宝生流 時の花 夏 雷 雷電

d0226702_17245332.jpg宝生流 時の花 夏 
2013年7月27日(土)16時より@宝生能楽堂
正面席 6000円

 
野村萬斎 石田幸雄

雷電 
シテ 辰巳満次郎、ワキ 宝生欣哉、アイ 竹山裕樹
笛 松田弘之、小鼓 大蔵源次郎、大鼓 柿原弘和、太鼓 小寺真佐人
後見 宝生和英、金森秀祥
地謡 大坪喜美雄ほか


雷尽くしの本日の演目。狂言の、こんな曲があるなんて知らなかった。囃子付きの能仕立て。藪医者が競争者の多い都を避けて金稼ぎに東へ。武蔵野に着いたところで、雲間から足を踏み外して落ちた雷に針治療をする羽目に。ところが雷様は薬代を持ち合わせていない。紆余曲折の後、かんそん(旱損)も水損も無いように守ってやるぞ、ということで目出度く終わります。

雷が針治療を派手に痛がるところで、頭をふると白いボウボウ頭の下がどうなっているか見えちゃうんですよね。あれ、どうにかした方が良い。


偉いお坊さんの法性坊が二人の弟子を連れて登場。雷電というと夏ではと思いますが、セリフからは秋の曲。本日は何かの祈願の最終日らしい。「深更に軒白し。月はさせども柴の戸を、叩くべき人も覚えぬに、いかなる松の風やらん。」ワキのセリフですが、綺麗だな。きっと出典は漢詩ですね。
そこに懐かしい(このお坊様は道真の師であった)菅原道真(の霊)登場。黒頭で、面はなんだろう。怪士系のように見えますが。「これから宮中に行って連中を『け殺す』から、邪魔はしないでください」。「いやいや、宮中からお召しがあったら二度までは断っても三度目には行くから」というと、怒ってそこにあったザクロを取り上げ、種を吐き出すと火に変わります。
ザクロって夏休みの学校の校庭に生っていた記憶があるのですが、今調べると実がなるのは秋。

この「けころす」という言葉に関して田中貴子が何か書いていたが、良く思い出せない。あとで見てみよう。要するに雷様は人を「けころす」らしい。

ここで、道真もお坊様達も退場。アイ語りのあいだに携帯電話が鳴ったのにはびっくり。

地謡前とワキ正面に一畳台が出される。今度は宮中という設定なんだが、坊様は弟子無しで一人でやってくる。菅公を祈り退けなくてはいけないのに、一人で大丈夫?でも、力が入っていてワキ座の一畳台での謡いだしがとってもカッコイイ。沙門帽子の後ろに星印が付いていますが、あれはきっと意味があるのでしょうね。比叡山の僧という設定ですが、何か密教と関係がある印かな。

と、幕の向こうで足拍子が雷のように鳴ります。走り出た菅公はかずいていた衣を二の松で落とす。頭は真っ赤。法性坊がこちらの台(宮中ナントカ殿)なら菅公はあちらの台(別のカントカ殿)と、一畳台を乗り換え戦います。

最後は宝生欣哉が勝ちます。辰巳満次郎はおっきくて宝生欣哉は小柄なのにね。心なしか表情も嬉しそう。そして皆退場するのでした。

やっぱり宝生流のなかでは辰巳満次郎、家元の宝生和英が私の一押し。
[PR]
by soymedica | 2013-07-29 17:27 | 能楽 | Comments(0)
<< 東日本大震災義援能第二部 鎌腹... 第11回興福寺勧進能第Ⅰ部 萩... >>