第七回和の会 葵上 梟

d0226702_10143212.jpg第七回 和の会主催 宝生流能楽公演 体感する能 葵上 梓の出
6月29日(土)16時より@宝生能楽堂
正面席 6000円

体感ナビゲーション 出演 平田広明、脚本 石井飛鳥

連吟 須磨源氏 高橋憲正ほか計13人

舞囃子 半蔀 澤田宏司

狂言 梟 
シテ 山本則秀、アド(兄)山本則重、アド(弟)遠藤博義

能 葵上 梓の出
シテ 宝生和英、ツレ 田崎甫、ワキ 森常好、ワキツレ 館田善博、アイ 山本則重
笛 小野寺竜一、小鼓 鵜澤洋太郎、大鼓 柿原弘和、太鼓 観世元伯
後見 和久荘太郎、佐野玄宜、金森隆晋
地謡 辰巳満次郎ほか


ロビーに入るとワキツレが森常太郎から館田善博に変更のお知らせが。どうしたのでしょうか。
満席の上非常に(能にしては)若い見所。
体感ナビゲーションって何だろうと思ったらあらすじを朗読してくれることでした。ずいぶんイケメンで朗読の上手い能役者だな、と思ったら現代劇の俳優や声優をやっている人でした。

個人の会の趣味なのか、宝生はこうなのか(定期公演に行ったことが無い)、見所をとても暗くします。暗くするなら途中からの着席は危ないからさせない方が良いと思う。

まず連吟。物凄く人がたくさん出てきてビックリ。
そして舞囃子。半蔀ってわたしにとっては退屈な曲なんですが、舞囃子になると余計…。そして囃子が大鼓だけが葵上と違っていて柿原孝則さんだっだのですが、この人の掛け声がなんとなく今一つ乗り切れていない感じで…。この人が能でも演奏するなら帰っちゃおうかと思ってパンフレット確認したら違ったので気を取り直す(笑)。

そしてって例の間抜けな山伏が出てくる曲なのですが、これもやっている方があんまり楽しそうじゃ無かったのでこちらも乗り切れず。弟の名前が太郎っていうのは変じゃないか、などと考えつつ見ていました。

葵上。しずしずと照日の巫女と廷臣登場。そして後見が小袖を正先に。題名にもなっている主人公の葵上、ずいぶんとペチャンコでいらっしゃいますな。
巫女が謡いだすと、幕が半分上がりあやしい女の下半身が…。そして六条の御息所の生霊登場。一の松で謡いだすのだけれど、この人の謡いってこんなに聞き取りにくかったかな。ちょっとがっかり。見所をこんなに暗くするのだから、はっきり謡ってくれないと困るじゃないの。

生霊は唐織を来ているのだけれど(これを後見座に行く直前で上半身脱ぐ)私にはこれがどうも割烹着に見えてしょうがない。着付けのせいかな。面はぬめっとした感じ。
そして照日の巫女と生霊とのやりとりがあって、生霊は後見座へ。

葵の上に取りついているのが六条の御息所とわかり、偉い横川の小聖が呼ばれます。確かに偉そうな山伏。
中入りせずに後見座で面を替えると言うところが昔々の人には新鮮だったのかな。かずいた唐織を腰に巻きつけるときに手に持った打ち杖が妙に揺れてあちこちするのが気になります。家元なんだからもっとスマートにやってほしい。
そして祈り伏せられて安座するところ、かなり裾が乱れて私の座っていたところからは脛が丸見えになってしまった。

もともと動きがあって面白い曲だし、楽しめましたが宝生和英会心の舞台では無かったのでは。


なお、パンフレットの半分般若、半分泥眼の不思議な絵。実物は切り絵です。ロビーに飾ってありましたが、実物はとても素敵でした。
[PR]
by soymedica | 2013-06-30 10:17 | 能楽 | Comments(0)
<< 日本語の古典 おけいこごと考 >>