銕仙会青山能四月 蝸牛 野守

d0226702_2014792.jpg銕仙会青山能4月 
2015年4月21日(水)18時半より@銕仙会能楽研修所

蝸牛
シテ(山伏)野村万蔵、アド(主)野村虎之介、小アド(太郎冠者))能村晶人

野守
シテ 安藤貴康、ワキ(山伏)野口能弘、アイ 河野 佑紀、
笛 寺井宏明、小鼓 森貴史、大鼓 大蔵慶乃助、太鼓 桜井均
後見 観世銕之丞、西村高夫
地謡 浅見慈一ほか計6人


正面の正面のど真ん中に座れた。
蝸牛は太一郎じゃなくて残念だけれど、万蔵だったのでこれもまた良し。
しかし、昔の人はカタツムリをどうやって薬にしたんだろうか。黒焼き?干す?腰痛にナメクジを生のまま飲む、という民間療法があって、妙な寄生虫に感染して云々という話は聞いたことがあるが。
こういう筋があってないようなナンセンスな話、好きです。


野守は今回塚の作り物を出す方式。大小前に塚が出されます。
観光にやってきた山伏が春日野に着きました。野口くーん、春の長閑な景色を愛でているのだから、そんなに力まないでも良いような…。

野守の老人が出てきて、美しい池のいわれを教えてくれます。前にこのシテの謡をきいたとき、外人のような発音に驚いたのですが、今回あまりそれが目立たない。前の発音が何が悪い、というわけではないけれど何となく今回の謡のほうがしっくりくる。節回しも上手になったような気がする。もう少しこなれた感じにやってくれれば嬉しいけれど(ワキもね)。

池は「野守の鏡」と言って、帝の鷹狩で逃げた鷹の姿を映したのを野守の老人が発見したといういわれがあるらしい。私は何となく掘り抜き井戸を一回り大きくしたくらいのサイズを想像しているんですが、本当はどのくらいの大きさの池なんでしょうか。

なぜか後見の銕之丞は物凄く怖い顔で座っている。シテの足元をにらみつけていましたが、何か???
野守は塚の中に消えていきます。

ワキも力いっぱいですが、アイも力いっぱいの説明。
アイ語りの間の後ろの囃子方の視線って意外と気になるもので、あまりきょろきょろしない方が良いと思います。特にヤスメの姿勢から戻したとき。大鼓の方、脇正面に何か気になることでもあったのだろうか。

塚の引き回しがとても揺れるので気になったけれど、準備も間に合ったようで、鬼の登場。
ワキの山伏の言葉が気に入らず塚に戻ろうとするのを引き留めて、野守の鏡を使って天から地獄まで見せてもらいます。きびきびした動きで楽しかった。

今回、シテはシテ、ワキはワキ、囃子は囃子でやっているような舞台でちょっと残念。シテから地謡まで一体となる舞台つくりって難しいのでしょうね。そして、小鼓の出来が非常に悪い。音が出ていない感じ。何とかしてほしいものです。

面は前シテが三光尉で堀安右衛門
後シテが小癋見(作者不詳)
[PR]
by soymedica | 2015-04-27 20:03 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂狂言の会 墨塗 野老 髭櫓 国立能楽堂四月普及公演 長光 忠度 >>