銕仙会定期公演十二月 富士太鼓 栗燒 舎利

d0226702_10405859.jpg銕仙会定期公演十二月
2017年12月8日(金)18時より@宝生能楽堂

富士太鼓 現之楽
シテ 浅見真州、 子方 谷本悠太朗、 ワキ 森常好、 アイ 高澤祐介
笛 一噌隆之、 小鼓 鵜澤洋太郎、 大鼓 佃良勝
後見 清水寛二、柴田稔
地謡 野村四郎ほか

栗燒 
シテ(太郎冠者)三宅右近、アド(主)三宅右矩

舎利
シテ 安藤貴康、 ツレ 谷本健吾、 ワキ 則久英志、 アイ 三宅近成
笛 八反田智子、小鼓 鳥山直也、 大鼓 柿原光博、 太鼓 林雄一郎
後見 観世銕之丞、泉雅一郎
地謡 馬野正基ほか


本日は栗燒はともかく、二曲とも初めての曲。
富士太鼓はどこかで聞いたような筋だな、と思ったら、同じ話の別構成の梅枝を見ていたのでした。そしてシテはやっぱり浅見真州。それと比べてどう、という楽しみ方がほど曲を知らないのが残念。

正先に作り物が運び込まれます。これが豪華。まさか浅見真州大先生ご本人が作っているとは思われませんが、案外こういう細工がお好きだったりして。
そこに下人がやってきて話の前段を語ります:花園天皇が太鼓の名手である浅間を召したら、自分こそは第一人者と思っている富士もやってくる。
院は「信濃なる浅間の山も燃ゆなれば富士の煙のかひやなからん」と、名はこの上ない富士であっても実際は浅間がよろしいだろうと、浅間を選びます。
浅間は富士が許せず、富士を殺してしまう(なぜ???)。
実はこれを聞きながら何となく「ハンサムなワキだけれど、不思議な語り口だな」と思って、よく考えたらこれはアイの高澤でありました。

富士ゆかりの人がやってきたら形見の装束を渡そうと、アイがふれまわる。
ここで富士の未亡人と子供登場。ちょうど望月の時のように橋掛かりで二人向き合ってかなり長い謡を謡うのですが、これが音程が全く合わない。謡としてはOKなのでしょうけれど、現代の音楽環境で育ってきた子方にはこれは不安なのではないだろうか。

富士が殺されたと聞かされ、抱き合う親子。泣いている親子に形見の衣と鳥兜が渡され母は後見座でそれを身につけます。
嘆き悲しむ母は、「あれに敵の候」と太鼓に向かいますが、それを子供が止めます。何となく西洋風。
子方の出番がこんなに多い曲だとは思わなかった。悠太郎くん、真面目に熱演。

そしてついに母は太鼓を打つ子供を退けて自ら太鼓を打ち始めます。
橋掛かりまで行って太鼓を見込む所作があり、これが小書きの現之楽によるものなのだそうですが、その他に太鼓の前を行くところもあり、何となく松風の見留みたい。

面はプログラムの予告の是閑の深井から甫閑の曲見に変更されていたのですが、その面が鳥兜の下でとても素敵。そして、そのまま横目で敵の太鼓を見込むところがちょっと凄味があって怖かった。

そのうち母もだんだん心が落ち着いて、舞台中央で兜と衣を脱ぎ、笠をかぶって家に帰ります。でも、橋掛かりから今度は名残惜しそうに太鼓を見つめます。
夜目遠目笠の内、と言いますが、面はかぶりもの無しだとあんまり良いとは思われない表情なのが不思議。
何だか子供を連れて帰るのを忘れたような母なのでした。

また見てみたい曲です。


連続して栗焼を見ている。秋ですからね。
栗の芽を欠くとき、扇をパチンパチンと鳴らさないのがこのお家。
良い曲ですよね。楽しい。


舎利も初めての曲。
正先に一畳台が出され、その上にちょっと端に寄せて舎利塔を表している小さな台が置かれます。
そしてワキ僧登場。則久は声が良いので謡うと「朗朗と」、という形容詞がふさわしい。出雲からやってきて京都見物。泉涌寺にやってきました。私も行ったことありますが、立派なお寺ですよね。

ずうずうしくも舎利を拝ませてくれと言う僧に、能力はしょうがないなあ、と見せてやる。
あまりのありがたさに感涙にむせびつつ、でも良い声で則久がお経を唱えていると、見るからに怪しい黒頭の男が。しかも信心深そうなことを言う。それに騙されて一緒に舎利を拝もうと言う人の良い僧。

地謡が心地よく謡をきかせてちょっとうとうとしていると、旅の僧もうとうとしたのか、急に怪しい男が態度を変えて、何と舎利を入れてある玉を取ってしまう!ここのところがちょっと急迫した気分でよろしい。ついでに舎利塔も蹴倒せば宜しかったのに。

怪しい男、実は足疾鬼が天井を破って逃げたので、大変な揺れと音が。橋掛かりに下がっていた能力が悲鳴をあげて転げまわる。「揺り直せ、揺り直せ」。ここは道成寺とおなじですね。
お堂に入ってみると舎利が無い!僧を責めると、足疾鬼が舎利を奪って行ったとの話を聞く。
では、昔のように韋駄天に頼んでみようと。

正体を現した足疾鬼は前半の地味な服装とは打って変わってオレンジに金の袴、上には黒に金とド派手。右手に玉を持っています。
祈りが通じて韋駄天が足疾鬼から舎利を取り戻そうと登場。もっと強そうな装束で出てきてほしいが、それはそれ。
二人で緩急自在の追っかけっこ。急に動きがゆっくりになるところは、まるで暗闇で相手の様子を探っているよう。
結局韋駄天は舎利(玉)を取り戻してめでたしめでたし。

年の瀬をスカッと締めくくった一番なのでした。

囃子も元気良くて良かった。今回気づいたけれど、笛が真正面向いて座っていた。何となく少し目付柱の方向を向くものと思っていたけれど、人によって違うのか、曲によって違うのか。今度注意して見てみようっと。

面は前シテが作者不詳の筋男、後シテが石原良子作の顰
ツレが徳若作の怒天神

[PR]
# by soymedica | 2017-12-13 10:14 | 能楽 | Comments(0)

国立能楽堂 働く貴方に贈る 薩摩守 紅葉狩 

d0226702_12171458.jpg国立能楽堂企画公演 働く貴方に贈る
2017年11月30日(木)19時より

薩摩守 大蔵流
シテ(出家)大藏基誠、 アド(茶屋)大藏彌右衛門、(船頭)大藏彌太郎

実演解説 装束付け 山階彌右衛門

紅葉狩り 鬼揃 観世流
シテ 観世芳伸、ツレ 清水義也、角幸二郎、武田宗典、坂口貴信、木月宣行
ワキ 則久英志、ワキツレ 大日方寛、野口琢弘、御厨誠吾、アイ(供女)大蔵教義、(武内の神)大藏吉次郎
笛 竹市学、小鼓 清水晧祐、大鼓 飯嶋六之佐、太鼓 大川典良
後見 上田公威、松木千俊、野村昌司
地謡 山階彌右衛門他


前日、大蔵流の大蔵家はねー、と思ったら今日はそれだった。
でも、本日は普通に忠度を楽しめました。
茶屋に寄った無一文の僧。茶屋の主人との茶碗の受け渡しが突っ立ったままなのが何となく不思議。
タダで渡し船に乗る方策として、薩摩の守忠度の洒落を教えられる僧。このシャレを教えるところで客席が笑うのは初めて経験した。

まとめて何人も乗せたい船頭にたいして「同乗者がいる」と嘘をついて呼び込むのは初めて聞きました。船中のやり取りもちょっと今までに聞いたのと違って面白かった。
最後はシャレ(秀句)のオチが思いだせない僧が「面目ない」というのを「とっととゆかしめ」と追い込んで終わり。


着付け実演は紅葉狩りの装束でした。
普通の鬘は馬の毛でできているけれど、女性の亡霊の役は本鬘(人毛)だというのは初めて聞きました。
「演じているときに人の毛が首筋に当たって、物狂おしい気分になるんですよ…。」
ナルホド。

そしてまた本日の鬼揃えについて。「登場人物が多く、さらにそれに着付けをする人が必要なので、本日国立能楽堂は大きな出費なんです。」
「観世家に伝わる文書には、殿様に『鬼揃えなぞ如何です?』とお勧めして、後日台所を扱う役人に『直接殿様に(費用のかかる演目を)おねだりするとは何事』と怒られた書類が残っているんですよ。」
ナルホドナルホド。


素人向けとか、視覚効果ばかり、とか言われても私は鬼揃の華やかさが好き。小書き無しの紅葉狩も捨てがたいですけれど。
まず、大小前に山を載せる一畳台が運ばれてきますが、運んできた若者二人がとっても不安そう。あとで先輩方に怒られないようにちゃんとした位置に置かないとね。

番組を見た時に、あまり見かけない大小だな、と思ったのですが(実際には小鼓はきいたことがある)、大鼓の掛け声が独特。嫌いじゃないけれど、驚きました。
美女が沢山。橋掛かりから出てきて、見事な動きで三角形の陣をつくります。

そこへ維茂が三人もの従者を連れて登場。さすがえらい人です。でも、維茂が下馬するとみんな帰ってしまう。
宴会に参加してね、と維茂を誘った美女。二人見つめあって座るところが息がぴたりとあって気持ちいい。うーん、この二人良い雰囲気なんだけれど、実際は女は鬼なのよね。

寝入ってしまう維茂。世界で一番疲れる眠り方だと思う。あとで腕がつりそう。
そこに維茂を心配した武内の神がやってきて剣を授ける。この人の大蔵家特有のしゃべり方が面をかけていることもあってとても聞きにくい。
で、どうしても維茂の姿勢が苦しくないかに注意が行ってしまい…。

いよいよ鬼登場。
シテは黒頭に打杖、その他大勢役は赤頭に紅葉の枝を持つ。
舞台上の人数が多い分切組自体は地味ですが、やはり大勢の鬼がいる!というゴージャスな感覚が捨てがたい。
次々鬼を退治していくのでは無くて、頭目を倒すと皆やられたことになるらしい。
めでたしめでたし。

…良く考えると、維茂が宴会に参加してから起こったことは皆夢の中のことで、実は三人の従者は幕の外で寝入ってしまった主人を待って待機しているのではないですかね。美女はあきれて帰ってしまったんですよ。

面は前シテが孫次郎、後シテが般若、前ツレが小面で後ツレが般若。




[PR]
# by soymedica | 2017-12-10 10:10 | 能楽 | Comments(0)

銕仙会青山能十一月 膏薬練煉 班女

d0226702_23254951.jpg銕仙会青山能
2017年11月29日(水)18時半より@銕仙会能楽研修所

仕舞 
龍田クセ 浅見慈一
松虫キリ 西村高夫

膏薬煉
シテ(都の膏薬煉)三宅近成、アド(鎌倉の膏薬煉)高澤祐介

班女
シテ 鵜澤光、ワキ 御厨誠吾、ワキツレ 則久英志、野口琢弘、 アイ 三宅右矩
笛 八反田智子、小鼓 森澤勇司、大鼓 亀井洋佑
地謡 北浪貴裕ほか計6人
後見 清水寛二、馬野正基


膏薬煉は2人の膏薬煉がそれぞれの練薬の強さを自慢しあう話。大蔵流のとも、名古屋の野村家のともちょっと細部が違うような。三宅家のは都の膏薬煉は鎌倉の膏薬煉に会うつもりで出てくる。で、膏薬比べの雰囲気も割と和気藹々と始まる感じ。
楽しい舞台でした。


本日鵜澤光さんが見せてくれるのは班女。まずいかにも小うるさそうな野上ノ宿の長登場。手持ちの詞章でも今までの記憶でもここのアイのせりふは非常に長いのだが、今回割と短め。こういうのもありなんだ。
長は立っているときつま先が開いてV字型になっているのが気になる。
呼ばれてしおしおと出てくる花子。
花子は扇ばかり見ているのでその扇を長にたたきつけられてしまう。そして追い出される。
この前場で今までで一番印象に残っているのは観世銕之丞。あの辺を目指してね。

色男の吉田の少将登場。あら、御厨さんなかなかいい男。宝生閑亡き後、ワキ方の順位は私の中で激しく入れ替わる。
花子を訪ねてはみたけれど、もう追い出された後だと知り、京都の糺の森へ向かいます。
糺の森では評判の狂女、班女が舞っている。班女と呼ばれて答えるシテのせりふ回しが物凄く上手い。
後場でノリノリのシテに対して、地謡が若干宜しくない。
なぜかと思うに囃子が宜しくないからではないだろうか。小鼓のリズム感が良くないな、などとクセのあたりでぼんやり思う(だってクセの詞章、漢文が多くて難しいんだもん)。

いよいよ中の舞。良く考えてみると、今回の班女は笹を持っていない。あれは小書きの時に持つものか。
舞と言うのは、シテと囃子がお互いの良さを引き出すから楽しくみられるものだとしみじみ思う。
なぜか?本日笛がいっぱいいっぱいの感じがしたので。いつ崩れるかと心配になってしまった。

さて、ついに吉田の少将が「あれは花子では?」と気づく。
そして少将の従者を介して扇を交換してハッピーエンド。ここのところ、話の作りに無理があるといつも思うのだけれど、まあそれはそれ。
めでたしめでたしなのでした。銕之丞のはドラマチックでしたが、鵜沢光のは可愛らしい。扇を開いて見つめるところの演技がとてもういういしい。同じ詞章、面をかけていてこうも違うものかと不思議。

班女、意外によくかかる曲だと思う。色々な人で色々な班女を観たけれど、「青山能」といういわば若手錬成の意味のある舞台だからか、この人のてらいの無い受けを狙わない性格のせいか、物凄くすっと入ってくる舞台でした。

面は作者不詳の江戸時代の小面。



[PR]
# by soymedica | 2017-12-04 12:43 | 能楽 | Comments(0)

万作を観る会 牛盗人 栗燒

d0226702_22510845.jpg万作を観る会
2017年11月22日(水)18時半より@国立能楽堂

小舞 海人

栗燒 太郎冠者 善竹忠重、 主 善竹忠亮

牛盗人 
藤吾三郎 野村万作、 奉行 石田幸雄、 太郎冠者 高野和憲、 次郎冠者 月崎晴夫、 子 松原悠太
地謡 竹山悠樹ほか

山伏 野村萬斎、 何某 深田博治、 
茸 中村修一、内藤連、飯田豪、岡聡史、月崎晴夫、竹山悠樹、高野和憲
鬼茸 石田幸雄


本日頑張ったけれど遅れてしまって、万作の舞が見られず残念。
やはり遅れてきて後ろのパイプい椅子で私と一緒に待機させられてきたおじさん、席はなんとパイプいすの真ん前の正面最後列通路側。なのに、そこに座ろうとしたら会場係のお姉さんに制止されてた。杓子定規なのか、チケットの座席番号に気づかなかったのか。

ということで、栗燒は途中から後ろの方で観たのだけれど、いつもはあんまりピンとこない善竹家の狂言、今回はとても面白かった。大蔵流は大蔵以外の苗字を名乗っている人が面白いという…。

今回のメインの牛盗人。前に見た大蔵流の鶏猫とよく似た筋。自分の父親が牛盗人(それも法皇の牛車を引く牛の)であると褒美欲しさに訴えた実子。何故かと言うと、盗人を訴え出たら貰える褒美に「父の釈放」を願い出るため。あまりの親孝行に奉行も涙。

子方の松原悠太君、何者だろう。苗字は野村ではないが、萬斎の女兄弟の子供かな。物凄く達者。
時々心配になる万作の息の荒さも本日は無かったし、何より、後ろ手に縛られて下居している姿勢からそのまま立ち上がる脚力に驚愕。ま、そんなところに驚いていては失礼ですよね。実は演技も円熟の味というより、なんだか若返ってきたような気もするんです。
奉行の石田も太郎冠者、次郎冠者の高野・月崎も素晴らしい。でも、万作に投げられて高野は空中前転していた(笑)。

続いては狂言の定番中の定番(あれ、でも万作家以外で見た事無いかもしれない)の(くさびら)。
萬斎が狂言を変えてしまった、と言うのがなんとなくわかる。動きが派手で、本人がどう思ってやっているのかはわからないけれど身体能力を誇示するようなところがある。が、狂言と言うものは本来観客の拍手に合わせて演技が変わって行くような、そういうお芝居だったのではないだろうか?

最後に全員が退場した後、笠を集めに後見とともに万作が登場。拍手なりやまず。淡々と笠を重ねて持って引っ込む万作。カッコいい。



[PR]
# by soymedica | 2017-12-01 22:51 | 能楽 | Comments(2)

五雲会 松虫ほか

d0226702_09314694.jpg五雲会 
2017年11月18日(土)12時より@宝生能楽堂

松虫
シテ 和久荘太郎、ツレ 亀井雄二、内藤飛能、金森良充、ワキ 館田善博、アイ 善竹大二郎
笛 成田寛人、小鼓 森貴史、大鼓 原岡一之
後見 前田晴啓、金森秀祥
地謡 辰巳満次郎ほか

観たのは上記のみですが、そのほかに咸陽宮(シテ 金井雄資)、葛儀(佐野弘宜)、殺生石(山内崇生)、狂言の口真似と栗燒がありました。咸陽宮、観たかったなー。


松虫は、酒屋にやってくる数人の男たちが、「松虫の音を聞きに行き阿倍野で倒れてしまった男」の話をし、彼をしのんで酒を飲みます。
なんだか不思議な客だ、と酒屋の主人が思っているとかれらはどこかへ去って行きます。シテだけ後までちょっと残り、自分は実は倒れた男の友人(で後追い自殺した)男の霊であると打ち明けます。
そして後場では阿倍野で倒れた友を懐かしむ男(これもまた故人)がやってきて舞を舞う、という話。

シテは宝生流若手第一人者の和久荘太郎。この人、なかなかハンサムだと思うのですが、物凄く表情が硬い。いつもこうなのか、力がはいっているのか。謡も所作もすてきなんだから、もっと普通の顔をしてほしい。
なんかね、ツレもピリピリしている感じで。

今回のアイは善竹大二郎。この人いつも今一つだなー、と思っていたのですが今回なかなか。明るい感じで良かった。

後シテで登場したのはいかにも幽霊らしい男(あの面はなんだろう)。酒を友と飲んだ日をしのんで舞を舞います。

前回観たのはシテが梅若紀彰。それが初見だったのですが色々な人の話を総合すると、かなり変わった演出だったらしい。でもとても印象に残った演目だったので、他の人が演ずるとどうなのか、ずっと気になっていました。
今回はいかにも宝生流らしい地味でまじめな舞台でした。
それはそれで良いのですが、そして今回のやり方が本来のやり方だと思うのですが、もう少し軽い感じでやっても良かったのではないかな。


本来は今まで見た事のない咸陽宮を見るつもりで(しかもシテが金井!)買ったチケットですが、残念なことに間に合わず。
松虫も気になる演目だったので満足でした。

[PR]
# by soymedica | 2017-11-21 09:32 | 能楽 | Comments(0)