銕仙会青山能一月 鞍馬参 養老

d0226702_13482295.jpg
銕仙会青山能1月
1月28日(水)18時半より@銕仙会能楽研修所

狂言 鞍馬参
シテ(太郎冠者)山本則秀、アド(主)山本則重

能 養老
シテ 観世淳夫、ツレ 青木健一、ワキ 大日方寛、ワキツレ 則久英志、館田善博、アイ 山本凛太郎
笛 栗林祐輔、小鼓 幸正昭、大鼓 亀井洋佑、太鼓 小寺眞佐人
後見 清水寛二、安藤貴康
地謡 観世銕之丞ほか計6人


狂言の鞍馬参り。ケチで貧乏な主人と一緒に鞍馬参りした太郎冠者。太郎冠者だけが多聞天の夢を見て福を授けられる。それに嫉妬した主人が「それは本来自分のもの」とのお告げがあったと、取り上げようとする。結局太郎冠者は主人に福を渡してしまうのだけれど、チョットだけ抵抗する、というお話。地味な話だけれど、面白い。
それにしても山本家にしても茂山家にしても皆同じような名前でややこしやー。


能の養老は銕仙会の次代を担う淳夫のために、若手で固めました、というラインナップ。大鼓の掛け声がちとうるさい。そして大鼓と小鼓の掛け声があまりマッチしないような気がする。

ともかく、やけに若い勅使の一行登場。山道だから若者を派遣したのだろうか。養老の滝の話を聞き及んで美濃の国、本巣までやってきた、と謡う。おりしも通りがかった親子。シテ・ツレ二人とも、物凄く頑張っている様子がこちらにまで伝わってくる。
勅使が「あなたが有名な養老の親子か?」と聞くと、親子は養老の滝の効能を語り、場所を勅使に教えます。

今、これを書きながら内容を思い出すために詞章を見ているのだけれど、観世淳夫の声が自然に思い出されてくる。かなり特徴のある発声ですからね。ちょっと聞きにくいけれどあれはあれで面白いかも。

皆で滝のありがたさを讃え、水を飲んでいると天から音楽が聞こえ、花が降ってくる。(ということはやはり水は酒で、皆さん酔っぱらったのね。)
親子のものが帰ったあとで、地元の人が登場。滝のいわれを語って水を飲めば、アーラふしぎ、長い髭が消えて若い男となりました。ちょっと固いけれど、凛太郎、なかなか良かったです。

そして神様登場。おめでたい言葉を述べて、君主を言祝ぎます。元気よく謡い、元気よく舞う。まだ「よくできました」感がぬぐえないけれど、こうやって次のトップは若いうちから場数を踏ませてもらうのだな。確かにだんだんうまくなってきたと思います。がんばれー。


最後の解説はお父さんの銕之丞。この人は訥弁であります。曲目解説というより、父として息子をどう育てるか、みたいな話でした(笑)。最初から悲劇などの動きのおとなしいものをやると説明的な演技になってしまうので、若いうちはイキイキとした動きのワキ能をしっかりさせる。私もそうやって育てられました、と。
これ、シテが銕之丞のまだ若い息子だ、ということを知っているから興味深く聞けたけれど、ふっと思いついて切符を買ったあまりそういうことに詳しくない人が聞いたら「???」の話だったのではないだろうか。


面は前シテが小牛尉、後シテが邯鄲男でともに中村直彦作とのことです。後シテの面、気に入りました。
[PR]
by soymedica | 2015-02-01 16:31 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂狂言の会 鴈礫 千鳥... 国立能楽堂一月普及公演 禰宜山... >>