本:読んで愉しむ能の世界

d0226702_23415043.jpg読んで愉しむ能の世界 馬場あき子 淡交社
2009年3月12日初版発行 286頁2000円+税

昭和49年(1974年)に雑誌「淡交」に連載されたものだそうです。この人の能の解説の本はどれも楽しいですが、これは若いころに書いたものだけあって全体に「柔らかい」感じがします。この人の書いたものを読むと明日にでも能を見に行きたくなるのですが、そういう上手さは若いころからのものだったのですね。

詞章をちりばめ、見どころ(筆者が良いと思った)について解説、あらすじもざっとはわかります。

後半は能の作り物の楽しさ。そういえばあの作り物を見ながら私もそう思ったっけ、と作者とおしゃべりしている感じになります。

お勧め。
[PR]
by soymedica | 2015-10-30 23:43 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂十月 企画公演 抜殻... 第七回 燦ノ会 井筒 >>