国立能楽堂九月定例公演 蚊相撲 鵺

国立能楽堂九月定例公演
9月16日(水)18時30分より
正面席 4900円d0226702_00094.jpg

狂言 大蔵流 蚊相撲
シテ(大名)茂山千五郎、アド(太郎冠者)茂山良暢、(蚊の精)茂山正邦

能 宝生流 鵺
シテ 佐野登、ワキ 高井松男、アイ 茂山茂
笛 槻宅聡、小鼓 観世新九郎、大鼓 大倉正之助、太鼓 小寺真佐人
地謡 渡邊荀之助ほか


記録を見ていたらこれを書き忘れていたことに気付きました。あまりに時間が立っているのでメモだけ。

蚊相撲。千五郎と七五三、似てない兄弟だな、と思ていたら年取ったらだんだん似てきた。角度によってはそっくり。二人とも千作みたいになってきた。
まだまだ似るような歳では無い正邦。栄養の良い蚊でした。
相手が蚊の精だと気づいても、やっぱり勝ちたいというほど、相撲は面白い娯楽だったのでしょうね。

太郎冠者の来ていた肩衣の模様が面白かった。笹の衣装にやけにリアルな印象の動物が描いてありました。


。新九郎いがいはあまりなじみのない囃子陣。お調べ聞いてると不安なんですよね。特に笛が。始まってからは普通でしたが、まあ、普通。
高井松男さん登場。歩き方がいつも「この人ご病気かしら」と思わせる。腰帯が面白いデザインだった。
でも、やっぱりこういう演目は宝生閑で観たかったなー。ごめんね、高井さん。

今回のシテの佐野登、おそらく初めて見る人。別にどこが悪いというわけではないのだけれど、選んだ型のせいか、何となくせわしないのに印象に残らない。前場で棹を二回捨てるのはいつもでしたか?そんなに色々盛り込んでどうするの?と思わせる。

宝生流の鵺は初めてだと思うのですが、観世や喜多と受ける印象が違いますね。

面は前シテが怪士、後が猿飛出。
[PR]
by soymedica | 2015-09-26 00:00 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂九月企画公演 「ガラ... 国立能楽堂九月普及公演 貰聟 女郎花 >>