシテとワキの時雨の亭をめぐる問答がとても良い。
今詞章を観ているのだけれど、式子内親王の墓に案内するまでこんなに長いとは思わなかった。あっという間に感じられました。

時雨の亭で雨宿りする僧を女は墓に案内し、「私は実は式子内親王の霊」と言って、作り物にぴったり寄って立ちます。脇正面にいたので気づいたのですが、この場面の直前に作り物の中にはすでに後見が一人入っているのですね。
そして女は定家葛のはい回る墓の中に消えてしまいます。

この前場、良かったなー。

さて、地元の人が出て来ます。野村萬斎、地味な色の長裃来ているんですが、このお家の装束の色合わせは理解可能。地味だけれど洒落た色合いでした。
地元の人が一所懸命式子内親王と定家の謂れを語っている間、作り物の中では装束付がなされています。何か糸で留めているのですが、糸が凄ーーく長い。ま、長い方がシテにぴったり近寄らなくても留められますけれど。

僧がお弔いをしていると、引き回しが下ろされて式子内親王の霊が現れます。前シテと同じ面なので、「あらいたわしの御有様…」という感じでは無いはずですが、そういわれるとそんな気もしてくるから不思議。
水色の大口に青い長絹で冷え冷えした感じです。
持っている扇がとても華やかな模様で一方が花車、もう一方が雅な花見かな?

優雅に舞います。舞は冷え冷えして、満月の下にいるのか?という綺麗なものでした。解説を読むとシテは姿の醜いことを恥じてまた塚に戻ってしまうという事なのですが、そういう具体的なことを考えているとはとても思えない内親王でした。念仏に引かれて出てきて舞うとふっとまた墓に戻ってしまう。

墓に戻る前に何回も作り物の柱を回りますが、これがとても美しかった。

最後に作り物の中に下居して扇で顔を隠すようにして終わりましたが、面の顔色まで悪くなったように感じたのでした。

シテが橋掛かりの中ほどに行くまで、地謡は扇を構えているものなのですね。淳夫の扇だけが要が外に大きく流れているのが気になりましたが。

大変に満足した舞台でした。定家って良い曲だな、と思ったのですが、これ、下手な人がやったらきわめて退屈でしょうねー。
[PR]
by soymedica | 2015-12-27 21:34 | 能楽 | Comments(0)
<< 喝食抄 堂本正樹能劇評論集 国立能楽堂十二月普及公演 鶏聟... >>