第39回のうのう能 田村

d0226702_21414755.jpg第39回のうのう能 
4月25日(金)19時より

仕舞 屋島 観世喜之

田村 
シテ 遠藤喜久、ワキ 御厨誠吾、ワキツレ 野口能弘、野口琢弘、アイ 山本則重
笛 栗林祐輔、小鼓 幸正昭、大鼓 柿原光博
後見 観世喜正、小島英明
謡 永島充ほか〈全4名〉


ちょっと遅れて入っていったら、演目の説明中。隣の初老のご夫婦は初観能らしく、いろいろなことに感動。説明のしがいがあるだろうな。

着付けの実演。後シテは別の衣装で出るのだろうと思っていたら、実演衣装と同じだったので意外だった。半切袴はちょっと錦糸が切れているところがあったりして気になるので、新調してはどうでしょう。ところで袴の後ろがどうしてあんなにピンと張っているかというと、中にゴザがはいっているとか。ふーん。
厚板と唐織りでは、触ってみると唐織りの方が立体的に感じられるのでわかるそうです。

この後休憩だったのですが、矢来能楽堂近所に偶然にもアル・タムーラというイタリアンがあり、そこの出店をお願いしたとかで、小さなサンドイッチとコーヒーにありつけました。いつもやってるとよいのにね。


いよいよ田村。今回、正面席でしたがいつもよりも若干後ろに座ったら音響効果がすごくよいような気がしました。みんなが声を張り上げているわけではないと思います。
田村は、旅の僧が清水寺に行くと、花守の少年が出てきて清水寺のいわれを語り、実はそれは坂上田村麻呂の霊であった、というお話。田村麻呂(謡では田村丸)が退治したのは蝦夷ではなく、近場の鈴鹿山の鬼だったということになっています。

ワキ登場。上手なんですが、宝生閑や森常好とどこが違うかというと、「教科書通り」というところ。場数を踏んで、年取ってくださいね。
花守の少年は黄色の着物にオレンジの水衣。本当に生きているような面。シテも上手なのでしょうけれど、声の質と面があっているのも一助かと。

鈴鹿山の鬼退治の話はアイが語って初めてわかります。語るときに扇を出して語るのはともかく、なんだかそれをしまうタイミングが妙でした。
アイがまだ「我らが承りたる云々」の間に囃子が始まって、次を期待させます。

後シテの面は平太だそうですが、何となく死人じみている面ですね。ともあれ、後も大変に満足させるできでした。

のうのう能、はずれないし、楽しいですよ。能をこれから観ようという人、一度観て退屈したけれど、という人は是非。
[PR]
by soymedica | 2014-04-30 21:46 | 能楽 | Comments(0)
<< 本:能役者の素顔  源氏物語の結婚 >>