ござる乃座 50th Anniversary 狸腹鼓 狐塚

d0226702_094017.jpgござる乃座 50th Anniversary
2014年10月22日(水)@国立能楽堂

舞囃子 山姥 
大槻文蔵
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井広忠、太鼓 金春國和

狂言 狸腹鼓
狸 野村萬斎、漁師 石田幸雄

狂言 狐塚
太郎冠者 野村万作、主 深田博治、二郎冠者 高野和憲


この間能の素人発表会に行ったのだけれど、そのロビーの華やぎに比べぐっと落ち着いた感じ。本日GB席は使用されておらず。


まず大槻文蔵の舞囃子。この人、ハンサムだけれど分け目があまりに端に寄り過ぎているのがちょっと未練がましくて残念。能の山姥でシテをするのを観てみたいな。


続いて狸腹鼓。通常こういうときにはすぐに始まるのに、この長い間は何?と思ったら、囃子が全員裃姿で登場。着替えていたのね。そして地謡前に斜めに一畳台がおかれ、それをぐるっと秋の草花(女郎花、桔梗、刈萱、吾亦紅、狸菖蒲)が取り囲む。

烏帽子姿の猟師が登場。「タヌキを殺すのは楽しいなー」と言っているうちに、何やら音がしてふと気付くと揚幕の前に怪しい尼が。すーっと幕の裾から這い出て消える。そして次の瞬間には挙がった幕から尼が歩いてやってくる。
白い花帽子。口の動く面。紫の衣もありがたいが、手足は毛むくじゃら…。動きも何やら怪しい。
帰って来ない夫を心配してやってきた妊娠中の雌狸。恐ろしい猟師に説いて殺生をあきらめさせるが、帰りに夫かと間違えて犬に出会ってしまい、猟師に正体がばれる。命乞いをすると、「タヌキの腹鼓を見せてくれたらゆるしてやろう」と。腹鼓を観ているうちに猟師も楽しくなって一緒に踊る、というもの。

笛に合わせて踊る一人と一匹が幻想的な話です。秘曲としてあまりに大切にしているうちに伝承が途絶えてしまったものを1986年に万作と堂本正樹が復曲したものだそうです。釣狐と対比して語られますが、靫猿のようでもありますね。テンポよく、楽しく演じられた曲でした。


後半は狐塚。今まで見たのが大蔵流だったからなのか、はたまた「小唄入」の小書き付だったからなのか、少し前に観たものとは違うものでした。

刈り取りの迫った山の田に「鳥追に行って来い」と言われた太郎冠者。鳴子をもっておでかけ。狐が出たり、イノシシが出たり、とあまり楽しい場所ではなさそう。ワキ柱に鳴子を縛り付けて真面目に(よその田に!)鳥を追っているうちに日が暮れる。

さみしい思いをしているだろうとやってきた次郎冠者と主人を次々狐と思って縛り上げ、青松葉で燻してしまう。「皮を剥ごう」と鎌を取りに行った隙に縄を解いた二人に田んぼに放り込まれる、というのがおち。
このバージョンも中々楽しかった。やはり万作は良いなー。

後見が鳴子を渡す時にはあんまりバタバタ音をさせない方が良いと思います。
[PR]
by soymedica | 2014-10-24 00:11 | 能楽 | Comments(0)
<< 国立能楽堂 古典の日記念 〈雪景色〉 神遊 徹底解剖!ワキ方 土蜘蛛 >>