国立能楽堂企画公演 狂言と落語・講談 梅若丸、子は鎹、六人僧

d0226702_015243.jpg

国立能楽堂企画公演 狂言と落語・講談
8月30日(木)18時30分より
正面席5000円

講談 梅若丸 宝井琴梅
落語 古今亭志ん輔
狂言 六人僧 和泉流
シテ 野村萬斎、アド 石田幸雄
小アド 深田博治、高野和憲、月崎晴夫、野村万作


残暑厳しい中、国立能楽堂にたどりつく。能の公演より明らかに平均年齢若し。小学生の親子連れもいる。

舞台には目付柱を向いた講談師のための席がしつらえてある。実は講談を聞くのは初めて。有名な隅田川の梅若丸の話でした。母の後日談もあるのが特徴。梅若丸の塚の後には実際にお寺があるのだそうですね。木母寺(もくぼじ)、天台宗。今度行ってみましょう。なお、立派なホームページがあります。

で、初講談はどうだったかと聞かれると、うーん。私にはこの後の落語のほうが面白かった。ちょっと地のところでつかえるのも気になったし。


落語は「子は鎹」でした。直前まで演目が決まらなかったのか、液晶ガイドには「落語」としか出ていませんでしたね。とても面白かったし、志ん輔良かったです。昔は国立劇場の落語研究会に行ったりしていたのですが、最近はとんと御無沙汰。


狂言の六人僧は和泉流だけのものだそうで、高野山に出かけた男三人組がだましあいをして、ついに三人とその連れ合い計6人が僧になるというもの。
石田幸雄と深田博治のそろった動きが楽しいし、野村萬斎のいかにも「だましたるケケケ」という声色が可笑しい。ちょっとだけ万作も登場(贅沢だな)。
最後の謡がおひとり下手くそだった(笑)。


終わることろには能楽堂の庭には虫が鳴いていました。


…今日は当日中にアップできたと思ったら日付が変わっちゃった。急いでいるので後日編集しなおすかもしれません。
[PR]
by soymedica | 2012-08-31 00:19 | 能楽 | Comments(0)
<< セルリアンタワー能楽堂 井筒、... 精霊の王 >>