国立能楽堂夏スペシャル 邯鄲

d0226702_13113294.jpg国立能楽堂夏スペシャル 働くあなたに贈る
8月22日(木)19時より
正面席5000円

対談 八塩圭子、林望

邯鄲 盤渉シテ 梅若紀彰、子方 小田切春璃、ワキ(勅使)宝生欣哉
ワキツレ(大臣)殿田謙吉、大日方寛、御厨誠吾、(輿舁)館田善博、森常太郎
アイ 山本則重
笛 竹市学、小鼓 鵜澤洋太郎、大鼓 亀井広忠、太鼓 観世元伯
後見 小田切康陽、山中迓晶
地謡 清水寛二ほか


邯鄲の解説を林望で聞くのは3度目ではなかろうか。今回はフリーアナウンサーの八塩圭子との対談形式。八塩さん、能は数回見たことがあるとおっしゃっていたけれど、舞台上で椅子に座ることは想定していなかったのか、スカートがかなり短くて気の毒でした。対談という形式が解説にマッチしていたかというとちょっと疑問でしたが。

もともとは枕中記のお話で、能は直接には太平記からとったものだということです。どちらも主人公は栄華を求めて旅に出るという想定ですが、能は仏道修行をする青年という想定が最大の違い、などなどのお話がありました。


邯鄲の大宮はとても大きいので、組み立て式です。
まず宿の主人が枕について口上を述べます。美男鬘じゃない狂言の女性はなかなか見もの。
続いて出てきた盧生。あれ、掛絡がない、と思ったら宿について入るときに後見がかけた。忘れたんだろうか…。解説で「盧生は仏道修行にでているという想定なので掛絡をかけていますよ」とあったから注目していました。この盧生、黒頭が大きくてなかなか小顔に見えます。

宿の主人に勧められて枕を使う盧生。と、宝生欣也の勅使がやってきて台をトントンと。なんとなくこれが怪しい感じ。
盧生、輿に乗って出世です。この輿かきのワキはこれだけの仕事。

栄華を極めた盧生。子方が舞を舞います。12歳の女の子です。舞って年齢によって随分違って見えるものだなと感心。ポニーテールの髪型でなかなか凛々しい少女です。
盧生も舞います。有名な空降り。降りた後ずいぶん長く足を上げていました。いままで三人の盧生を見ましたが、三人三様。そういえば台に飛び込む所作は観世流には無いと、能楽堂パンフレットにはありましたが、岡久広はやっていたような。

舞のあと、盧生はかなり息が上がっていました。
勅使や大臣が一斉にさーっと切戸口から退場する様子が、いかにも「夢の終わり」
「盧生は夢覚めて」の謡がとてもきれいでした。

ただ、ちょっと最後疲れた様子でしたね。

そして、シテが完全に退場する前に大宮をたたみ始めたのにはびっくりしました。
[PR]
by soymedica | 2013-08-30 13:12 | 能楽 | Comments(0)
<< 能楽座第19回公演 葵上 花盗人 能・よみがえる情念 >>