銕仙会定期講演9月 夕顔 重喜 龍虎

d0226702_2172613.jpg
銕仙会定期講演9月
9月14日(金)18時よりの@宝生能楽堂
正面席 6000円

夕顔 山ノ端之出 法味之伝
シテ 野村四郎、ワキ 宝生閑、ワキツレ 宝生欣哉、野口琢弘
アイ 石田幸雄
笛 一噌 仙幸、小鼓 大倉源次郎、大鼓 亀井忠雄
後見 浅見真州、谷本健吾

重喜
シテ 野村萬斎、アド 野村裕基

龍虎 
シテ 浅見 慈一
ツレ 長山 桂三
ワキ 御厨 誠吾
ワキツレ 大日方寛、野口能弘
アイ 竹山悠樹
笛 槻宅聡
小鼓 鳥山直也
大鼓 佃良勝
太鼓 小寺佐七
後見 清水寛二、片山九郎右衛門


夕顔。野村四郎だと安心して楽しめる、というのが分かるようになってきました。そしてワキが宝生閑!
法味之伝というのは序の舞の代わりにイロエを入れる演出、山ノ端之出は藁谷の作り物が出されるという小書きだそうです。

九州からやってきたお坊さんとその一行。名ノリのときにワキツレ二人が橋掛に座るのが目新しい。新潮社古典集成の謡曲のコピー持っていたのですが、ワキの着きぜりふとシテの「山ノ端の」の順序が逆。こちらの方が意味が通りますよね。サシと下げ歌は省略。大小前に出された作り物の中から「山ノ端の…。」と歌いだされます。引き回しが下され、前シテ登場。渋い橙色系統の装束。野村四郎は痩せ形のせいだろうか、上前が相当余っています。うらやましい。

問答からはここは夕顔ゆかりのかはらの院であるということがわかります。

アイが夕顔の話を教えてくれます(今の観客のはこれがないと分からないかも)。石田幸雄、主張しないアイでよかったです。ここで、個性や芸を主張してはマズイ。

後ジテはごくごく薄い紫系統と鶯色系統の組み合わせで登場。野村四郎と宝生閑という組み合わせはこういうしっとりとして影のある曲にはぴったりです。実は舞台を見てからしばらくして書いているのですが、ワキツレも囃子も一流どころで素晴らしかったと。そして印象に深く残っているのはやはりシテとワキ。
夢のような舞台でした。野村四郎、枯葉の感じのブルゴーニュワインかな。実は宝生閑はもう少し賞味期間の残っているボルドーかという感じも。

こう言う組み合わせのときにはロビーに陣取っているお客に御稽古のお弟子さんと思しき人が少ないですね。


重喜の裕基くんを見るのは二度目。そそっかしい重喜が師の頭を剃ろうとして鼻を削ぎ落す話し。前見た時はは裕基くんと万作でした。あの時の方が裕基くん、しっかりやっていた印象。慣れが出てきたのかもしれない。


龍虎(りょうこ、と読むらしい)。入唐渡天の志ある僧登場。春日龍神でもそうですが、留学して箔をつけるのは今も昔も同じ。前場の二人の樵との問答は何だかよくわからないけれど、年取った方の樵は粗朶を背負っていたりして風情があります。今の私たちの目から見ると「昔の日本人?」なのですが、この装束やセリフが異国情緒たっぷりと感じられた時代があったのでしょうか。

アイの語りは仙人です。きびきびとしてなかなか良かった。

後半は龍と虎との戦い。ともに頭に虎と龍の作り物を載せており、「ライオンキング」はここからの着想か?!という感じ。あまりに作り物が大きくて観客としては心配。後半、龍の尻尾が折れておりました。

ここの龍と虎との威勢のよい戦いが小気味良いです。

後ろは英語をしゃべるカップルを連れた通と思しきおじさまでしたが、こういう曲の組み合わせは楽しんでもらえたかもしれません。しっとりしたいかにも「能」と言う感じの夕顔と、動きのある龍虎、でした。
[PR]
by soymedica | 2012-09-17 21:14 | 能楽 | Comments(0)
<< 龍虎 続き 世阿弥 北川忠彦 中公新書 >>