海辺のカフカ

d0226702_1917732.jpg海辺のカフカ

原作 村上春樹
脚本 フランク・ギャラティ
演出 蜷川幸雄

佐伯/宮沢りえ、大島/藤木直人、カフカ/古畑新之、さくら/鈴木杏、カラス/柿澤勇人、星野/高橋努、ナカタ/木場勝己

6月24日(火)13時半より@赤坂actシアター
S席11000円


出だしが良く無かった。チケットの日付を間違えていて、急遽なんとか仕事の整理をして友人と滑り込みセーフ。

actシアターは初めてだったのですが、そんなに古く無いのに、ロビーが狭く、大混雑。まあ、国立にせよ世田谷にせよいつも行くところは親方日の丸劇場ですから。まてよ、渋谷の東急の2劇場はゆったりしているけれど。

それはともかく、あんなに長くて複雑な話を劇で場面転換をどうするのか?と思ったのですが、そこは工夫されています。でも、演出としては私は失敗だと思う。そもそも脚本の段階で原作をどう処理しようという工夫をもっとしても良かったのでは。それとも村上春樹ファンに遠慮したのか。

俳優陣も生彩を書いていましたね。りえちゃんも調子が今一つ。ああ場面転換が多いと俳優陣もやりにくいのかもしれません。
「ナカタ」役の木場勝己がいなかったらとってもさびしいものになったでしょう。

5時間近い長丁場。原作の力で退屈はしませんでしたが。
[PR]
by soymedica | 2014-06-28 19:18 | その他の舞台 | Comments(0)
<< のうのう能PLUS Vol.7... 国立能楽堂六月定例公演 右近左... >>