国立能楽堂五月企画公演≪寺社と能≫ 翁 棒縛 恋重荷

d0226702_239785.jpg国立能楽堂企画公演≪特集・寺社と能≫
2015年5月21日(木)18時より

おはなし 松岡心平

多武峰式翁
翁 観世清和、千歳 観世喜正
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 大倉源次郎、大鼓 山本哲也、太鼓 観世元伯
後見 大槻文蔵、上田公威
地謡 観世銕之丞ほか

棒縛 大蔵流
シテ(次郎冠者)茂山七五三、アド(主)茂山茂(太郎冠者)茂山正邦

恋重荷 観世流
シテ(山科荘司)梅若玄祥、ツレ(女御)片山九郎右衛門、ワキ(臣下)福王和幸、アイ(下人)茂山逸平
笛 一噌庸二、小鼓 観世新九郎、大鼓 山本哲也、太鼓 観世元伯
後見 観世銕之丞、山崎正道、谷本健吾
地謡 大槻文蔵ほか


満席。まずは松岡心平のおはなしから。「本日は翁ですので、解説は舞台に上がらずここで」と中正面のあたりでお話。ま、要点は「20分じゃ解説できないのでこの秋に講談社から出る本を買って読んでね」とのこと。買いましょう。


の多武峰式というのは要するに三番叟抜き、小鼓一人、なぜか何もしない太鼓が登場する、というもの。
談山神社に伝わる摩陀羅神面を使うのですが、眉がなくてとても大きな翁面。つけたところは何となく伎楽面を想像させます。
松岡心平の解説を聞いた直後のせいもあり、謡の文言から談山神社周囲の豊かな水流と緑が連想されて、やはり翁は良いものです。
観世喜正の千歳が良かった。千歳がこんなに印象的なものだとは初めて気づきました。


棒縛の太郎冠者が千五郎から正邦に、アドが正邦から茂に。千五郎病気とのことですが、大丈夫かな。
棒縛ってこんなに面白い演目だったろうか。七五三、絶好調。間の取り方が絶妙。もう70歳になろうかというのに、あの姿勢で立ったり座ったりも凄い。


見るたびに演出がちょっとずつ違う恋重荷。共通しているのは最初に後見が正先に重荷を出すところくらいでしょうか。
九郎右衛門の女御がしずしずと登場。まあ、演技は鏡の間からと言うそうですからわからないでもありませんが、もう少しさっさと出てきてほしい。老婆ものでも始まるのかと思った。

いかにも立派な臣下の福王和幸登場。茂山逸平も登場。こんなイケメンたちに取り囲まれている美しい女御が卑しいしわくちゃの老人に思いをかけられたって、ピンと来ないでしょうね。
呼ばれて出てきた山科荘司、箒に添えて菊の花を持っています。背中の曲がった外股の歩き方がいかにも卑しい。

その荷を運んだら女御が姿を見せようぞ、と言われ、では、と袖まくり。持っていた箒は後見に渡しますが、菊は腰に差します。粋だな。
虎と思えば石にだに立つ矢のあるぞかし、と頑張りますが、踏ん張りすぎたのか頭の血管がぶちっと切れて死んでしまう。この時に菊を荷に置いて幕に駆け込みます。

「そんなつもりじゃなかったのよ」と庭におりてくる女御。おでこで細目であんまり美人じゃないような気がするのだが、御歌はお上手だしお召し物も素晴らしい。

後シテの悪霊がやってくる。金と黒(濃い茶か?)の袴に金の法被。法被の裏が紫。顔がこれまた恐ろしい。談山神社にはこんなものが保存されていたかと思うと何だか怖い。
そして散々恨み言を行って「懲り給えや」と荷の上の菊を女御に投げつける。と、ふっと糸が切れたように、「まあ、あんたの守り神になってやろうな」と杖を置いて消えていく。もうどうでもよくなったんだろうか。

重荷は出るときも引くときも、銕之丞が軽々と揚幕から出し入れしていました。なぜ切戸口じゃないのでしょうね。

前シテの面は国立能楽堂蔵の三光尉、後シテは談山神社所蔵の悪尉。ツレも談山神社の女面だそうです。
[PR]
by soymedica | 2015-05-23 23:11 | 能楽 | Comments(0)
<< 銕仙会青山能5月 国立能楽堂五月定例公演 仁王 杜若 >>