国立能楽堂特別講演 方丈記八百年記念 養老 柑子 船弁慶

d0226702_22485833.jpg
国立能楽堂特別公演 方丈記八百年記念
9月29日(土)13時より
正面席7500円

養老(金剛流)
シテ 金剛永謹、ツレ 金剛龍謹
ワキ 高安勝久、ワキツレ 小林勉、久馬治彦
アイ 大蔵教義
笛 藤田六郎兵衛、小鼓 鵜澤洋太郎、大鼓 山本哲也、太鼓 前川光長
後見 廣田幸稔、豊嶋幸洋、田村修
地頭 宇高通成

柑子(大蔵流)
シテ 大蔵彌太郎、アド 大蔵吉次郎

船弁慶(観世流)重前後之替
シテ 浅井文義、ワキ 森常好、ワキツレ 森常太郎、則久英志
アイ 大蔵千太郎、子方 大井風矢
笛 一噌幸弘、小鼓 幸正昭、大鼓 國川純、太鼓 小寺佐七
後見 野村四郎、清水寛二
地頭 観世銕之丞


暑くなったり寒くなったりの日が続くので、お客さんにはしっかり上着を着込んだ人から、ショートパンツのおっさんまで色々。

さて、養老は京都からみなさんお出ましであるので、なじみのない方多し。大鼓の人、喫煙者かしらとおもうような声の嗄れ方。
ワキが真ノ次第で登場。「重々しく」と本にありますが、この出方は結構動きがあるので好き。なぜか真ノ次第で登場する曲はこの高安勝久で見ていることが多い(この流儀のやり方なのかと思っていた…)。

粗朶をしょった男と水桶を持ったお爺さん登場。金剛龍謹って彫が深く外人のよう。親子とも上品でやはり養老の瀧を見つけるような幸運に恵まれる人は外見からして違うと思わせますね。前半では説明的に養老の水のありがたさが謡われるのですが、そこに鴨長明の方丈記からの言葉がちりばめられているので、今日のテーマ曲というわけです。

金剛永謹、水衣の袖口が汗で色が変わるほどの熱演。今まで観たなかで今日が一番良かった。

さて、親子が引っ込むと(本来は親子がここで舞台に残る演出だったのでは、と色々な本に書いてあります)、里人登場。ひげを生やした人。養老の滝のめでたさを祝って舞を舞い、水を飲みます。するとアーラ不思議、ひげが無くなり若い男に変身。この間狂言のかろやかさもあって、全体が明るい曲になっています。

後半、神様登場。そして治世のありがたさを讃えます。この神様は位としては低いので軽やかに神舞を舞うのだそうですが、このくらいのテンポの方が私には楽しいです。あんまり重々しいと眠くなってしまう。神様、肩で息をしていましたが、謡は乱れずさすが神様。

そして君は船、臣は水……万歳の道に帰りなん。とめでたく終わります。


狂言の柑子を大蔵流でみるのは初めてではないだろうか。ただ、大蔵彌太郎の感じがあまり好きではないので、ちょっと。古風なのかあまり記憶に残らない。同じ大蔵流でも山本家や茂山家は「ああ、あのときのあれ」と、思い出せるものが多いのだけれど。


船弁慶は重前後之替という観世流にだけある小書きで。でも、船弁慶と鴨長明の関係が今一つピンとこない私。どこかに記載してあっただろうか。

本日おそらく皆がびっくりしたであろうのは、子方。1999年生まれとあるので13歳ですが、一緒に登場したワキ方と比べても背が高い。演目と配役が決まった時にはもっと子供子供していたのでしょうね。

ともかく西国にいったん逃げようという義経一行。静はここにとどまれという義経の言葉を伝えた弁慶に「義経に確かめます」と、静がやってくる。やはり直接弁慶の口から「静は帰れ」と言われます。
ここで静は舞を舞う。金の烏帽子と直垂、刀をつける物着は大小前で行われます。後見の野村四郎、こう言うの上手なのでしょう。これは、という舞台では後見はたいてい野村四郎のような気がします。
最後これを脱ぎ捨てるのですが、後見が烏帽子を引き忘れてどうなる事かと思った。(戻ってきて良いタイミングで片付けました。)

そして船頭が船を持ってきて皆乗船。それにしても子方が大きくて、後ろの方の弁慶も船頭も私の席からは全く見えず。うーーーむ。席の選択に気を使ったつもりが、こんなところに落とし穴があろうとは。

ここのところ、知盛の幽霊が出てくるまでなんとなく物足りないな、と思ったら、前回観た時は東次郎が「名所教え」をしたのでした。あれは本当に良かった。なんて思い出してごめんなさい。大蔵千太郎、なかなか良かったです。でも、姿がほとんど見えなかったので…。

知盛の幽霊登場。黒髪を振り乱し長刀で義経に迫りますが、弁慶に祈り伏せられます。この時の足遣いも小書きによるものらしい。いかにも幽霊と言う感じで、おどろおどろしかったものの、物理的には子方の方が強そうでした。

この曲のように前と後で全く性格の違う役を一人が演ずるものは、シテ個人のファンだったら「あら、何を演じてもやはりお上手で素敵♡」となるのかもしれませんが、そうでない私としては別々の人がやってみたらどういう風に見えるのかが気になりました。

総じて満足な一日でした。
[PR]
by soymedica | 2012-10-01 22:57 | 能楽 | Comments(0)
<< 西塔の武蔵坊弁慶 能苑逍遥 上 世阿弥を歩く >>