国立能楽堂4月定例公演 花争 隅田川

d0226702_0192318.jpg国立能楽堂4月定例公演 
4月24日(水)18時30分より
正面席 4800円

花争(大蔵流)
シテ(太郎冠者)大蔵吉次郎、アド(主)善竹十郎

隅田川(観世流)
シテ 浅見真州、子方 長山凛三、ワキ 宝生閑、ワキツレ 宝生欣哉
笛 松田弘之、小鼓 曽和正博、大鼓 柿原崇志
後見 浅井文義、浅見慈一
地謡 坂井音重ほか


花争は物凄く地味で短い話。そして私はこのコンビがあんまりお気に入りで無いので、ゴメンナサイ。

お目当ての隅田川です。今回も宝生閑、欣哉の親子。閑登場。若干着付けがasymmetryなのが気になりますが、滑り出しはまずまず。ただし実は囃子が今一つの滑り出しでございました。
船頭が「大事の渡し」と言っていると、東国商人の客がやってきます。あとから物狂いの女も来るよ、と。この辺、船頭が労働者でお食事が悪く弱々しいのに対し、商人は儲かっているんだぞ、という声の強さの対比。

物狂いの女は遠目には雀に見える模様の着物に地味なグレー系の水衣。

全体に観世清和よりも動きが少なく、笹も観世清和は地面にたたきつける風だったのが、こちらは置く感じ。遠くを見やる感じも控えめ。というより今回宝生閑の調子が戻ってきたので、会話の部分でシテがワキに喰われている印象があるのですよね。あんまりかみ合わないこの二人。宝生閑は相手に合わせる気が無い(高齢になると何事も気にならなくなる)、浅見真州は宝生閑の芸に若干ついていけてない印象。

そして客も船頭も舟にのり、向こう岸の大念仏にまつわる悲しい話が語られます。この間、女はシオルまで微動だにしない。船頭の語りに我が子のことと気付いてはっとするという型がわかりやすいとは思いますが、やりすぎるとあざとい。こういう風にじっとしているのも味わいがあるかとも思いますが、私を含めた現代の観客相手には動かない演技を理解させるのはかなり難しいと思います。
子供が死んだ時12歳なら、女は現在30代前半より歳とっているということは無いでしょう。でしたらもう少し動きがあっても良いと思います。

そういえば今回女が置いた笠と笹は地謡が引いていました。あれはどのへんに置くから誰が引く、とか申し合わせる物なのでしょうね。

そして念仏が最高潮に達すると子方の「なみあむだぶつ」が聞こえてきます。この、声変わりする前の男の子の声というのは胸を打つものがありますね。
ビックリしたのは子方の装束。オレンジがかった色の入った輪つなぎの柄に水色の水衣。お母さんと別れた時に着ていたものだったのでしょうか。

夜が白々と明けて母は子供の面影を胸に抱いてどこかに消えて行くのでした。


やっぱり、隅田川、良い話だな。
[PR]
by soymedica | 2013-04-27 00:19 | 能楽 | Comments(0)
<< 神秘域 その弐 野村萬斎×杉本博司 国立能楽堂開場三十周年記念 特... >>